(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ナダルはこのまま落ちてしまうのか?不調の原因は?

ナダルはこのまま落ちてしまうのか?不調の原因は?

ラファエル・ナダルがウィンブルドン2回戦で
ダスティン・ブラウンに敗れました。

現在世界ランク10位まで
順位を落としているナダル。
このまま落ちてしまうのでしょうか?


スポンサーリンク



ウィンブルドンで2回戦敗退


現在開催中のウィンブルドン2015。
グランドスラムの一つで、
最も歴史のある大会です。

ナダルは2008年と2010年に優勝しており、
決して相性が悪い大会というわけでもなかったはず。

今年は第10シードと低いシードとはいえ、
上位進出を期待していたのですが、
2回戦で予選から勝ち上がった
ドイツのダスティン・ブラウンに、
5-7 6-3 4-6 4-6で敗れてしまいました。

最近のナダルは不調なのか?


ナダルといえば「ビッグ4」の一角です。

ビッグ4といいながらも、
数年前はグランドスラムの決勝は、
ほぼ「ナダル対フェデラー」といっていいほど、
この二人が抜けてました。

それがここ数年で立場が逆転。
ジョコビッチが世界ランク1位になり、
今年は抜群の強さを見せています。

そして一時期停滞していた感のある
A.マレーも今年は強さを見せています。

フェデラーは全盛期程の
圧倒的な強さは感じないまでも
安定したパフォーマンスを披露して
ランキング上位をキープ。

そんな中でナダルだけが
今一つパッとしないんですよね。

過去にはケガによる休養などで、
ランキングを落としたこともあったのですが
今年はちゃんと試合には出場しています。

それでも勝てないんですよね。
ランク上位の選手に負けるならわかるけど、
格下の選手にもあっさり負けちゃったりw

かつてはどんな苦境に追い込まれても
驚異的な粘りで試合をひっくり返してきただけに
ここ最近の成績はちょっと心配です。

長いシーズンの中で、
一つや二つの大会で結果を出せない
ってことなら「不調」で済ますこともできるんですが
明らかに今年のナダルはおかしい。

単に「不調」って言葉で片付けられない程
深刻な状況になってる気がします。

ケガの後遺症があるのか?それとも


ナダルの不調(?)の原因は何なのか?

試合に出場することはできても
フィジカルコンディションは万全ではないのか?

ケガの後遺症が残っていて、
かつてのようなパフォーマンスを
発揮できない状況なのか?

それとも年齢からくる
体力や集中力などの衰えなのか?
ちなみにナダルは1986年6月3日生まれ
現在29歳ですから、
年齢的にはまだまだやれそうです。
フェデラーは33歳ですからね。

ただプレースタイルが違うので、
ハードヒットを繰り返し、
強烈なスピンをかけて打つ
ナダルのスタイルは
肉体的な消耗が激しいのかも?

いずれにせよ、
ナダルは好きな選手なので
このまま落ちていく姿は観たくないです。

いずれ引退するときが来るのは
仕方のないことですが、
もう一花咲かせてほしい気持ちですね。

勝てない原因が何なのかわかりませんが、
再びビッグタイトルを獲得する日を
楽しみに待ちたいと思います。

勿論、錦織圭が世界ランク1位になる
ってのも大きな期待ですが。。。

(2015/09/05追記)
ナダルは全米オープンも
3回戦でファビオフォニーニ相手に
2セットアップからの逆転負けを喫しましたw

ナダルが第8シード、
フォニーニが第32シードですから
格下に負けたことになります。

ベスト8にすら残れなくなってきたナダル。
ちょっと心配です。

ほんとにこのまま終わってしまうんでしょうか?

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ