全豪オープン2020のドローや賞金、放送予定等まとめ【男子シングルス】

全豪オープン2020のドローや賞金、放送予定等まとめ【男子シングルス】 ツアー大会情報

全豪オープンテニス2020が間もなく始まりますね。

そこで、男子シングルスについて組み合わせドローや賞金、シードや放送予定等と合わせて大会の基本情報をまとめてみます。
ちなみに錦織圭は今大会欠場となってしまいましたが、記事執筆時点で日本人選手が4人も出場予定です。

※昨年書いた記事をもとに2020年の情報に更新しています。



スポンサーリンク

全豪オープンについて


全豪オープンテニスは別名「オーストラリアンオープン」とも呼ばれる4大大会(グランドスラム:GS)の一つです。

1月に開催されるため、その年に行われるグランドスラム(4大大会)としては最初の大会になります。
(全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の順)

全豪OP優勝者だけが「年間グランドスラム」のチャンスをつかむことが出来るわけですね。


2020年大会の本戦開催期間は現地カレンダーで1月20日から2月2日となっています。

(参考)
女子シングルスについてはこちらの記事をご確認下さい。

全豪オープン2020女子シングルスのドロー、賞金、放送予定等大会基本情報【大坂なおみ等3選手出場予定】

全豪OPの開催地


全豪オープンの会場はオーストラリア・メルボルンにあるメルボルン・パークです。

コートサーフェスですが、過去には芝で行われていたこともありますが現在はハードコートです。



(※上手く表示されていない場合は「メルボルン・パーク」で検索してください)

 

コートマップ(公式サイトより引用)
 
メルボルンパーク アクセスマップ【全豪オープン2020】
 

大会の格付け


全豪オープンは「グランドスラム」。
最上位の格付けです。
 

ATP格付け
 
試合は男子の場合5セットマッチで行われます。
 

2019年大会からファイナルセットはタイブレーク制に


ファイナルセットについて、2019年大会から大きなルール変更がありました。

2018年大会までは6-6になってもタイブレークは行わず、2ゲーム差がつくまでどこまでもゲームを続けることになっていました。
これは全米OP以外のグランドスラム大会共通のルールでした。

しかし全豪オープンに関しては、2019年大会からファイナルセット6-6となった場合には10ポイント先取のタイブレーク制が導入されます。
これにより、試合時間の短縮や選手の疲労軽減等の効果が期待されています。
 

滅多にないことですけど、お互い譲らずに時々とんでもないスコアになったりしてましたからね。。。
歴史あるグランドスラムのルールを変更するということは簡単なことではなかったのかもしれませんが、これは理解できますね。

でもだったら他のセットと同じように、7ポイント先取のタイブレーク制でも良かったのでは?という気がしないでもないです。。。
まあいろいろと議論した末での結論でしょうから、これ以上は言いませんが。

 

組み合わせドロー


<ドローサイズ> 128(128選手)
※予選通過者枠16、ワイルドカード枠8
 

本戦の組み合わせドローが発表されましたので掲載します。
※予選通過者を反映した確定版に差し替えました。

 
・男子シングルストップハーフドロー表

全豪オープン2020男子シングルスドロー確定(トップハーフ)  

・男子シングルスボトムハーフドロー表

全豪オープン2020男子シングルスドロー確定(ボトムハーフ)  

2020年大会のドロー表(PDF)は今までと比較して見づらいですね。

当記事にアップしたのはキャプチャ画像ですので、文字が潰れるなど更に見づらくなっているかもしれませんがご容赦下さい。
綺麗なドロー表を確認したい方は、公式サイトにアクセスしてみてください。


 

ドロー表に関して日本人選手の情報を補足しておきますね。

トップハーフには内山靖崇(93位)が13番枠、杉田祐一(89位)が53番枠に入りました。
 

そしてボトムハーフには西岡良仁(71位)が123番枠、伊藤竜馬(144位:ワイルドカード枠)が125番枠に入りました。

  
以上、記事執筆時点では男子日本人選手は4選手が本戦に出場予定です。

ドローは試合直前の欠場発表などで変更になる場合もありますが、当記事では上記情報で一旦確定とさせていただきます。


シード選手の位置関係


シード選手は32名いますが、上位16名のみ列挙します。

1.ナダル(世界ランク1位)
2.ジョコビッチ(2位)
3.フェデラー(3位)
4.メドベージェフ(4位)
5.ティエム(5位)
6.チチパス(6位)
7.A.ズベレフ(7位)
8.ベレッティニ(8位)

9.バウティスタアグート(9位)
10.モンフィス(10位)
11.ゴフィン(11位)
12.フォニーニ(12位)
13.シャポパロフ(13位)
14.シュワルツマン(14位)
15.ワウリンカ(15位)
16.カチャノフ(16位)

※世界ランクは2020年01月13日付

全豪はグランドスラム大会ですのでランキング上位選手には出場義務があります。
今大会のシード選手上位16名を見ると、ランキング上位16選手全員が出場予定となっています。

 
次に、シード32選手の位置関係をトーナメント表形式にしてみました。
 

全豪オープン2020男子シングルスシードの位置関係  


 

獲得ポイント


全豪オープンはグランドスラム大会のため、獲得ポイントは優勝で2000ポイントになります。

優勝 2,000Pt
準優勝 1,200Pt
ベスト4 720Pt
ベスト8 360Pt
ベスト16 180Pt
3回戦 90Pt
2回戦 45Pt
1回戦 10Pt

※予選Rを戦った選手は本戦出場権獲得時点で25Pt。
本戦で得たポイントに加算される。
※その他は省略

獲得ポイントはグランドスラム大会すべて同じです。

 

賞金


全豪オープン2020の賞金は以下のとおりです。
※記事作成時の為替レートを参考に、1AUドル=約76円で計算しています。(円未満四捨五入)

 
全豪オープン全体の賞金総額 71,000,000AUドル(約53億9,600万円)
(※前年比で13.6%アップ)
 

男子シングルスの賞金
※賞金は男女同額

優 勝 4,120,000AUドル(約3億1,312万円)
準優勝 2,065,000AUドル(約1億5,694万円)
ベスト4 1,040,000AUドル(約7,904万円)
ベスト8 525,000AUドル(約3,990万円)
ベスト16 300,000AUドル(約2,280万円)
3回戦 180,000AUドル(約1,368万円)
2回戦 128,000AUドル(約973万円)
1回戦 90,000AUドル(約684万円)

なお賞金額はグランドスラムなら同じというわけではなく、同じ大会でも年度によって変化する可能性もあります。
例えば2020年のシングルス優勝賞金は、前年比で2万AUドル増額されています。
 

歴代優勝者


ここ最近の全豪オープンの歴代優勝者(男子シングルスのみ)は以下のとおりです。

2004年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2005年 マラト・サフィン(ロシア)
2006年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2007年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2008年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2009年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2010年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2011年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2012年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2013年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2014年 スタン・ワウリンカ(スイス)
2015年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2016年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2017年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2018年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2019年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2020年 ?

ここ最近はジョコビッチが優勝7回と他を圧倒。
そしてフェデラーが6回と続きます。
他にはナダルとワウリンカが1回ですね。

 
ジョコビッチ、フェデラー、ナダルは今大会も上位シードで出場。
ワウリンカも15位までランキングを戻して第15シードで出場予定です。
 
シーズン最初のグランドスラムということで、なかなか優勝予想が難しいですね。

 

TV中継・放送予定


地上波:NHK(NHKスポーツオンライン
※NHKは録画放送中心?ライブ中継もあり。

BS:wowow(テニスのページ)
※wowowは生中継

 
全豪オープン2020はNHKとwowowで中継されます。
(※その他は確認次第追記します。)

wowowは大会期間中はほぼ1日中、ライブ中継を中心に放送されると思います。
※大会初日と2日目は無料で視聴できます。

 
一方のNHKは録画放送が中心となるようです。

 
日本とオーストラリア・メルボルンの時差は約2時間程度です。
今回はそんなに試合時間を心配しなくてもいいのかな?

 
念の為、詳細については上記各局のHPで放送予定をご確認下さい。

試合日程、試合開始予定時刻の確認などについてはこちらの記事を参考に!!

(関連記事)
錦織の試合開始時間や結果などを確認したい方へのおすすめサイト

その他、参考情報ですがwowowに契約しているとwowowオンデマンドが利用できます。
(利用の際は最初に登録設定が必要)

オンデマンドでは複数の中継チャンネルが用意されており、TVでは放送されない試合も視聴可能になりますので選択の幅が広がります。

TVでは日本人選手の試合を中心に中継されると思いますが、他の選手の試合を見たい場合などはオンデマンドを利用するといいですよ。

WOWOWオンデマンドでは昨年に引き続き、2020年も錦織圭出場予定全大会を含む「男子テニスATPツアー37大会」の配信が発表されました。
無料登録でも視聴できる場合がありますが、確実に視聴したい方は有料登録もご検討ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

錦織圭の過去の成績


全豪オープンにおける錦織圭の過去の成績(実績)についてまとめてみます。

2010年 不参加
2011年 3回戦敗退
2012年 ベスト8
2013年 ベスト16
2014年 ベスト16
2015年 ベスト8
2016年 ベスト8
2017年 ベスト16
2018年 欠場
2019年 ベスト8(途中棄権)
2020年 欠場

2020年大会は右肘手術後の回復状況が100%ではないということで、欠場を発表しています。
今大会は錦織の試合が見れないのは残念ですが、大会成績は一応残しておきます。
 

今大会の見どころ


個人的な全豪オープン2020年大会の見どころを挙げてみます。

 

日本人選手の活躍に期待


記事執筆時点では、ドローが確定していない状況ではありますが、最低4名の日本人選手が出場します。

錦織のような期待をするのは酷かとは思いますが、一人でも多くの日本人選手が1つでも上のステージに勝ち進んでくれると嬉しいです。

 
個人的に期待しているのは西岡良仁。
国別対抗戦のATPカップでもランキング上位選手を相手に何度も素晴らしい試合をしていましたし、ここ最近のコンディションは良いと思います。

対戦相手次第なところもありますが、好成績を期待したいところです。

 

ビッグ3対期待の若手の優勝争いの行方は?


まだまだビッグ3(ナダル、ジョコビッチ、フェデラー)は強さを見せています。

ただ、昨年のATPファイナルズでも優勝したのはチチパスでしたし、準優勝もティエムでした。

全豪オープンの歴代優勝者を見ても見慣れた名前が続いてきましたが、そろそろ新しい名前が刻まれるかもしれませんね。

ビッグ3対期待の若手という優勝争いの行方は今まで以上に興味深いものになりそうです。
その分、大会の予想は難しいですけどね。

 

ビッグ3がどこまで戦えるのか?


上の記述と関連しますが、ナダル、ジョコビッチ、フェデラーが一つ歳を重ねた中でどこまで戦えるのかを確認してみたいですね。

「まだまだ若いものには負けない」とばかりに、ビッグ3と呼ばれる所以を見せつけてくれるとは思っていますが、そうは言ってもグランドスラムはハードなトーナメントです。

5セットマッチですし、優勝するまでには7試合に勝たなければいけないし。。。

 
日本とは異なり、南半球のオーストラリアは今が夏。
暑さも絡んできますので、序盤の試合に手こずるようだと体力的にきつくなってくる可能性も出てきます。

簡単な試合などないかもしれませんが、ビッグ3の試合ぶりにも注目したいと思います。

 

最後に


以上、全豪オープン2020について基本情報を調べてまとめました。

 
今シーズンの行方を占う意味でも、最初のグランドスラム大会である全豪オープンはどの選手にとっても非常に重要な大会です。

当ブログでは男子中心になってしまうかと思いますが、女子選手も含めてその他の日本人選手の活躍にも期待したいですね。
開幕が楽しみです。

私もできる限り試合を観戦していきたいと思います。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました