(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

全仏オープン2017 男子シングルスベスト32トーナメント表と結果【ドロー表】

全仏オープン2017 男子シングルスベスト32トーナメント表と結果【ドロー表】

全仏オープン2017の男子シングルスは
2回戦まで終了しベスト32が決定しました。

そこでベスト32を反映した
トーナメント表(ドロー表)を作成し
その後の結果を反映していきたいと思います。


スポンサーリンク



ベスト32が決定


全仏オープン2017の
男子シングルスベスト32が決定しました。

トーナメント表形式にすると
こんな感じになります。

 



※選手名表記はメディアにより異なる可能性があります。
(当記事ではスポーツナビの表記を参考にしています。)
※更新のタイミングは管理人の都合に依存します。
※スマホの場合は横にスライドできます。

 

ベスト32といえば
順当なら全員がシード選手ということになるわけですが、
なかなかそういう形にはなりませんね。
32人中11人がノーシード選手になりました。

今後はこのトーナメント表に
試合結果を反映していきます。


錦織圭もベスト32入り


日本人選手では錦織圭が
順当にベスト32入りを果たしました。
 
第8シードですから
当然といえば当然なんでしょうが、
ツォンガやキリオスも敗退していますので
ひとまずは2連勝できて何よりです。

 
3回戦の相手は韓国のチュンに決まっています。
初対戦とのことですが、
シード選手のサムクエリーに勝っていますので
油断はできないですね。

またシャルディー戦で錦織は
メディカルタイムアウトを取って
右肩から胸のあたりにかけて
トレーナーがマッサージをしていましたので
ケガの不安もありますしねw

 
個人的には第8シードで
マレーのブロックの下に入った今回のドローは
錦織にとってはプラス材料だと思っているので
マレーと対戦するところまでは進んでほしいと思っています。

もしかしたら
デルポトロがマレーを破って
勝ち上がってくる可能性はありますが
そうなった場合は錦織は厳しくなるかもしれません。

 

上位シード選手8人は全員残ってる


錦織圭を含めて
上位8シードの選手は
全員残っていますね。
その意味では順当ではあります。

 
全員の試合を観たわけではないので
なんとも言えませんが
今シーズン結果が出ていない
マレーやジョコビッチも
ここまでは結果を出していますね。

マレーは2試合を3-1、3-1とちょっと手こずりましたが
ジョコビッチは2試合ストレート勝ちですし、
ここまではなんとかいい感じでプレーできている
ということでしょうか?

 
一方、
ナダルやティエムも
2試合ストレート勝ちですので
好調をキープしていると考えても良さそうです。

 
やっぱり上位ランクの選手同士の対戦がないと
試合を観る方としても楽しみが減りますからね。

 

最後に


以上、
男子シングルスのベスト32について
簡単にまとめました。

 
ここからは対戦相手のレベルも上がってきます。
また疲労の蓄積や、
フィジカル面でのダメージもあるでしょう。

錦織にとっても、
クレーコートでの5セットマッチは
タフな試合だと思いますが、
一つ一つしっかりと勝利をモノにして、
タイトルをつかめることを期待しています。
 

でも優勝までは「あと5勝。。。。」
長い道のりですw

頑張れ錦織!!

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ