(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭はナダルと好勝負も3連覇逃す【バルセロナOP2016決勝戦感想】

錦織圭はナダルと好勝負も3連覇逃す【バルセロナOP2016決勝戦感想】

バルセロナ・オープン2016の決勝戦で
錦織圭はナダルと対戦しました。

勝てば大会3連覇でしたが
好勝負を繰り広げたものの
惜しくも敗れてしまいました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織圭対ナダル 決勝戦の結果と推移


錦織圭対ナダルの試合結果と
大まかな試合の推移を記します。

ちなみにこの決勝戦前までの
対戦成績は錦織の1勝8敗
1勝は昨年のロジャーズカップ
準々決勝での勝利です。

(関連記事)
錦織圭がナダルに初勝利【ロジャーズカップ感想】

錦織圭 45 0
ナダル 67 2

第1セット
※偶数ゲームが錦織のサービスゲーム

第4ゲーム ナダルが先にブレーク。
第5ゲーム 錦織に0-40のチャンス。30-40からブレークに成功。
第7ゲーム 錦織が0-40としたが、ブレークできず。
第9ゲーム デュースの末、ブレークできず。
第10ゲーム ナダルにブレークを許しセットを落とす。

第2セット
※偶数ゲームが錦織のサービスゲーム

第1ゲーム いきなり錦織がブレークに成功。
第2ゲーム ナダルがすぐにブレークバック。
第4ゲーム 錦織がブレークされてリードを許す。
第5ゲーム デュースとするも錦織はブレークできず。
第7ゲーム 15-40のチャンスからブレークバックに成功。
第8ゲーム 15-40のピンチを迎えるもなんとかキープ。
第10ゲーム マッチポイントを握られるが、挽回してキープ。
第12ゲーム 15-40と再びマッチポイント。ここは踏ん張れず試合終了。

という感じでした。

結果はストレート負けでしたが、
錦織にも十分チャンスは有り、
内容の濃い、紙一重の展開だったと思います。

ナダルの優勝は大会通算9度目。
過去に8連覇していた実績があり、
最多連続優勝、最多優勝回数ともに
歴代1位の記録です。
(フェデラーもそうですが10年以上もトップランカーとして君臨してるのがすごいw)

錦織の出来は良かった


錦織の出来自体は良かったと思います。

試合開始直後から
お互いエンジン全開という感じで
さすがは決勝戦というスタートでした。

「赤土(クレー)の王者」ナダルを相手に
一進一退の攻防戦が続き、
錦織はブレークも許しましたが
2セットで3回ナダルのサービスゲームをブレークしています。

どちらのサービスゲームも
簡単に決まるゲームは少なく、
30-30やデュースとなるゲームも多かったです。

ナダルはやっぱり強かった


クレーのナダルはやっぱり強かった。
というのが率直な感想ですw
(それでも全盛期のレベルにはまだ届いていない気がしますが)

ナダルはビッグサーバーではないものの
とにかくストロークがエグいw

強烈なトップスピンのかかったボールを
ベースラインいっぱいに打ち込んできたかと思えば
切れ味鋭く左右に振り回してきたりします。

そして何よりすごいのがフットワークです。
錦織のエース級のボールがことごとく拾われ、
それもただ返すだけでなく、
そのショットがエースになっちゃうんですからねw

要所で
錦織にミスが出たこともありますが
あれだけボールを拾われたら
さすがにミスも出ますわって感じですw

敗因は第1セット第7ゲーム?


試合を振り返ってみると
敗因はやっぱり、
第1セット第7ゲームってことになるんでしょうか?

上述の通り、
ゲームカウント3-3で迎えた場面で
0-40と3度のブレークチャンスがありながら
ブレークできなかったのが大きかったですかね?

もちろん相手のサービスゲームですし
基本的にはナダルが有利なゲームではあるんですけどね。

ただ、
ちょっと焦ってミスした
と思えるポイントもあったので
もったいなかったかなとも思います。

「たられば」は厳禁ですが
あそこをブレークできたら、
と思いたくなりますねw

第2セットの粘りはさすが


第2セットも
先にブレークしたのに
すぐにブレークバックされました。

そして逆に
リードを許す展開になってしまいましたが
そのまま押し切られずに
ブレークバックし返して追いつく粘りは
さすが錦織と言っていいでしょう。

ナダルを相手に
あの展開になったら
心が折れてもおかしくないですからね。

錦織もイージーミスをした時に
ラケットを投げそうになるなど
フラストレーションもたまってたようですが
最後こそブレークされてしまったものの
その前のサービスゲームでは
マッチポイントもしのぎましたし
「簡単には試合を諦めない」
というメンタルの強さを見せてくれました。

そういえば、
最初にマッチポイントを握られた場面で
ドロップショットでポイントを取り追いつきました。

並の選手なら
この状況でドロップショットは打てないですw
(ミスするリスクもあるし、甘くなればチャンスボールになってしまうので)

内容は互角以上


内容だけで言えば
錦織が勝っていてもおかしくないほど
互角以上の戦いができてたと思います。

逆に言えば
それでも最終的に勝てるのが
元世界ランク1位の実力・試合巧者
ということなんでしょうね。

本番の全仏オープンは5セットマッチです。

錦織は3セットならナダルと
いい勝負ができそうな所まで来たように感じますが
クレーで5セットでは厳しいですかねw

できればドローは
ナダルの山(ブロック)には入ってほしくないですw

もちろん他の選手も手強いですけど
ナダルと対戦すると
大抵の選手は根負けしちゃいますからねw

錦織の今大会の獲得ポイントと賞金は?


3連覇できずに残念ですけど
準優勝は立派です。

ちなみに
昨年優勝で今年準優勝なので
ATPポイントは
優勝500pt-準優勝300pt=200ptとなり
200ポイント減らすことになります。

ただ今回はATP500の格付けの大会なので
今後の結果次第では
他のATP500の獲得ポイントで代用・補填できます。
※ATP500の大会は最低4大会の獲得上位ポイントが加算対象

(関連記事)
ATPツアーファイナルの賞金や獲得ポイントなど解説

準優勝の錦織圭の獲得賞金は218,750ユーロ(約2,734万円)
ナダルの優勝賞金は46万ユーロ(約5,750万円)
(※1ユーロ125円で計算)
です。
※同じ格付でも大会によって賞金は違う。獲得ポイントは同じ。

全仏オープンで好成績を残せば
ATPポイント、賞金ともに
もっと稼げますからね。

グランドスラム大会は
やっぱり期待も大きいです。

錦織の今後の試合予定


錦織圭の今後の試合予定は、

・マドリード・オープン(ATP1000マスターズ 4/30~5/7)
・BNLイタリア国際(ATP1000マスターズ 5/8~15)
・全仏オープン(グランドスラム 5/22~6/5)

となっているようです。

マスターズ、グランドスラムと続くので
必ず出場しなければいけないため
フィジカル面でのコンディションに要注意ですね。
全仏OP前に体が悲鳴をあげないように祈りたいと思います。

準優勝でもおめでとう!!
いい試合を見せてもらい、
十分楽しませていただきました。

今後も頑張って欲しいと願います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ