(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

なでしこの準決勝感想 誤審やら帳尻やらオウンゴールやらで決勝進出

なでしこの準決勝感想 誤審やら帳尻やらオウンゴールやらで決勝進出

女子ワールドカップ準決勝。
なでしこジャパンの試合観戦後の感想です。

誤審やら帳尻合わせやら
オウンゴールやらと、
盛り沢山の試合になりましたが、
最後はなでしこがきっちり勝利!!
見事決勝進出を決めました。


スポンサーリンク



予想外の展開に驚き


イギリスは、なでしこが過去に
一度も勝利したことがない相手。
(0勝2分け2敗)

メンバーも替わってるので、
過去の対戦成績ってのは
あんまりあてにはならないけど、
心理的には嫌なもの。

今大会の試合を観ても、
スピードもテクニックもあるチームなので
正直厳しい戦いになるとは思ってました。

しかしまさかこんな展開になるとはw

前半に有吉が受けたファールが
まさかのPK判定。
ビデオを見る限り、
ペナルティエリアの外に見えましたが
判定はPK。

なでしこにとってはありがたい判定ですが、
誤審といえば誤審。
宮間がこれをきっちり決めて1-0。

しかし試合はこのままでは終わらないw
今度はイギリスがPKを獲得。

CK(コーナーキック)からの
競り合いで大儀見が相手を倒したと判定。

ビデオを見れば明らかなように、
大儀見は相手を掴んでもいなければ、
足をひっかけてもいない。

むしろ相手のシミュレーションを
とってもいいくらいのシーンです。
※踵(かかと)を踏んでいるという意見もあるようですが、倒れたことには直接影響しておらず、PKが与えられるレベルのファールでもないという意見が多かったです。

しかし主審の判定は覆らないわけで、
PK判定の末、失点。

前半は1-1で終了。

後半はイギリスに押し込まれる展開が続き、
危ないシーンが結構ありました。
しかしクロスバーに助けられたり、
海堀の好セーブで防ぐなど、
失点は許しませんでした。

そして苦しい時間帯をしのぎ、
岩渕真奈が投入されると流れが変わり始めます。

岩渕がドリブルで相手を揺さぶるシーンを演出。
得点こそなかったものの、
風向きは日本へ。

そして延長戦も考え始めた
後半アディショナルタイム。

右サイドから川澄がセンタリング。
バセットがクリアしようと足に当てますが、
そのボールはゴールに吸い込まれ、
なんとオウンゴール!!

触っていなければ
大儀見や岩渕につながるボールでしたし、
ボールをコントロールできる状況でもなかったので
ああいう形になったのは仕方ないです。

しかしなでしこにとっては、
非常に大きいオウンゴールでした。

2-1となった後は、
残り時間もほとんどなくそのまま試合終了。

怪しいPK2つとオウンゴールで試合が決まるという
全く予想してなかった結果で
なでしこが決勝進出を決めました。

なでしこの準決勝を観た感想


正直、試合が終わるまでは
「なでしこ負けるかも」
って思う部分もあったので、
オウンゴールでの決着に、
正直驚いてますw

イギリスはボールを早めに前線に供給。
フィジカルを活かして攻めてました。

なでしこがボールを持つと、
前線から中盤にかけてスペースをつぶし、
なでしこの武器であるパスワークを
機能させないという狙いが
うまくハマってるように感じましたね。

一方のなでしこは、
人工芝の影響なのか、疲労なのか、
それともイギリスのプレスに慌てたのか
パスミスが多かったですね。

今日の試合に関していえば、
華麗なパスワークはほとんど見られずw

そしてシュートの数も4本のみ
ちょっと少なすぎですね。
イギリスが11本ですから。
※メディアによって数値が違ってるようです(7本と15本ってのが主流?)

それでも要所要所はなんとか抑えて
結果的に勝利してる点はさすがなでしこ。
男子代表とは違いますw

決勝戦の対戦相手はアメリカ


決勝戦の対戦相手はアメリカです。
なんと、

・2011女子W杯(2-2 PK戦でなでしこ勝利)
・ロンドンオリンピック(2-1でアメリカ勝利)


に続き同一の対戦カードとなりました。

前回W杯以降のなでしこの試合を観て、
今大会前の個人的な予想では
正直「良くてベスト8かベスト4くらいまでかな?」
位の弱気だったんですが、
ドロー運が恵まれていたとはいえ、
良く決勝まで進んだと思います。

個人的には決勝進出を決めただけでも
十分期待に応える結果を出したと思います。

とはいえ、ここまで来たら優勝してもらいたい。

なでしこジャパンとアメリカの
対戦成績は1勝23敗6分。

(※FIFA発表、国際Aマッチの記録では1勝20敗6分という情報も)

その1勝が前回大会で優勝を決めた試合。
ただPK戦の末の決着でしたから、
90分間勝負ではまだ一度も勝ってないんですね。
(※あれ?PK勝ちは記録上は引き分けって言ってたような。とすると1勝は別にあるんですね。)

上述の通り過去の対戦成績なんて
参考程度にしかなりませんが
まあ勝つのは厳しい相手であることは確かです。

アメリカの注目選手(要注意人物)は、
モーガンとワンバックですね。


ワンバックは澤穂希と同じように
今大会は途中交代で出場することが多いですが、
決定力の高さはやはり脅威w

ということで、
前半および後半途中までは
モーガンをいかに抑えるかがカギとなりそうです。

そしてもう一人、守備の要であるホープソロ
彼女から得点するのは簡単ではないです。

単純な攻撃ではセーブされちゃいますから、
揺さぶりをかけたいところですね。

澤穂希にとっても最後の試合


決勝戦は澤穂希にとっても
最後のワールドカップの舞台になります。

現役引退については明言してませんが、
W杯はこれが最後と断言してますので、
決勝への意気込みはすさまじいものがあるでしょう。
(※ワンバックもおそらく最後)

佐々木則夫監督が、
彼女をどこで使うのか注目ですが、
澤にとっても悔いの残らない
プレー、そして結果になるといいですね。

なでしこが優勝して終われれば
最高の結末になりますけどね。

決勝戦は7/6(月)8:00(日本時間)。
なでしこの最後の戦いを
しっかりと観戦したいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ