(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭の棄権は残念だけど仕方ないね【ウィンブルドン2015】

錦織圭の棄権は残念だけど仕方ないね【ウィンブルドン2015】

錦織圭の試合が今日予定されてましたが、
直前になって棄権したとのニュースがw

昼頃の情報によれば
2回戦も出場できそうな感じだったんで
試合を観戦しようと思ってたんですが
ちょっと残念です。


スポンサーリンク



1回戦を観て嫌な予感はあったが


1回戦の様子を観ていて、
「こりゃあ次は無理かな?」
と嫌な予感がしたのも事実です。

でも試合後のインタビューなど
錦織圭からは棄権しそうな気配がない。
なら大丈夫なのかな?
って気になってました。

だってこっちは試合を観たいだけの
いわば無責任な立場ですからねw
(※ケガの心配をしていないわけではないです。)

やっぱり錦織の試合は
観ていて楽しいですし、
あまり得意ではないと言われる
芝のウィンブルドンでどこまで行けるのか?

ってのはやっぱり気になりますから。

ケガが完治してないまでも、
まだ2回戦なので、
「だましだましプレーしながら
ここを勝てればもしかしたら。。。」

なんてことを考えてました。

確か今日は0時過ぎから
TV中継が予定されてたと思いますが、
錦織の棄権が判明したのが
たしか22時頃だったような。

試合の直前まで決断を迷ってたのか?
それとも単にマスコミが
情報をつかんだのが遅かっただけなのか?
どちらかはわかりません。

錦織はインタビューで
「ウォーミングアップの時に痛みが走り、棄権を決めた」
みたいなことを言ってましたので
もしかしたら決断は
早かったのかもしれませんね。

今後を考えれば残念だけど仕方ない


今回の棄権は確かに残念ですが
仕方ないですね。
だってシーズンはまだ続きますから。

ちょっと語弊のある言い方をすれば
前の大会(ゲリー・ウェバー・オープン)で
準決勝まで進まなかったら、
あるいはもっと簡単なスコアでいければ
左脚ふくらはぎの損傷はなかったかもしれません。

でもアクシデントが起こっちゃったんだから
それはもう仕方がないですね。
アスリートにケガは付き物ですし、
今までの錦織をみてもケガとの戦いでしたし。

今回2回戦の段階で棄権をしたのは
それだけ状態が悪いってことかもしれませんが
それとは別の意図もあるでしょう。

あくまで私の想像ですが、
得意でない芝で無理するより、
昨年準優勝した8月の全米オープン
狙いを絞ったほうがベターだ
と判断したのではと思います。
(グランドスラム大会に関していえば)

現時点で治療が間に合うのかは
はっきりしませんが、
今無理をすれば悪化するのは明らか。

それなら棄権によって
治療及び休息時間を確保し、
完全にコンディションを回復させてから
全米に臨むほうがいい結果が
期待できると考えるのが普通ですね。

今年のウィンブルドンは
ドロー運(組み合わせ)も
恵まれたとは言えず、勝ち上がっても
厳しい試合が続きそうでしたからね。
その意味でも賢明な判断だったかもしれませんね。

試合を観るだけの側からすれば
早くも錦織圭の試合を
観れなくなったのは残念ですが、
その分、全米オープンでは
今年こそ優勝するくらいの勢いで
勝ちあがってくれることを期待しましょう。
(※優勝できるとは言いませんが)

錦織選手の早期回復を祈りますw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ