(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

リオオリンピックテニス ベスト16が決定!!ドロー表で勝ち上がりを更新

リオオリンピックテニス ベスト16が決定!!ドロー表で勝ち上がりを更新

リオオリンピックテニスの男子シングルスも
ベスト16が決定しました。

錦織圭だけでなく、
ダニエル太郎も健闘しベスト16入り。

ということで、
ベスト16のドロー表を作成しました。

今後は試合の進行に合わせて
勝ち上がりを更新していきます。


スポンサーリンク



ベスト16が決定


リオオリンピックテニス、男子シングルス。
ベスト16が出揃いました。

今大会は
ジョコビッチが1回戦でデルポトロに負ける
という驚きはありましたが
その他はどうなのか確認してみます。

ベスト16進出者のドロー表がこちらです。

リオオリンピック ベスト16からの勝ち上がり

ダニエル太郎がデルポトロと対戦


今大会では、
男女単複合わせてに出場した
日本人選手全員が1回戦を突破。

格上相手に金星を挙げるなど
大健闘と言っていい頑張りを見せています。

その後、惜しくも敗れてしまった選手が多い中
男子シングルスでは、
ダニエル太郎が錦織圭に続きベスト16入り。

3回戦ではジョコビッチに勝った
デルポトロと対戦することになりました。

実力を考えれば、
かなり厳しい相手であることは確かですが、
現在のランキングはさておき、
トップランカーの実力を持つ
選手との貴重な対戦ですので、
自分の実力をすべて出し切って
どこまでやれるか挑戦して欲しいですね。

シードは比較的順当?


シード選手に目を向けると、
16人のシード選手のうち、
ベスト16入りしたのは9人。


約半分がすでに敗退していますが、
ジョコビッチ以外の
第2、第3、第4シードは残っていますね。
(マレー、ナダル、錦織)

試合は観ていませんが、
ナダルも残っていますので、
ドクターストップがかかっている左手首の状態も
今のところは問題ないみたいで一安心です。

錦織のメダルの可能性は?


メダルの期待がかかる錦織圭ですが、
ドロー表を確認すると、
3回戦の対戦相手は
最新世界ランクで121位のマーティン(※マルティンかも?)。
※錦織は最新ランクで7位に後退

試合はやってみないとわかりませんが
ランキングを考えれば、
ここは勝っておきたい相手です。

問題はその次。
ここが一つの山場になりそうです。

準々決勝では、
モンフィスかチリッチとの対戦になります。

個人的にはモンフィスと当たって欲しいと思ってます。

世界ランクではモンフィスが最新で11位、
チリッチが14位
とモンフィスのほうが上ですが
チリッチのビッグサーブに対応するのは難しいため、
相性としてはモンフィスのほうがいいと思います。

もちろんモンフィスも手強いですけどねw

この山を越えればベスト4。
今回は3位決定戦があるものの、
ここまでくればメダルが見えてきます。

準決勝でマレー、
決勝でナダルかデルポトロが
相手になると予想してますが。。。
(※3位決定戦もナダルかデルポトロのどちらかが相手になりそうですので、簡単ではないですがw)

最後に


ここから先の試合結果をこまめに確認し、
可能な範囲で逐次ドロー表を更新していきます。

錦織圭、そしてダニエル太郎が
1日でも長くドローに残っていられるよう
期待・応援したいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ