(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織の準優勝は評価できる結果【ロジャーズカップ2016感想】

錦織の準優勝は評価できる結果【ロジャーズカップ2016感想】

ロジャーズカップ2016が終わりました。

錦織圭は決勝でジョコビッチに敗れ
惜しくも準優勝。

でもこの結果は評価できますね。
感想をまとめてみます。


スポンサーリンク



錦織圭は準優勝


リオ五輪の前哨戦的位置づけとなったロジャーズカップ2016。

第3シードの錦織圭は
決勝まで進みましたが惜しくも準優勝。

決勝ではジョコビッチにストレート負けで
今回も勝てずこれで9連敗w

悲願のマスターズ初優勝は
またしてもお預けとなりました。

本来ならここで
決勝戦の感想をまとめたいところですが、
試合開始が朝5時からだったということもあり、
私は試合を観ていませんwww

今日の深夜2時に再放送があるようなので
可能ならそれを観ようとは思っていますが
そういう状況の中で記事を書いてます。

準優勝は上出来


錦織圭は準優勝に終わりました。

「今回もジョコビッチに勝てなかった」

と悲観する声もあるでしょうけど、
個人的には上出来だと思ってます。

もちろんジョコビッチに勝って優勝出来てたら
それはもう最高の結果でしたけどねw

ただ、

・左脇腹の不安を抱えながら臨んだ大会だったこと
・本番はリオ五輪であること
・ワウリンカに勝って決勝に進めたこと


を考えれば、
十分評価できる結果だったのではないでしょうか?

初戦の2回戦の試合では、
ちょっと内容に不満があったんですが、
勝ち進むごとにプレーも良くなっていったような気がします。

ビッグ4のうち3人が欠場。
同じブロックのシード選手が途中で敗退するなど
錦織に多少のツキもありましたけど
個人的には、
準々決勝のディミトロフ戦、
準決勝のワウリンカ戦

の内容は素晴らしかったと思います。
(※決勝戦はまだ観てないのでw)

試合の中で、
途中で流れが変わったり、
調子の波があるのは仕方ないとして、
この2試合を勝ち切ったのは大きいです。

ワウリンカ戦の勝利は収穫


ワウリンカ戦は
第1セットを取ったからこそ
第2セットがああいう大差になったわけで、
ワウリンカのミスに助けられたことは否定しませんが
リードされていた中でセットを取れたことが大きかったです。

私の感想としては
準決勝のワウリンカは本当に強かったです。

やっぱり世界ランク5位ってのは
他の選手とは違うなあと、
しみじみ感じていました。

錦織が勝てた理由としては、

ワウリンカが
・ファーストサーブが入らなかった
・ここをとればセットという場面でことごとくミスしてくれた

(ポイントをプレゼントしてくれた)

ことも大きかったのは事実。

でもそれだけで勝てる相手というわけでもなく、
錦織のプレーが良かったからこそ、
そのワウリンカのミスを活かして
逆転でセットを取れたんだと思います。

第1セットを錦織が取ったことで、
ワウリンカの心が折れた。


彼がオリンピックに出るのかはわかりませんが、
少なくともこの試合で逆転勝ちしようという
意欲はなかったように思います。

ワウリンカのサーブを見ていればわかりますが、
第1セットとは明らかに違ってましたから。。。

錦織がワウリンカから
ベーグルを奪うことはできませんでしたけど
第2セットのワウリンカは全く別人でしたので
怖くなかったと思います。
(※ベーグル:最近では6-0のことをこう言うらしいです)

この試合は第1セットが全てでした。

(2016/08/04追記)
ワウリンカがリオオリンピック欠場を発表しました。
理由は腰のケガ(痛み)が悪化したからとのこと。

もしかしたら錦織との試合の時も
第1セットを落として心が折れたのではなく
腰の異常で第2セットは
まともにプレーできなかったのかもしれませんね。

次はリオ五輪


さあ次はリオ五輪です。

左脇腹の不安を考えると
決勝戦まで進んだことが
吉と出るか凶と出るか?

全てはオリンピックの結果で
判断されることになりますね。

今年からオリンピックには
ポイントがつかなくなったようですので
ランキングへの影響は全くありません。

単に
「国を代表する選手としてメダルを目指す」
ことが目標の大会です。

錦織もオリンピックを楽しみにしているようでしたので
100%の力を出しに行くと思います。

メダルを取れるよう
応援していきたいと思います。

また詳細情報がわかったら
記事にしたいとは思っていますが。。。
(確約はできませんがw)

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ