(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

藤枝順心がインターハイ初優勝で冬夏選手権連覇達成!!

藤枝順心がインターハイ初優勝で冬夏選手権連覇達成!!

静岡県代表の藤枝順心高校が、
女子サッカーでインターハイ初優勝を果たしました。

藤枝順心は冬の選手権優勝に続き全国制覇。
これで冬・夏と連覇を達成しました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



インターハイ2016は藤枝順心が初優勝


インターハイ2016の女子サッカーは、
私の地元静岡県代表の藤枝順心高校
決勝戦で作陽高校に競り勝ち優勝しました。

冬の選手権では優勝経験はあったものの、
夏のインターハイでは今まで優勝経験はなかったんですねw

初優勝と聞いて少々意外な気もしましたが、
何はともあれ私としても嬉しい結果でした。

男子の方は、
静岡学園がベスト8まで進出しましたが、
埼玉県代表の昌平に惜しくも敗れてしまいました。

今年は1点差やPK決着の試合も多く、
好ゲームが続きましたねw

藤枝順心の歩み


今大会の藤枝順心の歩みを振り返ってみます。

1回戦 1-0 神村学園(鹿児島)
準々決勝 2-0 広島文教女大附(広島)
準決勝 2-1 日ノ本学園(兵庫)
決勝 1-0 作陽(岡山)

今大会は1回戦でいきなり神村学園と対決。
2016年、冬の選手権決勝戦のカードが
夏の選手権1回戦というなんとももったいない組み合わせに。。。


藤枝順心は昨年も1回戦で
強豪校である日ノ本学園と対戦するという不運で
0-1で負けていただけに、
個人的にはちょっと嫌な感じでしたけど、
今年は勝利の女神に愛されましたねw


そして準決勝では
インターハイ5連覇を狙う
日ノ本学園を相手に昨年のリベンジ。

決勝でも強豪校の一つである作陽を相手に
最少ゴールながら無失点で勝ちきりました。

今大会に関して言えば
クジ運に恵まれたとかそういうことではなく、
「強豪を倒して優勝を手にした」
といっていいんじゃないでしょうかね?

私の感想


個人的な感想としては、
今年の藤枝順心のチームが
まさか優勝するとは思っていませんでしたw

もちろん静学と共に応援はしていたんですけどね。

私は全試合を観たわけではなく、
日ノ本学園戦の試合だけ観れたんですが、
日ノ本に追いつかれたあと、
終了前に突き放したところは鳥肌が立ちましたけど、
試合全体を観た印象としては、
「過去数年のチームと比較すると課題の多いチーム」
という感じだったんですよね。

冬の選手権から当時の3年生メンバーが卒業し、
新たなメンバー構成でチームを作って臨んだ今大会。

1試合しか観ていないので
全てを把握できたわけじゃないですが
かつてのように突出したキープレイヤーは存在しない。

チームの連携でも
視野が狭いと感じたり、
パスのタイミングがワンテンポ遅いと感じたり
もどかしさを感じるシーンもありました。

日ノ本の方が
「よく組織されたチームだな」
という印象でしたからね。

ですから、
強豪校の藤枝順心とは言え、
個人的には
このメンバーで優勝出来たことは
快挙と言っていいんじゃないかなと思いました。

まぐれだとかそういうことを言いたいのではなく、
実力的には負けてたかもしれない強敵を相手に
一歩も引かずに戦ったからこそ
ゴール、勝利、優勝を手に出来たんだと思うわけで、
「勝って当たり前」的な優勝よりも
遥かに価値があると思うわけです。

最後に


冬・夏と連覇したわけですから
「現王者(現女王)は藤枝順心」
と言っていいでしょう。

とは言え課題はまだあるように感じましたし、
他校も藤枝順心を倒すために
これから更にチームを強化してきます。

このチームをベースに
来年の冬の選手権出場、
そして優勝(連覇)を目指すと思いますが、
藤枝順心には
もっともっと強いチームに成長して欲しいですね。

まずはインターハイ初優勝を祝福したいと思います。

おめでとうございます!!

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ