(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

藤枝順心 接戦に競り勝ち準決勝へ【全国高校女子サッカー感想】

藤枝順心 接戦に競り勝ち準決勝へ【全国高校女子サッカー感想】

全国高校女子サッカー2016の3回戦(準々決勝)。

鹿児島県の鳳凰高校と対戦した
藤枝順心は3-2で勝利。
接戦に競り勝ちベスト4入りを決めました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



藤枝順心3回戦(準々決勝)の試合結果


藤枝順心(静岡/東海1) 3-2 鳳凰(鹿児島/九州2)

藤枝順心は前半2点を決めてリードを奪うも
後半に入り2失点。

一時は同点に追いつかれましたが、
その直後に追加点を決めて3-2と勝ち越し。

その後は
鳳凰に押され気味の展開になりましたが
何とかしのいで3-2で逃げ切りました。

試合の感想


今日もネットで試合を観戦しました。

前半キックオフには間に合わず、
試合が始まってからライブ中継を観たんですが
すでに1-0で藤枝順心リードw
(今日も児野楓香がゴールを決めたようです。)

またも得点シーンを観れなかったものの、
先制したことでほっとしてました。

その後、所用があって席を外し
戻ってきたら2-0になってるしw

「今日も危なげなく勝てるのかな?」

なんて安心しながら試合を観戦してました。

しかし後半に入り流れが変わりました。
ゴール前の混戦から押し込まれて
今大会初失点を喫すると
その後ディフェンスラインの競り合いからのこぼれ球を
ゴール隅にきれいに決められて2失点目。
あっという間に同点に追いつかれてしまいました。

まだ残り時間はあったものの、
「このままPK戦になるようだと藤枝順心としては嫌だな」
なんて思ってました。

ところがその直後に
藤枝順心が追加点を決めました。
この失点直後の得点が大きかったですねw
これがなければかなりやばかったと思います。

その後藤枝順心は決定的なチャンスは作れないものの
上手く時間を稼いだりしながら、
なんとか鳳凰の攻撃を2失点に抑え3-2の勝利。

個人的には一応のノルマと考えていた
ベスト4入りを決めほっとしています。

パスをつなぐ意識はいいが


ここまで藤枝順心の試合を観てきて
感じたことは
「ディフェンスラインからもつなぐ意識が強い」
チームなのかなってことです。

良く言えば、
単純に前へ蹴らずに落ち着いてつなごうとしている。
ということになるんですが、
悪く言えば
それが時として弱点にもなっている。
と感じます。

テクニックのある選手もいるように感じましたが、
つなぐ意識を持つことは悪いことではないんですが、
状況判断の面で中途半端なプレーも多いのが気になりました。

「女子サッカーはこんなもの」
と言ってしまえばそれまでですが、
もう少し相手選手が近くにいるときは
ハッキリとしたプレー(クリアすべき時はしっかりクリアする)
をしないと、ボールを奪われたり、
こぼれ球を拾われたりして危ない場面を作られてしまいます。

前線ならいざ知らず、
自陣ゴール近くでのパス回しは
余裕のある時以外はちょっと怖い気がしました。

特にディフェンスラインでは
ハッキリとしたプレーをしてほしいですね。

パスの精度があまりよくない


これも女子にどこまで求めていいのかわかりませんが、
パスの精度があまりよくないのが気になりました。

これまでの試合でも
「パスの蹴り出しが全体的に弱い」
と感じてはいたんですが
精度もちょっと物足りなさを感じました。

相手選手も近くにおらず
余裕のある中でのパスが
選手の足元にピタッと収まらないとか
味方を走らせるパスも厳しすぎて追いつけないとか
このあたりが良くなるだけで
大分試合運びが変わってくると思いました。

鳳凰も2点差を追いついたのは素晴らしかったですが
順心としてはもっと楽に試合を進められたとは思います。

準決勝の相手は?


藤枝順心の準決勝の相手が決まりました。
第1シードの大商学園(大阪/関西1)です。

ここまで3試合を17得点無失点!!
実際に試合を観戦してはいないものの
圧倒的な攻撃力が目立つチームです。

関西地区の第一代表ということで
日ノ本学園よりも上位のチームなので
やはり藤枝順心にとってはここが正念場で、
今までの様な試合は期待できないでしょうね。

やはりカギになりそうなのは
「大商学園の攻撃をどこまで防げるか?」
って部分ですね。

藤枝順心のディフェンスは固い
という印象は持っていないので
失点する可能性も十分考えられます。

中途半端なプレーが続くようであれば
大量失点もあり得ます。

藤枝順心の攻撃力は十分あると思いますが
大商学園のディフェンス力がわかりませんので
どこまで得点できるのかは不明ですw

ということで、
情報は少ないながらも
藤枝順心にも得点チャンスはあると思いますので
失点をどこまで抑えられるかで
勝敗が決まりそうな気がしますね。

現時点での予想としては
2失点くらいまでなら
藤枝順心にもチャンスはあるかも?
って感じでしょうか。

ただ、大商学園に勝てれば
優勝が見えてきます。

2006年の優勝以来、
2013年の準優勝以来の
決勝進出に向けて頑張ってほしいですね。

準決勝(第1試合)は
明日1月7日11:00キックオフです。


BS-TBSで中継されますので
明日はネットではなくTVで放送を観たいと思います。
(※準決勝第2試合は地上波TBSにて13:55~中継となりますのでご注意を!!)

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ