(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

常葉橘が常盤木学園にPK勝ち!!藤枝順心も3回戦へ【全国高校女子サッカー】

常葉橘が常盤木学園にPK勝ち!!藤枝順心も3回戦へ【全国高校女子サッカー】

全国高校女子サッカー2016の2回戦。

静岡県勢の2校、
常葉橘は優勝候補の常盤木学園にPK戦の末勝利!!
そして藤枝順心は鎮西学院に3-0の完勝!!
両校揃って3回戦へ駒を進めました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



静岡県勢2回戦の試合結果


静岡県勢2校の2回戦の試合結果は以下の通りです。

2回戦の試合結果
藤枝順心(静岡/東海1) 3-0 鎮西学院(長崎/九州3)

常葉橘(静岡/東海2) 0-0(PK6-5) 常盤木学園(宮城/東北1)

PK戦の結果
常葉橘 ○○○○× ○○ 6 
常盤木 ×○○○○ ○× 5

藤枝順心はほぼ順当といっていい勝利。
そしてやはり今日のビッグニュースは
優勝候補の一角、常盤木学園に
常葉橘が勝利したことですね。

静岡を代表する2校がともにベスト8入り。
3回戦へと進みました。

試合の感想


昨日に引き続き、
今日もネットで試合を観戦しました。

今日は2画面同時に開いてを試合を観戦しましたが、
昨日のような「カクカク映像」にはならず、
非常にきれいで滑らかなストリーミング映像で試合を観戦できました。

正月三が日が終わり、
サイトへのアクセス数が減ったのかな?
なんにせよ、きれいな映像を観れたのは良かったです。

(関連記事)
全国高校女子サッカー2016 藤枝順心常葉橘が揃って1回戦突破!!

そして試合のほうですが、
昨日の記事にも書いたように、
今日は常葉橘対常盤木学園の試合を
優先して観戦しました。

なんてったって、
昨年優勝校、日ノ本学園を破った学校ですし、
昨年の準優勝校であり。
毎年優勝候補に挙げられる名門校が相手ですからねw

藤枝順心も気にはなったけど、
今日はまあ負けないでしょう、ということで後回し。
でも気にはなるので、画面だけは開いておいて
時々チェックするようにしてましたw

さて試合のほうですが、
正直なところ、
常盤木学園には勝てないかな?と思ってました。

やっぱり試合の組み立てとか、
一人一人の能力(技術)の部分で
常葉橘の方が若干劣るかなと思ってたので。

でも試合を観た感じでは、
ほぼ互角に渡り合ってましたね。

試合結果こそ0-0でしたが、
どちらも得点のチャンスは作ってましたし、
逆に危ないシーンもありましたけど
必死に守って失点を許さないという展開は
想像以上の内容でした。

もっと攻撃時の展開の仕方とか、
パスのつなぎ方とか、
「こうすればいいのに」
「もっと強いパスを出さなきゃ。。。」
「もっと落ち着けば楽に展開できるのに」

って言うのはありましたけど、
高校生ですし、女子ですからね。

私がサッカーやってた時のような感覚で
あれこれ言っても仕方ないですw

後半はちょっとバテ気味だったのか?
それとも絶対的な運動能力の差なのか?
常盤木学園にサイドからスピードのある選手に
攻め込まれる場面もありましたが
ゴール前はしっかりと固めてましたし、
決定的なセンタリングもよく防いでいたと思います。

攻撃面でも
得点できそうな場面はありましたね。
最後のシュートが精度を欠いたため
得点には至りませんでしたがw

今日の試合を観て
「今年の常葉橘はなかなか強いな」
という印象でしたね。
もちろん改善すべき点はありますけど。

内容的には
2、3点は取れそうなチャンスはあったけど
4、5点は取られそうなピンチがありましたw

でも結果的に
常盤木学園を無失点に抑えましたし、
PK戦を競り勝ったのは評価できますね。

下馬評で言えば、
常盤木学園有利という見方が多数でしょうから
PK戦まで持ち込んだ段階で
常葉橘の思惑通りだったのかもしれませんね。

常盤木が一人目で外し、
その後は全員が決めて4人終わって4-3。

あとは5人目が決めれば常葉橘の勝利というところで
5人目のキックがポストにはじかれた時には
「勝てる(流れ)が止まったか?」
とがっくりしたものですが、
サドンデスに入ってからも
その後、しっかりと決めてくれたのは良かったですw
皆さん本当に落ち着いて蹴っていました。

最後は常盤木の7人目の蹴ったボールが
ゴールポストにはじかれ、
この時点で常葉橘の勝利が決定したわけですが、
観ていた私も飛び上がって喜んじゃいましたw

まだ2回戦ではありますが、
それくらいの快挙(大金星)だったと思います。

まだ試合は続くので
ここで満足してはいけませんが、
一つの壁をクリアしたことは大きな意味があると思いますね。
今後にも期待したいと思います。

一方、藤枝順心。
こちらの試合に関しては今日はほとんど観戦できませんでした。

エースの児野楓香(このふうか)
2得点したみたいですね。
(先制点と2点目)

昨日の1回戦と合わせて
すでに4得点(だったと思う)を挙げてるのはさすがエースですね。

<ちょっと脱線w>

昨年は杉田妃和(すぎたひな)という
U-17日本代表キャプテンを務めていた
素晴らしいテクニックを持つ選手がいましたし、
(現:INAC神戸)
同じく日本代表選手で活躍した山下史華もいました。
(現:武蔵丘短期大学女子サッカー部)
(2014年u-17女子W杯で日本は優勝しています。)

今年は同じく日本代表だった
児野楓香(このふうか)が
エースナンバー10番をつけていますが
2試合をざっと見た感じでは
昨年よりはチーム力は落ちるのかな?
という感じではあります。

ただゴールセンスで言えば
児野楓香が一番高いかも?
という印象ですので彼女が活躍するようなら期待できそうです。

しばらく0-0が続いていたので
ちょっと心配したんですが、
得点が入ってからはほとんどチェックせず、
2点目が入ってからは安心して放置(常葉橘の試合に専念)してましたw

藤枝順心にしてみれば
相手はともかく、
まだ負けてはいけないところですからね。

ということで、藤枝順心については
まだどうこういう必要はないかな?

ベスト8進出校が決定


静岡県勢2校が揃ってベスト8入りというのは
今まであったかどうかわかりませんが、
嬉しい結果ですね。

男子では
藤枝東が1回戦でPK負けしてしまっただけに
女子には頑張ってもらいたいところです。

さてこれでベスト8進出校が決定しました。
トーナメント表の上から順に、

大商学園(大阪/関西1)
高崎健康福祉大学高崎(群馬/関東5)
鳳凰(鹿児島/九州2)
藤枝順心(静岡/東海1)
作陽(岡山/中国1)
修徳(東京/関東2)
神村学園(鹿児島/九州1)
常葉橘(静岡/東海2)

となりました。

(関連記事)
全国高校女子サッカー2016の組み合わせ!!常盤木対日ノ本が1回戦とは

常葉橘の3回戦(準々決勝)の相手は神村学園ですかw
またもや名門校が相手ですね。

ベスト8の顔ぶれを見ると
日ノ本学園や常盤木学園こそ敗退したものの
名門校・常連校ばかりですから楽な相手なんて無理な話かw

ここからが正念場となりますが、
藤枝順心、常葉橘ともに
優勝目指して頑張ってほしいと思います。

3回戦(準々決勝)は1日あけて1月6日(水)。
藤枝順心が10:30キックオフ、
常葉橘が13:45キックオフですね。

今度は開始時間が違うので
それぞれ試合をじっくり観戦できそうですw

どちらも頑張れ!!

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ