(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ロジャーズカップ2016 ベスト16決定もシードダウン続出!!【ドロー表あり】

ロジャーズカップ2016 ベスト16決定もシードダウン続出!!【ドロー表あり】

ロジャーズカップ2016の2回戦まで終了し、
ベスト16が決定しました。

錦織も2回戦を突破しベスト16入り。
しかしその他をみてみると、
シードダウンが続出してますねw


スポンサーリンク



錦織は順当勝ち


2回戦から登場した錦織圭は、
世界ランク131位のデニス・ノビコブを相手に
6-4、7-5のストレート勝ち。

第1セットでいきなり4ゲーム連取したので
「今日は心配しなくていいかな?」
なんて思ってたら、そこから4ゲームとられてるし。。。

まあ勝ったから問題無いですけど、
ちょっとどうなのかな?
って感じの試合でしたね。

左脇腹のケガの回復状況もわからないし、
仮に治ってたとしても
再発を恐れて慎重にプレーしてたのかもしれない。

またシードの錦織にとっては
トーナメントの初戦でしたからね。

あまり気にしなくてもいいのかな?

ベスト16の状況は?


それではロジャーズ・カップ2016の
ベスト16の状況を確認してみましょう。

ロジャーズカップ2016 ベスト16以降の結果 (今後試合結果を反映していきます。)

シード選手は16人いたわけですが、
ベスト16入りできたのは9人。

上位1~4シードは順当に勝ち残っていますが
第5シード以下では
シードダウンが相次ぐ波乱も起きています。

また、試合を観ていないのでわかりませんが
途中棄権した選手も何人かいますね。

当ブログでも取り上げたことのある、
シャーディーとかティエムとかサムクエリーとか。

試合中のアクシデント(ケガなど)で棄権したのか?
それともリオオリンピックのことがチラついて
早々に試合を諦めたのか?
(オリンピックに出場予定の選手の場合)
それはわかりませんが。。。

ドロー的には錦織にチャンス


ドロー表をみると、
錦織のブロックにはもうシード選手はいません。

ということはベスト4までは進めそうですね。
(というか、進まなければいけませんw)

準決勝になったらワウリンカ
(NHKではバブリンカ)
と当たるかもしれませんし
そうなったら錦織の勝利を
期待できるレベルじゃなくなりますけどね。

一方錦織の反対側、
ジョコビッチサイドのメンバーをみると
結構揃ってますねw

ジョコビッチ、ベルディヒ、
ラオニッチ、ゴフィン、モンフィス。


ジョコビッチが一番可能性が高いものの、
ハードな試合も出てくるかもしれませんね。

最後に


マスターズ(ATP1000)という
大きなトーナメントではあるものの
錦織を含めて、
多くの選手にとっては
オリンピックの前哨戦的な
位置づけになっている今大会。

どこまでギアを入れるかってのは
選手それぞれ考えているでしょうが、
できることなら
「心身無事に最高の成績」
を挙げてほしいものですねw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ