(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭キリオス戦感想【マドリード・オープン2016準々決勝】

錦織圭キリオス戦感想【マドリード・オープン2016準々決勝】

マドリード・オープン2016の準々決勝。
錦織圭対キリオスの試合は、
フルセットまでもつれ込む死闘となりました。

最後は錦織が競り勝ち
準決勝に駒を進めました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織キリオス線の試合結果


錦織圭はキリオスと3度目の対戦。
個人的には
「錦織が負ける可能性もあるかも?」
って予想していました。

(昨日の記事の最後の方です)
錦織圭が七戦目でガスケに初勝利!!【マドリード・オープン3回戦感想】

錦織 圭 6(6)7(7)6  2
キリオス 7(8)6(1)3  1

結果的には錦織が勝ったものの、
苦しい展開が続く
好勝負となりましたね。

1試合でブレークがたった一度だけ


今日の試合では
お互いサービスゲームを死守し、
試合を通じて一度しかブレークがありませんでした。
(タイブレークでのミニブレークは除く)

そしてそのブレークをしたのが錦織。
(第3セット第6ゲームだったかな?)
そしてこのブレークを活かして勝利を手にしました。

やっぱりお互いキープが続くと
どちらに転ぶかわからない
緊張感がありますねw

錦織の調子はそれほどでもなかった?


個人的な感想としては、
今日の錦織の調子(でき)は
昨日ほどの出来ではなかったと思いました。

第1セットは比較的淡白な展開でした。
お互いサービスでポイントを取れてましたし、
リターンが返っても、
1、2往復する間に決まることが多かったですね。

錦織としては
もう少しラリーを長く打ち合って
リズムを掴みたかった部分もあるのかな?
なんて思ったりもしますが、
逆に言えば、
錦織もサービスでポイントを稼げたからこそ
第1セットがタイブレークまでもつれたのかな?
なんて思ったりもします。

第2セットに入ると
多少ラリーの比率が高くなりました。

キリオスは相変わらず強烈なサーブで
ポイントを稼いでましたけど
錦織の方は少なくなった気がしますね。

その結果、
簡単にサービスゲームをキープするキリオスに比べ
ポイントを失い苦しむ場面も多かったですね。

しかし、
2ポイントは与えても
ブレークポイントを握らせなかったため、
そこまで危ないシーンもなかったです。

ここは今日の錦織で
評価して良いポイントだと思います。

キリオスのサーブを崩せず、
チャンスがなかなか来ない展開でしたが
そんな中でタイブレークを取り返したのはさすがです。

そして最終セット
キリオスのプレーが
フラストレーションで荒くなり始め
ようやく錦織がストロークで押す展開が増えました。

第3セットに限って言えば、
錦織のストロークのほうが安定してましたね。
ですから必然的に
錦織にポイントがついていきました。

40-0のトリプルマッチポイントから
ミスなどで3ポイント連続失い
一時デュースにしてしまうところは
「錦織のツメの甘さ」
とも言えますが、
この試合初めてブレークポイントを握られても
しっかりキープして試合を決めたので
まあ今日は軽くスルーしますwww

ということで、
錦織はあまりいい出来ではなかった
ようにも見えましたが
大きく崩れることもなく、
耐えるところは耐え、
数少ないチャンスをモノにして試合に勝てた
という点を評価したいと思います。

ワウリンカのように
キリオスに7-6、7-6で
押し切られる可能性もありましたからね。

錦織キリオスともに警告を受ける


フォニーニ戦では
警告によるポイントペナルティ
が注目されましたが
この試合では両者警告を受けましたw

(関連記事)
錦織フォニーニ戦感想 警告ポイントの影響で予想外の決着【マドリード・オープン2回戦】

キリオスは
第2セットタイブレークでコートチェンジの際
ベンチにラケットを放り投げたことで
警告(ワーニング?ウォーニング?)を受けました。

実はその前に
ラケットをコートに叩きつけていたんですが、
その時は警告は出ずw

で、自分のベンチに戻って
キリオスがラケットを投げたら警告でしたw

審判の判断基準が微妙な気もしますが
これは「コードバイオレーション」です。

※その後もフットフォールトを取られて
 ボールを叩きつけてましたが、
 ここも警告は出ませんでしたねw


一方の錦織は、
同じくタイブレーク中、
自分のサービスの時に
プレーに入る時間が遅かったことから
警告を受けましたw
こちらは「タイムバイオレーション」ですね。

錦織も、
ラケットを叩きつけたりしてましたが
それよりも気になったのは
第2セット途中に
(いつだったか忘れましたw)
ショットをミスした時に、
横の壁に向かってボールを強打したんです。

双方のラケットを叩きつける行為については
審判が大目に見てくれてたのかもしれませんが、
さすがにこの時は
錦織に警告が出るんじゃないか?
と思ってヒヤヒヤしました。
(警告はなかったみたいです)

フォニーニ戦の審判だったら
今日は何度警告が出ていたでしょうね?

準決勝の相手はジョコビッチか?


錦織の準決勝の対戦相手は

ノバク・ジョコビッチ(世界ランク1位)
ミロシュ・ラオニッチ(世界ランク10位)

の勝者。
まあ順当に考えればジョコビッチですねw

ジョコビッチなら通算10度目の対戦です。
(現在錦織の2勝7敗)

ラオニッチに関しては
記録を確認できてませんが、
割と対戦成績は良かったと思いますw
(テキトーですみませんw)

仮にジョコビッチが相手だと仮定すると、
やはりチャンスは少ないでしょうから、
その時にしっかりポイントを取れないと
勝つのは厳しいでしょうね。

ガスケ戦くらいの出来なら
「もしかすると。。。」
くらいの期待感は持てるかも?

何度かチャンスは来ると思うので
その時のプレーを中心に見ていきたいですねw

全仏オープン前に
ジョコビッチに勝てたら大きいですが。。。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ