(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

サムグロートという世界最速サーブの持ち主【錦織1回戦の対戦相手】

サムグロートという世界最速サーブの持ち主【錦織1回戦の対戦相手】

ウィンブルドン2016の1回戦で
錦織と対戦するサムグロート。

世界最速サーブの持ち主のプレーを
いよいよ今日観ることができます。

どんなプレーをするのか?
今から楽しみですねw


スポンサーリンク



サムグロートについて


私自身、
サムグロートについての
情報は全くありません。

ということで
基本情報をチェックしてみました。

ニュースメディアでは
「サム・グロート」と表記されていたんですが、
スポーツナビの情報を確認したところ
「サミュエル・グロート」
という表記になっています。
こちらが本名なのかも?

また、英語表記で
「SAM GROTH」
というものを見つけたんですが、
「TH」の部分の発音をどう表記するかで
「グロース」と書かれることもあるかもしれません。

ここでは「グロート」でいきます。

(同日追記)
wowowでは「サムグロス」と呼んでいましたね。
メディア全体で読み方統一してほしいわwww

グロートは、
直近の世界ランキングが123位。
オーストラリア出身の選手です。

現在28歳ですから
キャリアはそこそこあるんでしょうか?

身長193センチ
体重98.9キロ
というプロフィールから
大型の選手だというのはわかりますねw

今シーズンの戦績は3勝10敗。
この数字だけみると
大したことないようにも見えますがwww

世界最速サーブの持ち主


このグロートは
「現時点で世界最速のサーブを打つ選手」
として有名になっているようです。

今では200キロを超えるサーブを打つ選手は多いですが
速くても220キロ前後までなら
まあそんなに珍しくはないレベルです。

しかし、なんと驚くことに
グロートの最速記録は時速263キロ!!!

私がビッグサーバーで連想するのは
イボ・カルロビッチ
彼の最速記録は251キロでしたが
それよりも12キロも速いんですかwww

もちろん
毎回そんなスピードを出せるわけじゃないでしょうけど
260キロ級のサーブってのが
一体どんな感じなのか?
今日の錦織戦で確認してみたいですね。

TVで観ていて
ボールの軌道を確認できるのか?
ちょっと不安になってきましたw

ちなみに
TVの映像は実際よりも遅く見えるそうなので
錦織の体感速度は
私達が感じるよりも遥かに速いんだと思います。

グロートはサーブだけなのか?


ここで気になってくるのが
グロートはサーブだけなのか?
ということ。

「サーブだけはすごいけど後は大したことない」
のか?
「サーブだけでなく、ストロークやボレーなども上手い」
のかで、
だいぶ変わってきます。
(プロですから一定レベルはあるでしょうが)

世界ランクを考えれば
そんなに恐れることはないのかもしれませんが、
一発勝負の試合ですので、
ツボにはまった時は
世界ランクなんて関係ないですからねw

錦織はグロートに勝てるのか?


こればっかりはなんともいえませんが、
勝負のポイントは

1.グロートの1stサービスの確率
2.グロートのサーブ以外のプレーのレベル
3.錦織のコンディション

になりますね。
もちろん1番のウェイトが一番大きいですけど。

グロートがサーブだけの選手なら
1stサーブが入らなければ怖くないわけですし、
仮にエースを何本も取られたとしても
1stサーブが100%入るなんてことはありえないので
入らなかった時に挽回できる余地は十分あると思います。

逆に、
サーブ以外も上手いとなった時は
少々手こずることもありえます。
(最悪負けることも)

グロートは1stが入らなくても
ストローク戦などでもポイントを取れるとなれば
気持ちにも余裕ができますし、
サーブ以外でポイントを稼いでいるうちに
サーブの調子が良くなる
なんてことも出てくるでしょうからね。

スコアが競っている時のサービスエース
ってのが一番こたえますから
競り合うようだと分が悪いかも?

もちろん錦織だって
世界ランク6位の実力で
グロートの好きなようにはさせないでしょうけどw

総合力で言えば
断然錦織のほうが上だと思いますが、
成績を残せていない芝のウィンブルドン
ということも加味して、
グロートが錦織に勝つ可能性も残しておきます。


最後に


今日のウィンブルドン1回戦は
ファンとしては
当然錦織に勝ってもらいたいところですが、
グロートの260キロサーブも観てみたい、
そんな試合です。

グロートは一体どんな選手なのか?
今から楽しみです。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ