(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

フェデラーチリッチ戦感想 錦織棄権のショックも吹き飛ぶ最高の試合【ウィンブルドン2016準々決勝】

フェデラーチリッチ戦感想 錦織棄権のショックも吹き飛ぶ最高の試合【ウィンブルドン2016準々決勝】

ウィンブルドン2016の準々決勝。
錦織がチリッチ戦を
途中棄権したのはショックでしたが
その結果行われた
フェデラー対チリッチの試合が
これまでにない最高の試合でしたので
やや落ちていた気分が
また盛り返してきましたw

感想をまとめてみます。


スポンサーリンク



錦織チリッチ戦の感想を少しだけw


はじめに
錦織チリッチ戦の感想を少しだけw

2014年の全米オープン決勝戦の
再現カードとなった試合。

個人的には期待していたんですが、
結果は御存知の通り
左脇腹痛のため、途中棄権w

まあ最初の2ゲームを観て
「ああ、今日はダメだw」
「錦織がおかしい(棄権するかも?)」

ってのはわかりました。

思うところは色々とありますが、
記事を書くタイミングを逃してしまったので
今回は
「ただただ残念」
とだけ記しておきます。

今後はリオ五輪、全米オープンと続きますが、
正直なところ、
オリンピックは捨てて(辞退・欠場)
いいんじゃないか
とは思ってます。

今の状態ではメリットは何もないしw

フェデラー対チリッチ戦の結果と感想


錦織チリッチ戦の感想はこの辺にして、
今日はフェデラー対チリッチ戦を観戦しました。
といっても試合途中からですがw

まずは結果から。

フェデラー 6(4)467(11)6 3
チリッチ  7(7)636( 9)3 2

試合はフルセットの末、フェデラーが勝利。
2セットダウンからの
信じられない逆転勝ちでした。

おそらく今大会一番の好ゲーム


全ての試合を観たわけではないので
断言するのもなんですが、
おそらくここまでの
今大会ベストマッチだったと思います。

先日、
ツォンガがイスナーとファイナルセット19-17
というものすごいスコアの試合をしましたが、
最初から観ていなかったこともあり、
あちらはファイナルセットだけという印象が強いです。

一方、
今日のフェデラーチリッチ戦は
途中から試合を観たという点では同じものの
試合を見始めた瞬間から
「レベルたけえwww」
と感じる試合でした。

ミスをしなくなったチリッチ


あくまで私の印象ですが、
以前と比べてチリッチは
ミスをしなくなったように感じました。

もともとビッグサーバーなので
フェデラーが相手でも
ウィンブルドンならいい勝負になる
と予想していましたが

サーブはもちろん武器になってる
イージーミスが少ない
サーブ以外でもポイントが取れる


ということもあって、
なんとチリッチが2セットアップw

正直な話、
今日のチリッチなら
錦織はケガしてなかったとしても
勝てなかっただろうと思いましたねw

それくらい
久しぶりに観たチリッチは
強い選手になっていました。
(※先日の錦織との試合は参考にならないのでw)

フェデラーの底力に驚き


それ以上に驚いたのが
フェデラーの底力です。

2セットダウンから逆転勝ちした
ということはもちろんですが、
逆転勝ちに至るまでの、
スコアには現れない部分も含めてのプレーの数々。

結果的にサービスキープ出来たゲームでも
ブレークされそうな
危ない場面は何度もありました。

チリッチに2セットを奪われてからは
その危機を何度も跳ね返して
セットを奪い返していったのには
さすがにしびれました。

特に第4セットはタイブレークに突入し
チリッチのマッチポイントと
フェデラーのセットポイントが
交互に訪れるプレッシャーの掛かる場面でした。

あれだけチリッチのプレーが素晴らしい中で
追い込まれてもギリギリのところで踏みとどまり
最終的にはキープしてしまう強さ。

以前ジョコビッチについて
世界ランク1位にしかわからない領域
みたいなことを書いたことがあります。


その時はフェデラーは負けた側でしたが、
フェデラーについても
元世界ランク1位ということで
これと同じような「強さ」「底力」を感じました。

チリッチはおそらく
最高のプレーができていたと思います。

ですから
「これでなぜ勝てないのかわからない」
「これでも勝てないなら仕方ない」

というような感想を持っているかもしれません。
(※コメントを確認していないので見当はずれだったらすみませんw)

この試合はどちらにも勝つ可能性はあったように思いますし
むしろチリッチのほうに
チャンスはあったのかもしれませんが
それでも「フェデラーが勝った」というところに
世界ランク1位経験者と、
そうでない選手との差があるのかなあ?
なんて思ったりもします。

最後に


年齢やケガによる休養明け後の成績が
あまり良くない点などの理由から
大会が始まる前に
ウィンブルドンの見どころとして
「結果次第ではフェデラーにとって最後のウィンブルドンになるかも?」
みたいなことを書きました。

でもこれだけのプレーを見せられたら
引退なんてありえないと感じてしまいます。

優勝できるかどうかはわかりませんが
「まだこれだけの試合ができる」
ということを観客も、
そしてフェデラー本人も認識できたでしょうから
この勝利が現役を続ける自信になれば嬉しいですね。

個人的には今更ながら
フェデラーの恐ろしいまでの強さを
実感した試合になりました。

それだけに久しぶりに興奮しましたw

再放送を見る機会はないかもしれませんが
もしあったら観て欲しい試合ですw
(変に編集されちゃうと印象が違っちゃうかもしれませんが)

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ