(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織ケビンアンダーソン戦感想 2戦2勝の相手に初黒星【上海マスターズ】

錦織ケビンアンダーソン戦感想 2戦2勝の相手に初黒星【上海マスターズ】

錦織圭とケビンアンダーソンの試合。
上海マスターズ3回戦の感想です。

錦織は6-7、6-7のストレート負け。
これまで2戦2勝だった相手に
初黒星を喫しました。


スポンサーリンク



ケビンアンダーソンとの対戦成績


錦織圭とケビンアンダーソンの対戦は
今回で3度目。
過去の対戦成績は錦織の2戦2勝。

とはいえ、
29歳にして初のトップ10入りを果たし、
若手とは言わないまでも
ここ最近伸びてきた選手だけに
怖い相手ではありました。

もともと203cmという
高い身長から繰り出す
サーブが武器の選手でしたから
サーブがバンバン入るようだと
厳しい展開になるのは予想できました。

試合の結果


そして試合の結果です。

スコアは
6-7(タイブレーク10-12)
6-7(タイブレーク3-7)

でいずれもケビンアンダーソンが獲り
ストレート勝ち。

対錦織戦初勝利を挙げました。
錦織からすれば初黒星ですw

こういう展開は仕方ない


ビッグサーバー相手の試合は
こういう展開になるのは仕方ないですね。

相手のサーブが入ってるうちは
とにかく何もできないw

自分のサービスゲームを何とかキープして
相手のサーブが乱れる
(リターンを返してラリーに持ち込める)
のを待つしかないです。
とにかく我慢です。

その意味では
錦織はやれることをやっていたとは思います。
粘り強さも見せました。

もちろんミスもありますけど、
第1セットはお互いキープしてのタイブレークですし、
第2セットは先にブレークされて
4-5と追い込まれたものの
次のゲームでブレークバックし、
最終的にタイブレークまで持ち込みましたからね。

しかしながらそれ以上のチャンスが来なかったですねw

できればタイブレークまでにブレークし、
6-4とか7-5とかでセットを獲れれば
また違った展開もあったでしょうけど。
タイブレークはやはりビッグサーバーが有利ですからw

※タイブレークはPK戦みたいなもので
どちらに転ぶかわかりませんけど、
サーブだけでポイントを取れるというのは
やはり有利です。


第1セットは
先に錦織がセットポイントを奪いましたが
あと1本が取れませんでした。

第2セットは
錦織のミスが要所で出ちゃった感じ。
終盤はストロークでのイージーミスもあった気がします。
(※それでも十分なパフォーマンスでしたが)

ジャッジがおかしかった?


試合を観ていてジャッジに
「ん?」
ってなった場面が何度かありました。

通常、チャレンジシステムが採用されている場合
ジャッジに異議があれば
チャレンジシステムを利用できます。
(1セットにつき3回間違えるまで。タイブレーク時は+1)

で、この試合の2セット目に
錦織のショットがイン判定だったのに対して
ケビンアンダーソンがチャレンジしたんですが、
映像が流れず確認できないハプニングw

この場合どうなるのか興味がありましたが、
判定は「ジャッジ通り」というものでした。

つまりチャレンジしなかったのと同じ扱いなんですね。
てっきりポイントのやり直しかと思ってましたw

錦織のポイントになったから
私は文句なかったけど、
ケビンアンダーソン側だったら文句言ってますよねw

そしてもう一つ。
試合を決めたといってもいいポイントでも
「えっ?そうなの?」
って判定がありました。

タイブレーク2-5の場面だったかな
リードされてた錦織のサービスの場面で
ここは2本とも落とせないって状況。

でその1ポイント目のラリーで、
ケビンアンダーソンの打ったボールが
コーナーギリギリ
(ベースラインとサイドラインが接するところ)
に落ちて、ラインジャッジが「アウト」とコール。

錦織はボールに追いついていたので
インなら続けられたと思うけど、
アウト判定だったので打ち返すのをやめた。
(記憶が定かではないけど多分そうだった気がします。)

で、このアウト判定に対して
ケビンアンダーソンがチャレンジ。

今度は映像がちゃんと出て(笑)
確認するとコーナーギリギリに入ってました。

まあここまではいいです。
「あー入ってたかー。」
「アウトだったらラッキーだったのに」
くらいな気持ちです。

問題はここから。
このチャレンジ成功の結果、
どうなったかというと
「ケビンアンダーソンのポイント」
になったんです。

「?????????」
「えー?そうなんの?」
「ポイントのやり直しじゃないの?」


なんて頭の中が混乱www

だってエースになったポイントじゃないですよね?
錦織は返そうと思えば返せたんだし、
そういう場合はポイントやり直しじゃないの?

錦織もこの判定に納得できないような表情をしてましたが、
(それは私が勝手にそう思ってるだけかもしれませんが)
判定は覆らず2-6に。

こういう状況の場合は
成功した側のポイントになるんですね。
知らなかったわw

で錦織はもう1本の自分のサーブはキープして
3-6にしましたが、
次のケビンアンダーソンのサービスポイントで
ストロークがサイドに外れて試合終了w

ちなみにこの最後のポイントも
錦織がチャレンジしましたが
映像でもボールはアウトで
「チャレンジ失敗=ゲームアンドマッチ(試合終了)」

最後に


ということで、
ジャッジに対しては若干違和感を覚えたものの
まあ仕方ないかなというレベルの負け方でしたね。

相手は世界ランク10位ですし、
ビッグサーバーですし、
こういう結果になることもあるってことで
この試合に関しては割り切れると思います。

もちろん勝てればベストでしたけどね。

しいて言うなら
第1セットのセットポイント(かつ錦織のサーブ)の場面。

あそこを一本で決めてれば。。。

って位ですかね?

また次の大会で頑張ってくれればいいです。
ツアーファイナルの出場資格だけは確保してほしいけど。
(まだ確定じゃないみたいなのでw)

今後の出場予定は

スイス・インドア(スイス/ハード) 10/26~11/1(ATP500)
BNPパリバ・マスターズ(フランス/ハード) 11/2~11/8(ATP1000)


ということらしいです。
(あくまで予定ですw)

まだいけるでしょ?

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ