(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織ガスケ戦感想 無念のリタイア【BNPパリバマスターズ3回戦】

錦織ガスケ戦感想 無念のリタイア【BNPパリバマスターズ3回戦】

BNPパリバマスターズ3回戦で
錦織圭はガスケと対戦しました。

過去の対戦成績では
1回も勝てていない相手だけに
今日は勝ちたい試合でしたが
無念のリタイア。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



苦手のガスケが対戦相手


今日の試合の対戦相手はガスケ。
世界ランクこそ錦織圭が上ですが、
過去の対戦成績では5戦して0勝5敗。

相性が悪いのかわかりませんが、
錦織が1回も勝てていない選手って
そんなにいないんじゃないですかね?
ある意味貴重な(?)選手ですw

ガスケはフランス人で、
世界ランクは9位。


サーブは他のビッグサーバーと比べれば
そこまで驚異的なものではないですが、
ストロークは安定してますね。

バックハンドは片手(シングルハンド)で
フォアも含めてスピン系(画面で見ると山なりの軌道)のボールが多い選手です。

ストロークが得意な選手なので
錦織とのラリーが長く続く場面も多く、
1ポイントが決まるまで時間がかかるのが特長ですね。

ガスケ戦の試合結果


試合結果
錦織圭 6(3)1 ※リタイア
ガスケ 7(7)4

いつもなら
エンジンの掛かりが比較的遅い錦織ですが、
今日はお互い序盤からギアが上がっているようでした。

今大会のコートサーフェスが球足が遅いこと
スピン系のボールの打ち合いであること

の影響で、見た目ではスピード感はやや落ちていますが、
ハードヒットで攻め合うシーンは
普段なら序盤ではあまり見られない光景です。

相手がガスケですから
ゆっくりしてられないってのがプレーからも分かります。

試合はお互いキープを続け、
今日もタイブレークに突入。

途中ではお互いに
ブレイクできそうなチャンスはありましたが、
あと一本が出ませんでしたね。
というかよくしのいだというべきか。

第8ゲームでは
錦織がサービスの時に
ラケットがすっぽ抜ける珍しいシーンもw

また第11ゲームでは
ブレイクチャンスが来ましたが
ガスケに凌がれてブレイクできずw

タイブレークでは
先に錦織にミスが出て3-7でセットを落としました。

第2セットは錦織のサービスから。

第3ゲームで錦織は
ミスをきっかけにブレイクを許してしまいます。

後がなくなった錦織ですが、
ここから一気に動きが鈍り始めます。

錦織にケガ再発?


第4ゲームをガスケがキープした後、
第5ゲームの錦織のサービスゲーム。

ファーストサーブのスピードが一気に落ちます。

解説の辻野隆三も、
初めは「意図的にスピードを落としたのでは?」
と言っていましたが、
2本目、3本目もスピードが出ていなかったため
「アクシデントがあったのかも?」
「ちょっとおかしいですね」

とコメントし始めました。

錦織が汗をぬぐう際に
ウェアの裾をまくるシーンがあったんですが、
お腹のあたりに黒いテーピングのようなものが貼ってありました。

錦織は右肩の故障で
スイスインドアを欠場していますが、
今回はそこではなく、
試合前から脇腹かお腹のあたりに
何らかのトラブルを抱えていたのかもしれません。
そしてそれが試合中に悪化したのかも?

その影響からか、
第5ゲームは力ないプレーが続き
結局このゲームもブレイクを許してしまいます。

ここでメディカルタイムアウトをとり、
応急処置をした後、
第6ゲームに臨みますが、
このゲームの途中で無念のリタイアwww

結局5戦全敗のガスケに
6回目の敗戦を喫してしまいました。

嫌な予感的中


ケガは右肩ではありませんでしたけど、
嫌な予感が的中してしまいましたねw

今日の試合に負けてしまったことよりも
ATPツアーファイナルに出場できるのか?
ってことの方が心配ですw

今シーズンは終盤に来て
ケガに泣かされることが多いですね。

ATPツアーファイナルの開幕は11月15日。
あと10日ほどありますが、
その間に完治できるでしょうかね?

ツアーファイナルは特別な大会なので
出場はすると思いますけど、
途中で棄権せざるを得なくなる
という可能性も想定しておいた方がよさそうです。

結果論ですが、
これならBNPパリバマスターズも
欠場してもよかったのかもしれませんねw
(ランキングポイントの面では痛いですがw)

まあ終わってしまったものは仕方がない。

10日間でけがの回復に努め、
ATPツアーファイナルでは
万全のコンディションで試合に臨めることを期待しましょう。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ