(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭は第4シードで全米オープンは今年もチャンスあり?

錦織圭は第4シードで全米オープンは今年もチャンスあり?

いよいよ全米オープン2015が始まりますね。
全体のドロー(トーナメント表)は
まだ発表されてませんが、
錦織圭は第4シードが確定しました。

シードもそうですが、
個人的には今年も錦織に
チャンスがあると思っています。
その理由は?


スポンサーリンク



錦織圭が初の第4シード


8月31日に開幕する全米オープンテニス。
グランドスラム大会(四大大会)の
年内最後の大会です。

錦織圭は昨年準優勝していますが、
先日のシティオープン優勝、
ロジャーズカップベスト4などでポイントを稼ぎ
直近の世界ランクを4位に上げたことで
全米オープンでは第4シードに決まりました。

四大大会では過去最高のシードです。

第4シードのメリットは大きい


第4シードのメリットは大きいです。

自分よりランクの上の選手とは
準決勝まであたりませんから。

これが第5シードだと、
下手すると第1シードのジョコビッチの
下のブロックに入る可能性もありましたからね。

その場合は準々決勝で対戦するわけですし、
そこで勝てても準決勝でまた上位シード、
その試合に勝ってようやく決勝という形になるわけで、
優勝することを考えればハードな試合が多くなる
というデメリットがあったわけです。

勿論トップ4シード以外にも
最近調子を落としている(?)ナダルもいますし、
ランクは錦織より下でも
勝つのは簡単ではない対戦相手と
あたる可能性もあるわけですがw

それでも組み合わせ上は
申し分ない形になったとはいえるでしょう。

錦織にチャンスがあると思う要因


第4シードを獲得したというのも
勿論大きな要素ですが、
個人的に
「錦織に大きなチャンスがある」
と思っている要因は他にもあります。

トップランカーが調子を落としている


これは私の主観でしかないんですが、
直前に行われた「ウェスタン&サザン・オープン」。

錦織は疲労による臀部痛で
欠場しましたが、
マスターズ1000の大会のため、
トップランカーはほぼ出場していました。

私は何試合かTV中継を観ましたが、
優勝したフェデラーは圧巻の強さを見せたものの、
ジョコビッチ、マレー、ワウリンカなど、
多くの上位選手が
本来のパフォーマンスではなかったように感じました。

連戦による疲労が蓄積しているのか?
あるいは全米オープンに照準を合わせて
多少気持ちを緩めているのか?

それはわかりませんが、
このままの状態で全米オープンに臨むようなら
錦織が圧勝する可能性すら感じます。
(錦織の疲労・ケガが回復していることが前提ですがw)

ウェスタン&サザン・オープンから1週間空きますし、
さすがにその辺のコンディション調整は
トップランカーなら心得ているとは思いますが、
それでも錦織が付け入るスキはありそうです。

実績のある大会


昨年優勝してますから、
全米オープンは相性のいい大会です。

サーフェス(コートの材質)も
問題ないですね。

おのずと素晴らしいパフォーマンスを
期待できると思います。

十分な休養期間


ケガの回復状況は気になりますが、
疲労に関しては十分な休養期間をとったことで
ほぼ心配ないでしょう。

ケガの方も錦織は
「問題ない」とコメントしているようですし、
現時点ではそれほど心配はないと思ってます。

ということで、
ただでさえ期待しちゃう錦織の全米オープンですが
今年はさらにチャンスが拡大しているような気がしてます。

今年優勝しとかないと
今後はなかなかチャンスがこない
なんて可能性もあるかも?
(今年だってそんなに簡単なことじゃないですがw)

組み合わせドローが判明したら
追記したいと思いますが、
ビッグサーバーとか嫌な選手が
錦織の対戦相手にならないこないことを願います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ