(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

全米オープン2015のドロー発表 錦織の対戦相手を予想

全米オープン2015のドロー発表 錦織の対戦相手を予想

全米オープン2015のドローが発表されました。

錦織圭は第4シードに位置することは
すでに決まっていましたが、
シード以外の選手もドローに加わり、
これでようやく対戦相手が
具体的にイメージしやすくなります。

錦織優勝までの道のりを
予想してみたいと思います。


スポンサーリンク



全米オープン2015のドロー表


全米オープン2015のドロー(トーナメント)表です。
組み合わせの様子が大体つかめると思います。

usオープンドロー最終
(引用元:wowow特設ページ

現在本選出場をかけた
予選ラウンドが行われているため
まだ「予選通過者」になっている部分もあります。

(2015/09/01追記)
ドローが確定しましたので差し替えました。

ちなみに、
錦織以外の日本人選手の多くが
予選ラウンドから参加してますが、
添田豪や伊藤竜馬らはすでに敗退w

西岡良仁とダニエル太郎の二人に
本選出場の可能性が残っています。

(2015/09/01追記)
西岡良仁が本選出場を決めました。

錦織圭 優勝までの道のりは?


予選通過者が判明していないものの、
世界ランクを考えれば、
まず心配ないだろうということで、
錦織圭が優勝するまでに
倒さなければいけない対戦相手を予想してみます。

※対戦相手は基本的に世界ランク上位が勝ちあがると仮定

1回戦 ブノワ・ペール(フランス:41位)
2回戦 マルセル・イルハン(トルコ:83位)
3回戦 トミー・ロブレド(スペイン:26位)
4回戦 ガエル・モンフィス(フランス:16位)
準々決勝 ダビド・フェレール(スペイン:7位)
準決勝 ノバク・ジョコビッチ(セルビア:1位)
決勝 ロジャー・フェデラー(スイス:2位)

という感じです。
もちろんランキング通りに
全て順当に決まるなんてことはほぼないので、
対戦相手が変わる可能性も十分あり得ます。

まあ現時点でのイメージということで、
ご勘弁をw

そんなに簡単な山でもない?


今年の全米オープンは
錦織が優勝するチャンスは
十分にあると思っていますが、
こうやって見てみると、
それほど簡単でもなさそうですw

第4シードといえども試合は1回戦から。
初戦が41位ってのは微妙な相手ですね。

負けるとは思わないけど錦織が
軽くひねりつぶせるかどうかはわかりません。

1回戦、2回戦を順当に勝ったとして、
3回戦でロブレド

ここも油断できません。
下手したらセットを落とすことがあるかも?
(それでも勝つと予想しますが。)

そして4回戦でモンフィス(もしくはツォンガ)
勢いに乗ってしまうと手に負えない相手ですので、
きっちり叩くことができれば問題ないでしょう。
個人的にはモンフィスよりもツォンガのほうが嫌です。

準々決勝でフェレール
フェレールとの試合は接戦になることも多いので、
疲労やけがのリスクを考えると嫌な相手です。

ただ、現在ケガをしているという情報もあり、
ここまで勝ち上がってこれない可能性もありそうです。

その場合の対戦候補はチリッチ
そうです。
昨年決勝で敗れた相手です。

チリッチも最近調子が良くないというか
成績も芳しくないので、
昨年のようにはならないだろうとは思いますが
全米で別人のようになってしまう恐れもw

そして今大会最大の山が準決勝
相手は世界ランク1位のジョコビッチですね。

まあ準決勝までくれば、
トップ4の誰かと当たるわけなので
ここは避けて通れません。

ここまで錦織がケガなく来れれば
昨年と同じように勝機は十分あると思ってます。

理由はジョコビッチが
最近調子を落としているから。
(ように見えるから)

ここを3-0で勝てれば
後々体力的にも楽ですが
そんなに甘くないでしょうから、
3-1くらいで退けてもらいたいですね。

さあいよいよ決勝です。
順当ならフェデラー。
あるいはマレーかワウリンカ。
(ワウリンカもマレーも調子悪そうですが)

先週の「ウェスタン&サザンオープン」
を観た限りでは、
フェデラーとは当たりたくないかな?

あの時のフェデラーは
ほんとに強かったですから。

マレーも分が悪いし、
やり辛いのは事実ですが、
コンディションを考えれば
フェデラーよりはチャンスありそう。

一番勝てる可能性が高そうな
相手はワウリンカですけどね。
(調子のいい時はやばいですがw)

理想的な展開は?


以上かなり都合のいい予想ではありますが、
やはり順当なら最大の山場は準決勝。

ということで理想的な展開は、
錦織が格下に足元をすくわれず、
1回戦から準々決勝までを
3-0のストレート勝ちして
体力の消耗を抑え、
ジョコビッチ戦にすべてを注ぐ。

スコアは3-2でもいいから、
とにかく何としても勝つ。

そして決勝の相手は
フェデラーにならないことを祈る。
(ここは他力本願ですw)

こうなれば錦織圭は
全米オープンで初優勝できるでしょう。

逆に、こんな理想的な展開にならず、
ジョコ、そしてマレーかフェデラーに勝って
錦織が優勝できたら
そっちの方がはるかに価値のある優勝になります。

簡単ではないけど、
実現可能なレベルまで近づいてると思います。

錦織圭の優勝の可能性は
現時点では25-30%程度かな?って思います。

これを低いと見るか、高いと見るかは
人によって違うと思いますが、
「絶対」のない世界で25%は十分な数字かと。

一戦一戦確実に勝ち上がってほしいですね。
ケガや疲労にも気を付けて。

頑張れ、錦織!!

PS.
そういえば錦織の1回戦の対戦相手。
表記がマスコミ各社で違ってますw

多くは「ペール」。
スポーツニッポンは「ペア」。


相変わらず表記統一の動きはなさそうですw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ