(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ガスケにまた負けた錦織 敗因は自滅か雨による中断か?【全仏2016感想】

ガスケにまた負けた錦織 敗因は自滅か雨による中断か?【全仏2016感想】

ベスト8入りをかけた全仏オープン4回戦。
ガスケと対戦した錦織圭でしたが
残念ながらまた負けてしまいましたw

敗因は錦織の自滅か?
それとも雨による一時中断か?

感想をまとめてみたいと思います。


スポンサーリンク



錦織ガスケ戦の試合結果


全仏オープン2016の4回戦で
錦織圭はガスケと対戦。

錦織はガスケ戦6連敗と
一度も勝てていませんでしたが
今年に入って2連勝し、
通算対戦成績を2勝6敗として迎えた
9度目の対戦でした。

錦織圭 4262 1
ガスケ 6646 3

結果は3-1でガスケの勝利。

昨年のベスト8には届かず、
GS初優勝もお預けとなりました。

錦織の全仏の賞金と獲得ポイント


錦織の全仏オープン2016は
ベスト16で終了w

ベスト16の賞金は17.3万ユーロ(約2,110万円)です。
(※1ユーロ=122円で計算)

(関連記事)
全仏オープン2016の組み合わせドローや賞金など基本情報
※全仏2016の賞金額の詳細はこちらの記事に書いています

全仏ベスト16の獲得ポイントは180Ptですが、
全仏2015の成績がベスト8でしたので
360ポイントが消えて180ポイントが加算される形になるため
実質的には180ポイント減らすことになります。

(関連記事)
ATPツアーファイナルの賞金や獲得ポイントなど解説
※この記事でATPのポイントルールについて解説しています

試合の感想


私がTV観戦して感じたことを
まとめてみます。

出だしは悪くなかったと思います。
序盤ということもあり、
お互い探りあいの展開だったように見えましたが
錦織が先にリードし4-2としました。

「第1セットはこのまま取れそうだな」

なんて思ってた矢先に
雨で一時中断w
今思えばこれが痛かったですね。

雨による一時中断で流れが変わった


今年の全仏オープンは
とにかく雨が多い!!

ほぼ毎日じゃないかと思うほど
雨で一時中断ということが続いてます。

この日も錦織の試合が始まってから雨w
錦織4-2リードの場面で、
錦織のサービスゲーム40-40の状況で中断。

雨の降り方が強かったので
この判断は仕方がないとは思いますが、
希望を言えばゲームが終わってから中断して欲しかったですね。

1時間程の待機時間を経て
試合が再開されましたが、
この中断が錦織には
マイナスに働いたように感じます。

40-40から試合再開後、
錦織は簡単に2ポイントを失い
ガスケがブレークバック。

その後
錦織は1ゲームも奪うことができず
ガスケに4ゲーム連取され
第1セットを4-6で落としましたから。

錦織は中断前よりもミスが多くなり
なんか試合に乗り切れてない印象のまま
取れるセットを落としてしまったように見えました。

(関連記事)
ガスケのグリップテープ交換回数が多すぎるw【ルーティン】

調子をつかめないまま時間だけが過ぎていく


サッカーなどの試合でも同じことがいえますが
テニスの試合でも、
特に5セットマッチのような長い試合では
「試合の流れ」
何度となく変わることがあります。

錦織が優勢だったかと思えば
ガスケがノッてくる
みたいな流れが。

第1セットを落とし、
なかなかきっかけをつかめない錦織でしたが
「どこかで盛り返すだろう」
と私も期待していました。

しかし、
試合が進んでいっても
一向に錦織に巻き返しの兆しが見えてきませんw

その一つの原因はガスケの調子の良さでした。
おそらく絶好調と言っていいレベルで
ムーンボール(スピンを強くかけた山なりのボール)
を多用し、甘い球が来れば
バックハンドのダウンザラインでエースを取る。

また、ドロップショットも絶妙で
錦織が全く拾えない
ネットギリギリに落としてきます。

ベルダスコ戦では相手もミスが多かったけど
ガスケはあまりミスをしなかったのが
大きな違いですね。

錦織はこのムーンボールに
上手くタイミングが合わず、
リズムをつかめませんでしたねw

錦織はベースラインからあまり下がらず
深いボールもライジングで返すのが上手い選手ですが
それでもムーンボールは高く弾むため、
高い打点でストロークを打たされることも多く、
普段のような鋭いショットを
思うように決められませんでした。

ライジングで打つにしても
スピンが掛かったボールの弾み方は
予測が難しいので
スイートスポット(ラケットの芯)を外し、
フレームショットになったりすることもありましたし。

思うようなプレーができないと
フラストレーションが溜まり
焦りも出てきます。

錦織も調子が悪い中、
ネットに出てみたり
ストロークもフラット系、ムーンボールを
織り交ぜてみたりと
色々なことを試行錯誤しながら
巻き返しのきっかけをつかもうと
努力していたのは感じましたが、
それでも先にミスしてしまったり、
決められるのは錦織の方w

結局、
第2セットも2ブレークされた形で
ガスケに奪われます。

第3セットできっかけを掴みかけたが


第3セットに入っても
錦織の調子は良くなかったですが、
徐々にミスが減ってきたように感じました。

悪いなりになんとか踏ん張り、
リードを許さずに5-4まで来ると、
第10ゲームでガスケのサービス。

ここでようやくやってきた
錦織のブレークチャンス。

これを錦織はものにして
6-4で1セットを返します。

ミスも減ってきたし、
錦織がエースでポイントを取る場面も出てきた。

「これで第4セットを取れれば
ファイナルはわからないぞ!!」


と一気に期待感が増しました。

ところが、ですw

第4セット第1ゲーム。
錦織のサービスゲームで、
ミスを連発し、
あっさりブレークを許してしまいますw

「あーダメだw」
「流れが戻ってしまったw」


と、私はここでほぼ負けを覚悟しました。

その後、
2度目のブレークを許した時点で万事休すw
そこから巻き返すだけの力は
今日の錦織にはなく、
そのまま試合終了w

敗因は雨による中断か自滅か?


この試合のポイントは
個人的には2つあったように感じます。

一つは上述の通り、
「雨による一時中断」
ですね。

中断してしまったこともそうですが
中断のタイミングも良くなかった。

条件はガスケも同じですが、
やはりデュースからの再開は
錦織もやりづらかったのかな?と。

そしてもう一つは第4セット第1ゲーム
試合再開後から良くなかったストロークに
改善の兆しが見え始め、
なかなかエースで
ポイントをとれなかった錦織が
数少ないチャンスをモノにして
第3セットを奪った直後です。

この試合に関しては、
中断前を抜きにすれば
ここが錦織に風向きが変わった
唯一の瞬間だったと思います。

第4セットは錦織のサービスから。
第1ゲームをきっちりキープできれば、
錦織優位の状態で試合を進められたと思います。

でもそれができなかったw

「ミスがあんなに多かったら勝てない」
と根本的なことをいってしまえばそれまでですが
調子が悪い時、あるいは
自分のプレーをさせてもらえない時もあるわけで、

「その中でどうやって勝機を見つけて打開していくか?」

という部分を観たかったし、
錦織ならきっと打開してくれると期待していました。

そしてそのチャンスは
少なかったけどあったわけですから、
そのチャンスを生かせなかったのは残念ではあります。

最後に


勝ったガスケを賞賛するのはもちろんですが、
今日の錦織に物足りなさを感じたのも事実です。

試合中の錦織を観ていて
彼も相当混乱しているというか
悩んでいるなあとは感じましたが、
「もっとできたはず」
という期待感があるということで
このような感想になったとさせていただきます。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ