(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭シャーディー戦の感想 ケガの影響はなさそう【BNPパリバ・マスターズ】

錦織圭シャーディー戦の感想 ケガの影響はなさそう【BNPパリバ・マスターズ】

開催中のBNPパリバマスターズ。
2回戦の錦織圭対J.シャーディー戦の
感想をまとめます。

ケガの状態も気になりますが、
この試合に関しては
影響はなさそうな感じでしたので
ひとまず安心ですかね?


スポンサーリンク



錦織のケガは回復?


先週のスイスインドアを欠場した錦織。
ATPツアーファイナル出場が決まった中で、
BNPパリバマスターズは出場するのか?
と気になっていましたが、
出場してきましたねw
ケガは回復したと思っていいんですかね?

2回戦の対戦相手はジェレミーシャーディー。
いつものごとくメディアによって表記が違います。

NHKBSでは「J.シャルディ」という表記ですが、
ここでは「シャーディー」で行きますw

解説によれば、
過去の対戦成績は2勝2敗。
ハードコートでは錦織の2勝1敗だそうです。

といっても2012年(だったかな?)の初対決以来、
1年に1回くらいしか対戦しておらず、
あまり参考にはなりませんねw

シャーディーはフランス人で、
最新の世界ランクは32位

今シーズンの成績が
なんと26大会に出場して26勝26敗
平均すると1大会あたり初戦に勝って次で負けてる計算です。
こういう珍しい記録もあるんですねw

私がシャーディーの試合を観たのは
おそらく初めてだと思いますが、
最近の上位選手の例に漏れず、
シャーディーもサーブが強力でした。

1stは200キロを超えるので、
入ればエースになることも多かったです。
ただ、ストロークは
ハードヒットされたら怖い面もあるけど
総合的にみれば錦織が圧倒的に上って印象でした。

ですから、
「いかにストローク戦に持ち込めるか?」
がカギになりそうだなと思いながら
試合を観戦してました。

錦織対シャーディーの試合結果


錦織圭対J.シャーディーの試合結果は以下の通りです。

試合結果
錦織 圭    7(7)6(6) 6  2
J.シャーディー 6(4)7(8) 1  1

第1セットは
お互いゲームキープが続きました。
第11ゲームで錦織が
シャーディーのサービスゲームをブレイク。
第12ゲームをキープすれば
セットを獲れるという状況だったんですが
このゲームを失い6-6。
タイブレークに突入します。

タイブレークは
シャーディーのダブルフォールトからスタート。
その後は錦織がリードしつつ進み、
結局タイブレーク7-4で錦織が第1セットを先取しました。

第2セットは錦織のサーブから。
このセットもお互いサービスキープが続きます。

第6ゲーム。
錦織に6度もブレイクチャンスが来ますが、
コードボールなど不運もあってブレイクできずw

第11ゲームは逆にブレイクポイントを奪われますが
ここを凌いでキープ。

そして6-5錦織リードで迎えた第12ゲーム。
錦織は2度のマッチポイントを掴みますが、
これを獲れずに再びタイブレークへ。

タイブレークも一進一退の展開になりますが
最後はシャーディーが8-6で獲り、
1セットオールでファイナルセットへ。

ファイナルセットはシャーディーのサービスから。
野球で言えば後攻みたいなもんですが、
野球と違い、テニスの場合は
サービスキープが原則になるので、
もつれてくると、後の方が心理的に不利です。

ということで
早い段階でブレイクが欲しいと思っていたんですが、
第3ゲームで錦織がブレイクに成功!!

すると、ブレイクされたことで
シャーディーの心が折れ始めたのか、
一か八か的なショットも雑になり、
ダブルフォールトも重なるなどして
第5ゲームも錦織がブレイク。

第6ゲームをしっかりキープすると、
第7ゲームはシャーディーがミス連発で0-40。
トリプルマッチポイントを掴みます。

次のポイントはサービスエースで挽回しますが
その次のポイントで
錦織がリターンエースを決めて試合終了。

フルセットまでもつれましたが、
錦織圭が欠場後復帰初戦を勝利で飾りました。

錦織の出来は60%くらい?


あくまで個人的な印象ですが、
今日の錦織の出来は
絶好調を100%とするなら60%くらいの出来でしょうか?

特段、調子が悪いって程でもないけど、
スイングが振り切れてないことも多かったですし、
錦織が意図的にセーブしながらプレイしてたのかわかりませんが
まだまだギアは上げられる(はず)という印象でした。

一方のJ.シャーディーですが、
なんとなくブノワペールに似てるなあって感じました。

サーブは入れば強烈ですし、
ストロークは時々とんでもないショットが飛んでくる。

ただ、そのストロークはギャンブル的なもので
上手くいけばポイントを取れるけどミスも多い。

って感じですね。
それでもシャーディーのほうがミスが多いし、
それで錦織が助かった面もあるので、
個人的にはブノワペールの方が
上かな?って感じましたけど。

今日の試合では
ファイナルセットで錦織が先にブレイクしたことで
シャーディーが乱れてくれたのが大きかったですね。
もしもつれたまま終盤に行ってたら、
ブノワペールに負けた時のような展開になってたかもしれません。

錦織の次戦の対戦相手は?


3回戦の錦織の対戦相手は、
現時点ではまだ決まっていません。

R.ガスケ(9位)とL.メイヤー(36位)の勝者が相手です。

順当ならガスケになりますが、
ガスケとの対戦成績は5戦して0勝5敗w
メイヤーなら過去の対戦成績は3戦して3勝0敗です。

ガスケはスイスインドアもベスト4でしたし、
ナダルに負けはしたものの手ごわいですね。

メイヤーの方がありがたい気もしますが、
ここでガスケと対戦して勝てれば
今後に向けて明るい材料にもなりますから
個人的にはガスケとの試合を観たいかな?

(2015/11/04追記)
錦織の3回戦の対戦相手がガスケに決まりました。
6度目の正直、なるでしょうか?
期待したいと思います。

今日の試合はフルセット。
2時間を超える試合でしたが、
右肩に痛みを感じている様子もなかったですし、
その他にもケガなどのアクシデントはなさそうでしたので、
もう心配しなくてもよさそうですかね?
怖いのは連戦による再発ですがw

優勝するには5勝しなければいけないので
徐々にギアを上げてほしいですね。
3回戦からは強敵が続きますし。。。

錦織の3回戦も観戦できたら
感想をまとめたいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ