(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ツアーファイナル2016錦織初戦感想 ワウリンカの調子が想像以上に悪かった試合

ツアーファイナル2016錦織初戦感想 ワウリンカの調子が想像以上に悪かった試合

ATPツアーファイナル2016の第二日目。
錦織圭が登場し、初戦としてワウリンカと対戦しました。

結果は錦織がストレート勝ちし、
準決勝進出に望みをつなぐ1勝を挙げたわけですが
それにしてもワウリンカの調子が
想像以上に悪かったですねw

感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織圭対ワウリンカの試合結果


錦織は初戦でワウリンカと対戦。

選手名 1 2 3 4 5
錦織圭 6 6 / 2
ワウリンカ 2 3 / 0

試合結果は錦織のストレート勝ち。

ワウリンカを相手に
あっさりと勝負を決めました。

 

試合の感想


ここから試合の感想です。

個人的な印象としては
今日の試合は

「調子がいいとはいえない錦織」と
「明らかに調子が悪いワウリンカ」
の戦い
だったような気がします。
 

試合前は錦織が不利かなあと思ってたんですが
前日の練習でワウリンカがミスを連発し
イライラしてラケットを叩きつけた、
なんて報道が出ていたので、
「もしかしたら錦織にもチャンスはあるかも?」
と若干勝敗予想を上方修正したんですが
試合を観たら、
私の想像を超えていましたねw

 
「こんなに調子の悪いワウリンカはおそらく見たことがない」
と思えるほど調子が悪い感じでした。
 
サーブもいつも程、
キレのあるファーストが決まっていなかったようにも思いますが
それ以上にストロークミスが多すぎましたね。

 
一方の錦織は
相変わらずファーストサーブは入らないし
ストロークの調子もそれほどいい感じでもなかったように見えましたが
それでも良くないなりのプレーはできていましたので、
ミスも多かったですが
自滅するほど、とまではいかず、
ワウリンカのミスにも助けられつつも、
要所要所でいいショットでポイントを奪えてたと思います。
 

結果がついてきたことが大きかったですね。

錦織がやっと返したようなボールが
コートのラインギリギリに入ったり、
チャレンジがことごとく成功したりと
もちろん「運」だけではないですけど
錦織にとっていい結果になっていたことも
勝てた要因の一つと言えると思います。

 
NHKの実況アナウンサーの方は
「錦織が完璧なテニスで完勝」
と称していましたが、
個人的には同意しかねますw
※そういえばNHKは相変わらず「バブリンカ」ですねw


 
「ワウリンカが勝手に自滅しての棚ぼた勝利」
とまでは言いませんが、
少なくとも錦織も
完璧な状態からは程遠い状態だったように感じます。

「そこそこの状態なりに上手く試合を締めた」
という表現のほうが近かったんじゃないかな?
 

もちろん試合の中で
錦織もワウリンカも色々と工夫しながら
現状を打開しようとしている姿勢は感じましたけどねw

 

第2戦の相手はマレー?


内容はともかく錦織の勝利は嬉しいです。

錦織が勝利したことで
第2戦の相手は
「マレー対チリッチの勝者」

になりました。


順当ならマレーということになりますが、
もしチリッチが勝つようなことがあると、
錦織のグループは誰が準決勝に進むか
全くわからなくなりますね。

試合は見れませんけど
結果を楽しみにしたいと思います。

(2016/11/15追記)
マレーが順当に勝ったようです。
これで錦織の第2戦の相手はマレーで確定です。

 

最後に


取り急ぎ感想をまとめました。

ワウリンカに勝てたのは大きな1勝です。
錦織もこれで少しは気が楽になったと思います。
 

錦織がマレー、チリッチに勝つには
もう少し調子を上げていかないと厳しい感じもしますが
とりあえず予選の残り2試合を
一つずつ勝っていけるよう応援したいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ