ウエスタン&サザンオープン2019 大会情報記事アーカイブ【錦織圭出場】

ウエスタン&サザンオープン2019 大会情報記事アーカイブ【錦織圭出場】ツアー大会情報

ウエスタン&サザンオープン2019の大会情報について、昨年書いた記事を再編集しアーカイブとして残します。

なお、大会の基本情報については原則として最新記事の方で触れることとし、アーカイブ記事の方はドローや試合結果等の当該年度固有の情報を中心に残していきたいと考えています。
(※大会開催前に執筆した記事ですので、原則としてその時点の情報となります。)

その他の大会に関しても、同様にアーカイブ化していく予定です。
(状況を見て変更するかもしれませんが、現時点の予定です。)



スポンサーリンク

ウエスタン&サザンオープンについて


ウエスタン&サザンオープンの大会基本情報に関しては、最新記事をご参照ください。


 

組み合わせドロー


<ドローサイズ> 64(56選手)
※予選通過者枠が確定したドローに差し替えました。

ウェスタン&サザンオープン2019 ドロー(確定版)
記事作成時点の情報では予選通過者枠を除き、現時点で日本人選手は錦織圭のみ。
第6シードで49番枠に入りました。
上位シードのため2回戦からの登場となります。


(2019.08.12追記)
西岡良仁が本戦出場を決めました。
錦織圭の3つ下にあたる52番枠に入りました。この結果、西岡が1回戦でトンプソンに勝てば2回戦で錦織圭対西岡良仁という日本人対決が実現することになります。

この他、ロジャーズカップで優勝したナダルが疲労を理由に欠場となったようです。
ナダルの枠にはラッキールーザーとしてククシュキンが入っています。


シード選手


シード選手は16名いますが、上位8名は2回戦からの出場となります。

1.ジョコビッチ(世界ランク1位)
2.ナダル(2位)
3.フェデラー(3位)
4.ティエム(4位)
5.チチパス(5位)
6.錦織圭(6位)
7.A.ズベレフ(7位)
8.カチャノフ(8位)

9.メドベージェフ(9位)
10.フォニーニ(11位)
11.バウティスタアグート(13位)
12.コリッチ(14位)
13.イスナー(15位)
14.チリッチ(16位)
15.バシラシビリ(17位)
16.ゴフィン(18位)

今大会は上位ランキング選手がほぼ全員出場予定ですね。
10位のアンダーソンと12位のデルポトロが欠場のようです。
(試合が行われる直前に欠場というケースもありますが、記事作成時の情報ということでご容赦ください。)

今の所、ロジャーズカップを欠場したジョコビッチやフェデラーも出場予定ですね。
そのため今大会はレベルが高いトーナメントになりそうです。

シード選手の位置関係


シード16選手の位置関係をドロー表にすると下記のようになります。

ウェスタン&サザンオープン2019 シードの位置関係

2回戦以降のトーナメント表と結果


2回戦(ベスト32)以降のトーナメント表と試合結果についてはこちらで反映していきます。


※選手名表記はメディアにより異なる可能性があります。
(当記事ではスポーツナビの表記を参考にしています。)
※更新のタイミングは管理人の都合に依存します。


日本人選手の試合予定&試合結果


日本人選手の試合予定と試合結果を記録していきます。
勝ち進むたびに追記していきます。
(※試合開始予定は前の試合や天候等の影響により、大きくズレる場合があります。)

1回戦


西岡良仁対トンプソン(世界ランク46位)

123
西岡良仁7562
トンプソン5741

試合結果 ⇒ フルセットの末、西岡が勝利!!

2回戦


錦織圭対西岡良仁(世界ランク77位)

123
錦織圭6(2)4/0
西岡良仁7(7)6/2

試合結果 ⇒ 西岡が錦織にストレート勝ち!!

(感想)
初顔合わせとなりましたが西岡が錦織に勝利しました。錦織は右肘と右足首にサポーターをしていましたので、手首ではなくこのあたりを痛めていたようです。すみません、訂正させていただきます。。。
錦織は怪我の状態だけでなく、試合中もどこか体調が優れないような感じでしたのでちょっと心配です。

一方の西岡は錦織が万全ではなかったのでやりにくさはあったかと思いますが、随所に素晴らしいプレーを見せていました。

3回戦も頑張って欲しいですね。


3回戦


西岡良仁対デミノール(世界ランク38位)

123
西岡良仁76/2
デミノール54/0

試合結果 ⇒ 西岡が見事ストレート勝ち!!

準々決勝


西岡良仁対ゴフィン(世界ランク19位)

123
西岡良仁///棄権
ゴフィン///

試合結果 ⇒ 西岡は体調不良により試合前に棄権したようです。

賞金


ウエスタン&サザンオープン2019の賞金は以下のとおりです。

賞金総額 6,735,690ドル(約7億1,398万円)
※記事作成時の為替レートを参考に1ドル=106円で計算

男子シングルスの賞金

優勝 1,114,225ドル(約1億1,811万円)
準優勝 564,005ドル(約5,978万円)
ベスト4 289,290ドル(約3,066万円)
ベスト8 149,100ドル(約1,580万円)
ベスト16 74,695ドル(約792万円)
2回戦 39,120ドル(約415万円)
1回戦 22,045ドル(約234万円)

※記事作成時の為替レートを参考に1ドル=106円で計算


今大会の見どころ


記事作成時点ではまだロジャーズ・カップの決勝戦が残っており、予選通過者を含めて最終的な出場者が確定していませんが、個人的な今大会の見どころを挙げてみたいと思います。

錦織のコンディションは?


まずはいつものように錦織から。

ロジャーズカップでは初戦となる2回戦でガスケに敗れてポイントを稼ぐことも試合勘を養うこともできませんでした。
手首を痛めてシティオープンを欠場したものの、その後も思うように回復していないみたいですね。

シングルス(ガスケ戦)の時は手首の状態がどうだったか不明ですが、フルセットが響いたのかその後ダブルスの試合を棄権しています。

ウェスタン&サザンオープンも2回戦から登場となりますので、1週間程度でどの程度回復できたかがカギとなりそうです。
この後の全米オープンのことを考えれば、手首に不安を残すようであれば、もしかしたら直前で棄権ということもあるかも知れません。

もちろん、ケガの不安さえなければ快進撃を期待したいところではありますけどね。
全米オープンを欠場することになるくらいなら、ここは結果にはこだわらなくてもいいと思っています。

一応ドローを確認してみます。

2回戦の対戦相手はトンプソンか予選通過者です。
普通の状態ならここは問題なく勝って欲しいところです。

以降は順当なら、
3回戦 コリッチ
準々決勝 ナダル
準決勝 ティエム
決勝 ジョコビッチ

という感じで対戦していく形になります。

こうやって対戦相手を眺めてみると、さすがはマスターズ。
まあ厳しい戦いが続きそうな感じです。

ということで、今大会は手首の状態次第ではありますが、問題なければ一つでも上を目指して欲しいという感じでしょうか?
結果(ポイント)も欲しいでしょうが、無理だけはしないでほしいです。

アンディマレーが久々のシングルス


ドローを見て気づいたんですが、アンディマレーの名前がありました!!
ドローの下の方、45番枠です。

ダブルスでは既にトーナメント復帰を果たしていますが、シングルスは本当に久しぶりな気がします。

世界ランクを確認したところ、記事作成時点では325位らしいです。
今回はワイルドカードで出場が決まったみたいですね。

ドローを確認すると、初戦の対戦相手がガスケ。
勝っても次がティエムという形になりますので、いきなりハードな試合になりそうですね。

もし私が試合を観戦できるようなら、マレーがどの程度プレイできるのかを確認してみたいと思います。

最後に


以上、ウエスタン&サザンオープンの基本情報をまとめました。

錦織に関しては、今大会はあまり結果を期待し過ぎないように応援したいと思います。
視聴者としては1試合でも多く試合を観戦したいですけどねw

でもこのあとにビッグトーナメント(全米オープン)が控えていますので、そのためなら場合によっては我慢も仕方ないかな?

テニスファンとしては錦織だけではなく、その他の試合でもレベルの高い面白い試合を見ることができたら楽しめるとは思います。

勝ち上がりの状況や対戦カードなどをこまめにチェックしつつ、面白そうな試合があったらできる限り観戦してみようと思います。
こういう時はWOWOWオンデマンドってありがたいですね。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました