(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織は再三のチャンスを逃しモンフィスに逆転負け 全米に向けて深刻な状況か?

錦織は再三のチャンスを逃しモンフィスに逆転負け 全米に向けて深刻な状況か?

ロジャーズ・カップ2017の2回戦に
錦織圭が登場しました。

初戦でいきなりモンフィスとの対戦となりましたが
再三のチャンスを逃した錦織は結局逆転負け。

反省材料も多く、
全米オープンに向けて
不安の残る深刻な状況になっているように感じます。

試合を観戦した感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織対モンフィスの試合結果


ロジャーズ・カップ2017の2回戦。

錦織圭対モンフィスの
試合結果は以下のとおりです。

1 2 3 4 5
錦織圭 7(7) 5 6(6) 1
モンフィス 6(4) 7 7(8) 2

 
スコアの通り、
錦織はモンフィスに逆転負けを喫し
2回戦敗退となりました。

 

試合観戦後の感想


夜中の試合ではありましたが、
試合をTVで観戦しましたので
個人的な感想をまとめてみます。

なおTVは音声を消していたので
解説は聞いておらず、
私が映像から感じ取った印象のみが
拠り所になっていますので、
事実誤認があるかもしれません。

その際はご容赦下さいw
 

相変わらずショットは悪くはない


まず試合全体を通じて
ショットは悪くはなかったと思います。

いつもの試合と比べると、
明らかなアウトとなるようなショット
(ミスショット)の割合は多かった気もしますが、
風も強かったようですし、
今日の試合では
ムーンボールと速いボールを
織り交ぜての緩急の付いた
ラリーが多かったので
その分、
タイミングをずらされることも
多かったのではと思います。

 
モンフィスも絶好調という感じではなかったですが
両者いろいろ考えながら
ショットを選択している様子は伺えましたし、
錦織も試合の中で、
「大事に繋いで我慢する」
ポイントを作ってました。

 
欲を言えば
もう少しストロークを深く返せていたら
もっと楽にポイントを取れたかなあ
というくらいでしょうか?

 
ちなみに
サーブに関しては
良いとはいえないレベルでしたねw
 
 

でも試合には勝てないw


ショットは悪くない、
でも試合には勝てない。

これが最近の錦織のような気がします。

 
過去の記事でも触れていたかもしれませんが、
個人的に最近の錦織は
「クロージングがうまくできなくなっている」
というのが勝てない最大の理由ではないかと感じています。

具体例を上げれば
・ここというポイントでファーストサーブが入らない
・大事にしたいポイントなのに簡単にミスする
・そんなにリスクを取ったショットを打つ必要が無いのに無理してしまう

など、判断(選択)を誤ることが多いのではないでしょうか?
(結果論になってしまいますが)

 
ここ最近の試合では
先に錦織がブレークすることも多く、
どちらかと言えば
優位に試合を進められた試合も多かったと思います。

しかしながら
試合の流れとしては、
錦織がここをしっかりとキープすれば
セットを取る、あるいは試合に勝てる、
(サービングフォーザセット又はゲーム)
という状況になってから
何故か急に崩れ始める印象が強いです。
 

もちろん相手も負けたくないわけですので
ビハインドを跳ね返そうと躍起になって来るわけですが
それを踏まえたとしても
試合終盤における最近の錦織は脆い(もろい)です。

 
野球で例えれば
リードした場面でクローザー(リリーフ)が出てきて
ことごとく救援(セーブ)に失敗している感じ
と似ています。

 

かなりざっくりなスコア推移


今日の試合では
3セット全て錦織がブレークアップの状況で
終盤を迎えていました。
(第1セットは途中までリードを許していましたがw)

<第1セット>
6-5錦織リードの状況で
錦織のサービスゲーム。

これをブレークバックされ、
タイブレークまでもつれるも
なんとかセットを先取。

 
<第2セット>
5-3錦織リードの状況で
錦織のサービスゲーム。

これをキープできればストレート勝ち。

しかし、
ブレークを許すと
そのまま4ゲーム連続でモンフィスに奪われ
セットを失う。

 
<第3セット>
5-3錦織リードの状況で
錦織のサービスゲーム。

これをキープできればフルセットでなんとか勝ち。

しかし
ここでもブレークバックを許し5-4に。

次のゲームをモンフィスがキープし5-5。

 
続く2ゲームはお互いキープで6-6。
タイブレークに突入。

なんやかんやあって、
錦織が6-2リードでマッチポイント。

もう一本錦織のサーブだったので 
色々あった試合だけど
普通ならこれでほぼ錦織の勝利とも言える状況。
(もちろん「絶対」ではないけどw)

しかしここで錦織がダブルフォールトwww
これで6-3。

 
さらに
モンフィスのサーブを2本キープされて
6-5錦織リードで錦織のサーブが2本。

1本目のサーブをキープすれば7-5となるので
まだ試合を決めるチャンスはあった。

 
でもキープできないw

ここで2ポイントを落とし、
逆にマッチポイントを奪われる。
(6-7モンフィスリード)

 
最後はストローク戦の末
モンフィスのウィナーとなり
簡単ではないレベルの大逆転勝ち。

 
私は試合を観ながら、
フルセット、そしてタイブレークまでは
「まあこういう展開もあるか。。。」
と自分を納得させていましたが、
さすがにタイブレーク6-2の時点で
「なんとか勝てそうだから、結果良ければ良しとするか」
なんて思い始めてました。

それがあそこからの逆転負けですからねw

モンフィスとの対戦成績は
ここまで3勝0敗だったようですが
もつれることが多く、
簡単に勝てる相手ではないのは知ってます。

それにしてもこの展開で負けたのは
ちょっとショックが大きいです。

 

全米オープンに向けて深刻な状況?


実際のところ、
錦織がどう感じているのか?
何か理由といえるようなものがあったのか?
についてはわかりません。

 
ただ個人的な感想レベルで言えば
ここ最近の錦織試合は
「楽に勝てる試合で苦労し、勝てる試合で負ける」
事が多いのが気になります。

今日の試合に関しては
負けたことに対して
コーチ陣から大目玉を食らっても
文句言えないレベルだと個人的には思ってます。

  
強い選手はやはり
「ここぞ」というときには
きっちりとゲームを締めますので
それができなくなっている錦織の現状には不安が残ります。

不安レベルなんてレベルではなく
「深刻」な状況レベルかもしれません。

 
以前の錦織なら
相手にこれをやってたんですけどね。
(相手の勝ち試合でも逆転勝ちできたりしてた)

たまにはこういう展開もあるでしょうが
短期間に立て続けですからねw

さすがに心配になります。。。

 

ランキングにも影響


これは気にしても仕方ない面もありますが、
ランキングポイントの面でも
かなりのダメージです。

昨年のロジャーズ・カップで
錦織は準優勝でしたので
600ポイントを獲得しています。

それが失効して、
今回加算されるのはたったの10ポイント。

ロジャーズカップだけで
590ポイントのマイナスになりましたw

これはATP500クラスの大会で
1回優勝して獲得するポイントよりも大きいです。

(2017/08/11訂正)
すみません、勘違いしてました。

錦織はシードで2回戦から登場でしたので
初戦敗退でも45ポイント獲得でしたw

したがって
差し引き555Ptのマイナスですね。

 
なんか2015年の全米オープンの時を思い出しますね。

2014年の全米オープンで準優勝。(1200Pt獲得)
2015年の全米オープンは1回戦敗退。(10Pt獲得)

全米OPだけで1190Ptを減らしました。

 
まあ今回はそれよりは少ないロスですが、
2016年の全米オープンで錦織はベスト4でしたから
今回同様に大きなポイントロスの可能性が残ってます。
 

基本情報はまた改めてまとめますが、
2016年全米オープンはベスト4(720Pt獲得)ですから

1回戦敗退なら-710Pt(10Pt獲得)
3回戦敗退でも-630Pt(90Pt獲得)


となるため、
早期敗退した場合は、
更にダメージを受けます。

 
今シーズンの錦織は
大会格付け(クラス)を問わず優勝がありませんので
ロスを他でカバーできている状況とも言えず、
こうなってくると
世界ランクトップ10圏外への
ランキングダウンはもとより
年末の「ATPツアーファイナル」への
出場資格も獲れないかもしれません。

なにより、
今のままでは出場できても
勝てそうにないですからねw

 

最後に


あまりにショックな負け方だったので
色々と書いてしまいましたが、
今シーズン、特に最近は錦織にとって
試練とも言える状況かもしれません。

今のジョコビッチ然り(残りシーズン欠場ですがw)
マレー然り、
勝てない時期というのは
だれにでも訪れるとは思うんですけど、
今の負け方は非常にもったいない負け方ですので
なんとかこの苦境を乗り越えて
かつての、いや、かつて以上の
錦織のプレーを見せてほしいと願います。

立て直しには時間がかかるかもしれませんが
1試合でも早くきっかけを掴んで、
勝ち方を思い出してほしいと願います。

 
前向きに考えれば
全米オープンに向けて
余裕を持って調整できる様になったということ。

もう一つマスターズの
「ウエスタン&サザン・オープン」
を挟んでから全米OPとなりますが、
錦織の場合、
勝ち進むことによる過密スケジュール(試合数の増加)で
怪我(故障)をするリスクもあったわけですので
悪いことばかりでもないでしょう。

今回はそう思うようにしますが、
こういうことは続いてほしくないですねw

 
ということで
残った選手の試合で楽しむことにします。

 
錦織には
次の大会以降で喜ばせてもらえれば。。。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ