(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織ジョコビッチ戦感想 マスターズ初優勝はおあずけ【マイアミオープン決勝】

錦織ジョコビッチ戦感想 マスターズ初優勝はおあずけ【マイアミオープン決勝】

マイアミオープン2016決勝戦。
第1シードのジョコビッチを相手に
マスターズ初優勝をかけて戦いましたが
残念ながら今回も勝てずw

マスターズ初優勝はおあずけとなりました。
感想をまとめます。


スポンサーリンク



マイアミオープン2016決勝戦の結果


錦織の対戦成績2勝6敗で迎えた
9度目のジョコビッチ戦。
念願のマスターズ初優勝を掛けての対戦でした。

錦織 圭   33 0
ジョコビッチ 66 2

試合の推移概要


<第1セット>
第1ゲーム ジョコビッチのサービスをいきなりブレーク
第2ゲーム すぐにブレークバックされる
第6ゲーム 錦織がサービスをキープできず
第7ゲーム 錦織がすぐに追いつく
(最後はミスジャッジだったがジョコがチャレンジせず助かる)
第8ゲーム またすぐにブレークを許す
第9ゲーム ジョコビッチが難なくキープしセットを先取。

<第2セット>
第1ゲーム 錦織のサーブで30-0からダブルフォールトなどで4ポイント連続で失いブレークを許す
第4ゲーム 0-30のチャンスを迎えるもブレークできず
第7ゲーム ブレークポイントを握られるも粘って錦織がキープ

※サーブを打ったあと左膝を痛めたらしく、錦織がメディカルタイムアウトを取り応急処置

第9ゲーム ダブルフォールト2本などでマッチポイントを許す。
     2度は凌ぐも3度目で決められゲームセット。

錦織は今回もジョコビッチに勝てず。
2014年の全米オープンで勝利して以来
対ジョコビッチ戦6連敗となりました。
(※全米直後までは対戦が少ないとはいえ、勝ち越してたことに驚き)

試合観戦後の感想


現時点での二人の実力の差
といってしまえばそれまでですが、
残念ながらあっさり負けてしまいましたねw

いきなりジョコビッチのサービスをブレークした時は
「今日はジョコビッチに勝てるのか?」
と期待してしまいましたが、
次のゲームですぐにブレークバックされ
ペースを掴めませんでした。

第2セット途中で膝を痛めてなかったとしても
結果に影響はなかったと思います。
ジョコビッチはそんなに甘くはなかったですw

錦織は疲れが残ってた?


今日のジョコビッチは
「いい時のジョコビッチ」という印象でした。

豪快なショットこそないものの
完璧にコントロールされたボールが
コートのコーナーに面白いように決まってました。

ディフェンスからの切り返しも素晴らしかったため
錦織がなかなかウィナーをとれませんでした。

一方の錦織圭ですが、
実際どうだったかは不明ですが
私には動きが重かったように感じました。

やはりモンフィス戦などの疲労の蓄積が大きく
1日休息をとれたとはいえ、
思うように疲れが抜けなかったんでしょうか?

もう一つ残念だったのは
若干、自滅した部分もあったと感じた点です。

サーブについては甘くなったら叩かれるので
厳しいところを狙おうとプレッシャーが掛かるため
要所でのダブルフォールトは多少仕方ない面もありますが
ポイントでリードしてたのに
ダブルフォールトをきっかけに
ブレークされたのが2度ありましたからね。
ちょっともったいなかったかなとは感じます。

ストロークに関しては
二人ですごいラリーを打ち合ってたとは思いますが、
錦織がボールを引っ掛ける場面が多かったですね。

ジョコビッチのボールが伸びてたのかもしれませんが
今日の試合では振り遅れではなく
若干スイングのタイミングが早かった気がします。
(もちろんすべてのスイングではないですが)

もしかしたら
伸びのあるジョコビッチのストロークに
押されないよう意識しすぎて
タイミングが早くなってしまったのかも?

そのためサイドに切れて
アウトになるボールが多かったですね。

準決勝までの試合では
あまり見られなかった光景です。

でもこれは自滅というより
ジョコビッチの厳しいボールが錦織を狂わせた
ってことなのかもしれませんけどねw

マッチポイントを2度防いだのはさすがでしたが
途中でアクシデントがあったとはいえ
さすがに今日はこの状況から
逆転勝ちしそうな雰囲気は感じませんでしたねw

何度か見てきた錦織ジョコビッチ戦の中でも
上位には来ない内容だったかなあ。。。

最後に


タイトルがかかった場面(決勝)での
ジョコビッチはやはり強いですね。

今大会は上位陣が早々に姿を消し
錦織にとっては恵まれたドローになったことも
準優勝の追い風になりました。

しかし今の状況では
マスターズ以上のタイトルを獲るためには
ジョコビッチは避けて通れませんね。

一度も勝てていないわけではないし、
チャンスは今後もあるでしょうけど
できるかぎり早い段階で壁を超えて欲しいですねw

ジョコビッチに負けたとはいえ
準優勝は立派な成績です。
ポイントの面でも600ポイント獲得ですし、
昨年の成績よりも良かったので上乗せできますからね。
(※その分来年大変ですがw)

そして準優勝賞金$501,815も手にしました。
(※優勝したジョコビッチは賞金$1,028,300)

次の出場予定は
4月18日~4月24日のバルセロナ・オープン(クレー)
のようです。
前哨戦を3大会ほど戦って
その後本番のグランドスラムに臨む予定らしいです。

いよいよ全仏オープンモードに突入ですね。
クレーコートは1ポイントに要する時間が長くなる傾向にありますので
体力も相当消耗します。

それまでに怪我や疲労を解消して
ベストコンディションでバルセロナに臨んで欲しいですね。

錦織の場合、
怪我も大きな「敵」ですから。。。

とにかく
今回は残念でしたがお疲れ様でした。
引き続き応援したいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ