(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

東アジア杯女子韓国戦感想 また終わってみれば逆転負けw

東アジア杯女子韓国戦感想 また終わってみれば逆転負けw

東アジア杯女子サッカー。
今日は韓国戦でした。

今日の試合でも
なでしこが先制したものの
終わってみれば逆転負けw

感想をまとめてみます。


スポンサーリンク



試合結果


試合は前半30分に、
ゴール前の混戦から
こぼれ球を中島依美がシュート。

これが選手に当たってコースが変わり
ゴールに吸い込まれて先制。

前半を1-0で折り返し。

しかし後半54分に、
パスミス(パスカット)から
チョ・ソヒョンに持ち込まれ
そのままシュートを許し失点。

これで同点になると、
アディショナルタイムには、
ゴール前で不用意なファール。

FKを韓国に与えると
チョン・ガウルが直接決めて逆転w
(これは素晴らしいキックでしたが)

のこり時間、
なでしこも反撃しますが
今一つ攻撃がかみ合わないまま
1-2タイムアップw

初戦に続き、
何とも言えない逆転負けで
2連敗となってしまいました。

どう評価していいのかよくわからない試合


この試合に関していえば、
個人的にはどう評価していいか
よくわからない試合でした。

ターンオーバーで、
大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ韓国戦。

韓国が先の女子W杯メンバー
10人を先発させてきたのに対し、
なでしこはW杯メンバーは1人。

当時の主力選手は
ほとんど招集されていない中、
「1軍対1.5軍もしくは2軍」
という構図の中で
良く戦ったというべきか?

それとも、
韓国がほぼベストメンバーであろうと
途中まで優位に進めていながら
ミスによる自滅で勝てる試合を落とした
ふがいない試合というべきか?

私自身よくわかりませんw

選手が勝つつもりで
一生懸命プレーしてたのは伝わりましたし、
試合の中でいい組み立ても
できてた部分もありましたから。

ただ物足りなさは感じちゃうんですよね。

なでしこで通用する選手が見当たらない


なでしこの世代交代のため、
東アジア杯のメンバーは
若手中心になっています。

ですから監督もある程度
結果については織り込み済みかと思います。

ただ次世代を担う期待の選手ってのが
それほど見当たらないのが心配ですね。

先日の杉田亜未のミドルシュート
などは世界レベルのゴールでしょうけど、
あれだけでは何とも言えないですし、
他の選手に至っては
特筆すべきプレーはそれほど。。。

  • 個人技のある選手
  • 試合をコントロールできる選手
  • 得点力のある選手
  • 足の速い選手
  • フィジカルの強い選手

など、どれか世界レベルといえるもの、
あるいはもう少し成長すれば届きそうなもの
を持っている選手ってのが、
個人的に見当たりません。

猶本光や京川舞は
ヤングなでしこで
将来を期待された選手たちですが
今のところ、まだ力不足っていう印象w

キャプテンを務める川村優理は
フィジカルは強そうですが、
今日の試合では縦へのパスが
雑というか急ぎすぎというか、
もう少し状況をみながら
後ろからペースを
コントロールできるようになると
心強い存在になると思うんですが。

チーム全体としての物足りなさ


チーム全体としての物足りなさは、

  • パススピードが遅い
  • ボールさばきが遅い
  • 相手(ボール)への詰めが甘い
  • 緩急がない
  • ダイナミックな展開がない
  • (枠内)シュートが少ない

など。

TVの解説でも指摘されてましたが、
ピッチのコンディションが悪かったのか?
それはわかりませんが、
それにしても、
世界でトップを狙うことを考えれば
今のレベルでは到底無理かな
と感じるレベルです。

つまりオリンピックやワールドカップで
優勝を狙うならっていう
高いレベルでの話ですがw

4年前と同じ状況になる?


佐々木則夫監督が
どう感じているのかわかりませんが、
私は4年前と同じ状況にならないか
ちょっと不安です。

4年前もなでしこは
女子W杯で優勝した後、
佐々木監督は世代交代を狙って
若手を試しました。

しかしレギュラーメンバーを脅かすような
若手が見当たらなかったことも影響し、
最終的には4年前とほぼ同じメンバーで
今年の女子W杯に臨むことになったわけです。

しかしそのベテラン中心の現メンバーも
決勝まで進んだものの、
アメリカには力の差を見せつけられて敗れました。

つまり今のなでしこ(ベテラン)を
軽く抜いていくような選手が出てこないと
世界を狙えるようなチームはできない
と思うんですよね。

このままだと、
4年後はともかく、オリンピックは
澤や宮間などベテランに頼る
ってことになるんじゃないかと感じます。
(ベテランなら世界の頂点を狙えるってわけでもないですが)

そろそろ選手が入れ替わっていかないと
長期的にみて日本の女子サッカー界は
衰退しそうな気もします。

もっと下から上を脅かすような
可能性を感じる選手が出てきてほしいんですが。

現在招集されているメンバーが
短期間で大きく成長できればいいけど、
さらに下の世代の期待の選手を
A代表に招集して経験を積ませるとか、
そういう思い切ったことも試してほしいですね。

試合に負けるのは面白くないけど、
東アジア杯の結果については
あまり深刻に考える必要はないでしょう。

問題はその先。
今大会の敗戦が
次につながるものならいいんですけどね。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ