(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

杉田亜未の豪快ミドルシュートはあったが【東アジア杯感想】

杉田亜未の豪快ミドルシュートはあったが【東アジア杯感想】

東アジア杯初戦の北朝鮮戦。
杉田亜未の豪快ミドルシュートで
一時は同点に追いつくも、
なでしこは2-4で敗戦。
感想をまとめます。


スポンサーリンク



北朝鮮戦の試合結果


東アジアカップ初戦の北朝鮮戦は
常に追いかける展開。

2度は追いついたものの、
最後は突き放され、
結局2-4で敗れました。

選手も大幅に入れ替え、
新たなチームでどこまでできるか
楽しみにしていましたが、
なかなか厳しい結果となりました。

前半はジャッジが北朝鮮寄りに感じましたが、
後半はそれほどでもなかったので
大勢には影響なかったかな?

杉田亜未のミドルシュートはすごかった


一度追いつきまた先行された
1-2での局面。

杉田亜未のミドルシュートは
弾丸ミドルというか
豪快ミドルというか、
とにかくすごいシュートでした。

女子であれだけのシュートは
なかなか打てませんw

前なでしこのメンバーには
これほどのシュート力のある選手って
多分いなかったと思うので
その点では一つの武器になりそうな
そんな可能性は感じさせてくれました。

メンバー替わっても課題は同じ


とはいえ、
試合全体を通して言えば
チーム力は大きく落ちてますし、
前チームの課題でもあった点が
そのまま新チームでも露呈しました。

まあチーム力の低下は
覚悟してたことですけどね。
ただ実際試合を見てみると
それなりにショッキングではありますw

パスの精度


相変わらずパスが雑すぎます。
わざわざ相手の待ち構えているコースに
パスを狙って出したり、
受けてから大きくそれたり、
力のないパスを出したりw

お互いが動くような
連係の中でのパスは
意思が合わなければ
ずれるのは仕方ないですが、
そうじゃない場面でも
ミスが多すぎます。

まだチームが若いので、
ってのは連係面では考慮できるけど
ほぼ止まっている相手へのパスが
この状況ではちょっとお粗末w

守備の仕方が緩い


それでも攻撃面では
2点取ったわけだし、
それなりにいい組み立てもありました。

ただ、守備面はちょっとまずいですね。
前なでしこでもそうでしたが、
マークの付き方や、
相手選手への身体の寄せが甘い。

あんなにスペース空けてたら
相手にはプレッシャー掛からないw
ましてやボールも奪えないです。

あと一歩か二歩詰めて
スキがあったら
ボールを奪える状況を作らないと。。。

3点目4点目は、
同じようなパターンでしたが、
相手キッカーとゴールの間には
なでしこの選手が2人以上いました。

かわされたわけでもないのに
失点してしまうのは、
ボールに詰められていないことが原因。

ボールから離れるほど
シュート範囲は広がりますからね。
(※ゴールに入る範囲はボールの位置にもよりますが)

ゴチャゴチャパスをつなぐのが多い


パスサッカーはいいんですが、
これも前なでしこから引き継がれた悪習w

近い距離でちょこちょこと
パスをつなぐ場面が多すぎるw

一定のエリアだけでパスを回しても、
それじゃあ相手は困らないですw

長短、左右、ダイレクトなどを
いろいろ織り交ぜながら、
相手がボールに近づけないように
パスを回してボールを散らす
から効果的なんであって、
近くに相手がいるのに、
ゴチャゴチャパスばかり回すから
獲られてカウンター喰らったりするんです。

状況によっては難しい場面もありますが、
もう少し工夫が必要だと思います。

スライディングはやめたほうがいい


これも個人的に気になってるんですが、
なんであんなにスライディングするんですかね?

ボールに追いついてないのに
スライディングしたって取れるわけないし
簡単にかわされたり、
相手の脚をひっかけて
ファール判定喰らうのがオチじゃないかな?
(事実PK献上してるし)

もちろんスライディングが
効果的な場面もあると思うけど
あんなに多いとは思わないですね。

オリンピックは出場できる?


東アジアカップについては
佐々木則夫監督は優勝を狙うって
言ってますけどそれは建前上の発言。

オリンピック最終予選に向けて
戦える選手を見つけるのが
本来の目的でしょう。
優勝できればそのほうがいいけど。

チームもこれからだとは思うし、
メンバーも定まってないかもしれません。

選手も代表での試合経験を積んでいく中で
本来の力が出てくることもあるんでしょうが、
正直オリンピック最終予選大丈夫かな?
って心配になってます。

現時点では、ですが。
アジア枠は2つしかないですからね。

なでしこの目標は
オリンピックでアメリカにリベンジして
金メダルを取ることだと思いますが、
その前に出場することが先決。

最後は澤穂希や宮間あやなどに
頼ることもできますが、
現メンバーのチーム力では
ちょっと心もとないですw

韓国・中国との試合が残ってますので
どういう試合をするのか、
じっくり観察してみようと思います。

特に中国戦が楽しみですね。
ここでコテンパンにやられるようだと
かなり危ない気がします。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ