(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

大榎監督が辞意表明ってなぜこのタイミング?

大榎監督が辞意表明ってなぜこのタイミング?

大榎監督(清水エスパルス)が
辞意を表明したそうです。
ニュース観てなくて
夕方の地元のニュース観てびっくりw

成績を考えれば、
辞任するのはやむを得ないけど、
なぜこのタイミングで?
ってのは残りますね。


スポンサーリンク



解任ではなく辞任


今回のは解任ではなく辞任のようです。
意味の違いは分かりますかね?

例えるなら解雇じゃなくて自主退職

つまり自分の意志で辞める意思を固めた
ということです。
クラブのフロントから
辞めさせられたわけではないので注意!!

とはいえ、
フロントも残ってほしいなら
慰留することだってできたわけで、
報道をみた限りでは
そのまま受理する意向のようですから
特に引き止める理由は
なかったということでしょう。

なぜ今辞任なのか?


大榎監督の辞任については
個人的には仕方ないとは思います。
現在のエスパルスの状況をみればねw

昨年は厳しい状況の中で
いきなりゴドビ監督からバトンを渡され
時間もない中、ギリギリ残留できただけで
及第点だったかもしれません。

しかし今年は開幕前から時間もあったわけで、
戦力的な問題(人材不足やけが人等)はあるものの、
監督の腕の見せ所はありましたからね。

その上で、
第1ステージを最下位で折り返し、
第2ステージでも前節まで勝利なしですから。
采配をみてても可能性を感じなかったし。

ただね、なぜ今辞任なの?
って気はするんですよね。

これまで散々勝てなくても辞めなかったのに、
前節のマリノス戦でようやく逆転勝ちした
と思ったら辞意表明ってwww

大榎監督の決断については、
試合での采配と合わせ、
最後までタイミングがおかしい気がします。

私も大榎監督を替えたほうがいい
という気持ちでしたけど、
前節勝って約2週間試合がないんだから
いい雰囲気の中でチーム強化ができる
格好の期間だと思ったんですけどね。

逆に言えば時間が空いてる今こそ
監督が替わるタイミングとして適切
だと判断したのかもしれませんが。

それにずっと勝てなくて
大榎監督も長いこと追い込まれてたし、
精神的にはもう限界だったのかな?

個人的にはこのタイミングでの辞任は
納得しがたいですが、
もう決まった流れのようですから
新体制でチーム力を上げてもらうしかないですね。

後任は田坂ヘッドコーチ


大榎監督の後任には
田坂和昭ヘッドコーチが
監督代行として起用されるようです。

(※公式発表されたので決定です。)

これが暫定的なものなのか?
今後田坂体制で行くのかはわかりません。

ただフロントが解任したわけではないので、
後任監督の候補者選びには
動いてなかった可能性もありますし、
動いていたとしても
契約には時間がかかるでしょうから、
第2ステージはこのまま田坂体制になるのかな?

田坂和昭氏も現役時代は
活躍してましたけど、
監督としての能力はわかりません。

大分トリニータを昇格に導き、
翌年降格させてますからw

それに地元と縁があるとはいえ、
エスパルスのヘッドコーチになってから
まだ時間も経ってないですからね。

どの程度選手を把握できてるのか?
ってのは不安材料ではあります。

当面の目標は勝ち点の積み上げ。
勝てる試合を取りこぼさず、
厳しい展開となっても
何とか食らいついて最低1を積み上げること。

年間降格圏からの脱出が目標ですね。
でも昨年も同じこと言ってましたけどねw

ファンとしては
誰が監督になっても
エスパルスがJ1残留してくれれば
今年に関しては満足です。

残りの試合全てで
残留への気迫を見せてほしいです。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ