(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

昇格残留争いに清水磐田が絡む2016シーズンは目が離せない【Jリーグ】

昇格残留争いに清水磐田が絡む2016シーズンは目が離せない【Jリーグ】

2016シーズンのJリーグは
私にとって目が離せない年になりました。

J1ではジュビロ磐田が残留争い。
J2では清水エスパルスが昇格争い。

地元静岡県の2クラブの行方が気になりますw


スポンサーリンク



J1の残留争いは最終戦決着


まずはJ1から。
J1は2ndシーズン最終戦を残すのみとなりました。

現在の年間総合順位は以下の通り。

https://gyazo.com/fc8c99b537b358b5460d165b127449f9 (引用元:スポーツナビ)
 

ジュビロ磐田は現在13位。

J2に降格するクラブは3クラブですが、
すでに

・アビスパ福岡
・湘南ベルマーレ


の2クラブは降格が確定しており、
残る1枠の可能性が

13位のジュビロ磐田から
16位の名古屋グランパス


までの4クラブに残りました。

 
ジュビロ磐田は一番有利な位置にいるんですが
得失点差でも有利なポジションとはいえない状況なので
ジュビロが最終戦で負けるようなことがあると、
「一気に16位に転落」
なんてこともありえます。

 
引き分け以上なら自力で残留決定となりますが、
最終戦の相手はベガルタ仙台。

1stステージでは
ホームで3-0と快勝していますが、
今回はアウェー。

2ndシーズン1勝しかできていないことを考えると
楽観視できる状況ではないですねw

 
ジュビロが負けた場合でも
他の対象チームのうち
どこかが負ければ残留決定となります。
(訂正:引き分け以下ですね)

 
気になるのは他の3クラブは
全てホームゲームですw

新潟の相手が広島ということで
厳しい試合にはなると思いますが、
サポーターの声援に選手が奮起すれば
現在の順位に関係なく、
白熱した試合になると予想できます。

ジュビロには
他力ではなく自力で
J1残留を決めてほしいと願います。

 

J2清水は残り4試合で勝ち点差3


次にJ2。
清水エスパルスは現在3位。

序盤は取りこぼしなどが続き
スタートダッシュに失敗しましたが
終盤に追い上げを見せ、
自動昇格圏の2位が見えてきました。

 
現在の順位状況は以下の通り。

 
https://gyazo.com/1982a841997c42e6688d88266fdb88b4 (引用元:スポーツナビ)

J2の場合、3位から6位は
プレーオフで1チームが昇格となりますが
プレーオフでは何が起こるかわからない一発勝負。

すでに6位以内は確定している清水ですが
やはり「自動昇格圏内」の
2位以上を目指したいところです。

 
J2リーグは残り4試合。
2位松本山雅とは勝ち点差3、
1位のコンサドーレ札幌とは勝ち点差6。

残りの試合数を考えれば
厳しい状況ではありますが
数字の上では十分入れ替わる可能性はあります。

 
清水エスパルスからすれば
残りを全勝することが前提ですが
2位の松本山雅が1敗してくれれば
勝ち点差で並びます。

エスパルスは得失点差で優位な状況にいますので
自力で全勝しつつ、
他力で松本山雅の一敗を待つということになります。
(もしくは2引き分け)

さすがに
「1位札幌が2敗するのを期待する」
というのは厳しいと思いますが。。。

まだ可能性は残されていますので、
最低でも残り4戦を全勝し、
それでダメなら仕方ないと思えるところまでは
持っていってほしいですね。

その時はプレーオフで2勝することに
気持ちを切り替えればいいわけですから。。。

 

最後に


まさか静岡県内の2クラブが
このような形で注目されるとは思ってもいませんでしたw

ジュビロは優勝はともかく、
降格の心配はない思っていましたし
エスパルスに関しても、
なんだかんだ言っても
自動昇格圏内は確保できるだろう
と思っていましたので。。。

 
結果はどうなるかわかりませんけど
両クラブともに笑って終われればいいですけどねw
 

ともあれ
J1、J2共に最終戦まで目が離せません。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ