(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

チョンテセがエスパルス入団会見 印象は?

チョンテセがエスパルス入団会見 印象は?

元Jリーガーのチョンテセが
清水エスパルスの入団会見を行いました。

今日の地元のニュースで
会見の様子が放送されましたので
それを観た感想や印象についてまとめます。


スポンサーリンク



チョンテセが清水エスパルスに完全移籍


すでに報道されてた通り、
チョンテセが水原三星ブルーウイングスから
清水エスパルスに完全移籍。

今日入団会見を行ったらしく、
地元ニュースで話題になってました。

入団会見でのコメント


ニュースで放送されて部分しか
わかりませんが、

・残りのサッカー人生を清水に捧げる
・自分が得点できなくてもチームが勝てばいい
・球際のところで相手にプレッシャーを与えたい


って感じのコメントをしてました。

一方でこんな情報も


会見ではウケのいい言葉を並べる
ってのは当然ですが、
一方ではこんなきな臭い情報も。

・ツイッターで「川崎に行きたかったけど無理だったから清水にした」的なツイート
・元所属先の水原に残りたかったらしい。

※ツイートは実物を確認、水原の件は他サイトの情報レベル

このことを知ったファンは
入団会見でのコメントは建前で
実際は妥協して清水に来たのかと
一部で早くも顰蹙(ひんしゅく)を買ってるようです。

妥協入団自体は問題ではない


入団会見およびツイート内容など、
それらをひっくるめた私の感想です。

・エスパルスに来たのは妥協?
この件に関しては
別に目くじら立てるほどの事
ではないと思ってます。

プロの世界では、
自分の希望通りのチームに所属できる人
なんてのは限られてるでしょうし、
チョンテセが
「もっと強豪(名門)のクラブに移籍したい」
って気持ちがあっても不思議じゃないですから。

私はエスパルスが好きですが、
悔しいけど世間的に「名門クラブ」
と認識されるクラブではないのは事実。
特にここ最近は成績が低迷してますしね。

それに妥協して移籍したとしても、
そこで活躍できなければクビになるわけだし、
チームが勝たなければ
自分の身だって危ないですからね。

このままエスパルスが
降格するようなことがあれば
希望のクラブに移籍なんて
もっと難しくなるでしょ?

以上の事から、
チョンテセの移籍は
妥協であろうがなかろうが
清水で結果を出すしかないわけで
本人もそのつもりで臨むはず。

何かトラブルでも起きない限り、
エスパルスでチョンテセが
やる気のないプレーをする
とは思わないので、
ここは大目に見てあげてもいいんじゃないかと。

チョンテセももう少し
気を付けたほうがいいとは思いますが。

・会見での姿を観た印象
次に会見での姿をみた印象です。

ドイツで経験を積んだせいか
川崎時代と比べると、
どことなく風格というか
落ち着きのようなものを感じました。
改まった会見の場だった
からかもしれませんがw

チョンテセの動向を
追っていたわけではないので
現時点でどの程度できるのか?
未知数な部分もありますが、
あの体格なら、
前線で競り負けない強さを
期待できそうな感じです。

あと関係ないけど
目の吊り上がり具合が
前にも増してきつくなってる気が。。。

「こんなに(つり目)上がってたっけ?」
って驚きましたw

いずれにせよ、
チョンテセが活躍しないことには
エスパルスの降格は避けられません。

エスパルスが今後
どのようなシステムで試合に臨むのか?
ウタカとチョンテセはマッチするのか?

など未知数な部分もありますが、
エスパルスの勝利のために、
全力を尽くしてほしいと願います。

チョンテセのエスパルスデビューはいつ?


チョンテセが試合に出れるのは
早くても第3節の名古屋戦からだそうです。

できれば第2節の鹿島戦で
新生エスパルスを観たかったですが
間に合わないようです。

試合に出れるまでに
色々とクリアしなければいけないもの
があるみたいですが
チョンテセには、その間に
コンディションを整えて、
大榎監督の戦術を理解し
すぐにでも試合で活躍できるように
準備しておいてもらいたいところです。

チョンテセが
どんなプレーを見せてくれるのか?
楽しみにしたいと思います。

(2015/07/17追記)
地元ニュースで、
チョンテセのデビューは
名古屋戦には間に合わないそうです。

登録手続きが間に合わない
というのが理由だそうですが、
これってやむを得ない遅れなのか?

それともエスパルス関係者の
不手際が招いた結果なのかで、
だいぶ印象が違ってくるんですがね。

後者だったら責任問題でしょ。
1試合でも早く出場させる
最善の努力をしてるのかって言いたくなります。
もし後者なら、ね。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ