(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

エスパルス対新潟戦感想 後々響きそうな痛い引き分け【2nd7節】

エスパルス対新潟戦感想 後々響きそうな痛い引き分け【2nd7節】

Jリーグ2ndステージ7節。
清水エスパルスは15位の新潟と対戦。

降格圏脱出のためにも
新潟には勝っておきたいところでしたが
1-1の引き分けw
後々響きそうな痛い結果となりました。
感想をまとめます。


スポンサーリンク



試合結果の概略


ホームということもあり、
新潟には勝たなければいけない
ということもあり、
序盤からエスパルスは
積極的に攻撃を仕掛けます。

ペースはどちらかといえば清水。
しかし与えたコーナーキックから
長身の指宿洋史にニアサイドで
ヘッドで合わせられ失点。

新潟はシュート1本で1得点。
対するエスパルスは7本位あったけど0点w

チャンスは作るが得点できないエスパルス。
前半は1-0のまま
終了するかと思われましたが
43分にPKを獲得。
これを大前元気が決めて1-1に追いつきます。

前半は1-1で終了。

追いついたエスパルスは
後半追加点を奪いたいところでしたが
前半のオーバーペースが祟ったのか
動きが止まり始めます。

失点こそしなかったものの
得点のチャンスもほとんどなく
このまま1-1で試合終了w

新潟に勝ち点で追いつくチャンスでしたが
それも夢と消えましたw

全体的な感想


負けてたらほぼ降格は確定かな
と思ってましたけど
引き分けでは勝ち点差は縮まらず、
最悪ではないものの
決して喜べない結果となりましたw

下位クラブはすべて負けたため
エスパルスは最下位を脱出しましたけど
勝ち点1の積み上げでは
あってないようなものw

残り10試合あるとはいえ
強豪クラブとの対戦も残しており、
やはりここは勝ち点3を獲りたかった試合でした。

清水は前節負けはしたものの
期待感を感じさせてくれましたが
今日の試合では評価は一転。

大榎体制の時よりは
チャンスを作れるようになっているものの
組み立てはチグハグだし、
FWは孤立する場面が多いし、
中盤のスペースはぽっかり空いちゃうし、
セットプレーから失点しちゃうしと
何歩か後退した感じ。

審判が妨害?


今日の試合では
エスパルスに不運もありました。

これが通ればチャンスという場面で
主審にボールが当たること2回。

審判は石ころ扱いではありますが、
もうちょっとポジション考えてよって
言いたくなりました。

他にもクリアしたボールが
サイドラインを割ったのに
新潟のコーナーキック判定とか、
同点に追いついたPK獲得の場面は
「決定機の妨害」だったので
一発レッドカードでもよかったはず。

主審の裁量とはいえ、
それがイエローで済んだのも
エスパルスにとってはマイナスでしたね。
ホームなのに。。。

さすがのウタカもへばり気味?


これまでエスパルスの得点源として
活躍してくれてたウタカが
今日はボロボロw

今まで抜群のキープ力を誇っていましたが
ボールコントロールはおぼつかず
ドリブルを仕掛ければ相手にひっかけられ
シュートを打てば枠外www

今日の彼のパフォーマンスは
褒められたものじゃないけど
彼に頼り切っていたチームなので
ここへきてさすがにガス欠なのかも?

まあウタカを走らせるような
パスばかり出してたらそりゃバテますけどね。

田坂監督の采配について


まだ2試合目なんで
田坂監督の采配に
評価を下すのは早いけど、
今日のスタメン、ベンチメンバーや
交代枠の使い方は
納得しがたいものがありました。

何らかの理由があるのかもしれないけど

  • DF鎌田の起用(平岡は?)
  • 石毛や村松がベンチ外(特に石毛)
  • 白崎の投入(あまり存在感がない)
  • 村田の投入タイミング(遅いw)

などは
「なんで?」
って思いたくなるものでした。

まあ私が外から見てるだけでは
分からないこともあるんでしょうけどね。

それから村田の投入タイミングは
当初DF平岡を投入しようと
してたようなので
「得点より失点しない選択」
を考えていたみたい。

でも勝たなければいけない試合で
その選択はあまりにも消極的って気もする。

守っても失点する可能性だってあるし、
この試合は最悪引き分けても
残りの試合で勝ち点3とればいい的な
考えがあったとしたら
ちょっと危ないですね。

そもそも計算できるような
チーム状況じゃないんだし
残りの対戦相手を考えても
エスパルスが勝ち点を計算して勝てる相手なんて
いくつあるのって感じでしょ?

そういうチームは
「勝てるときに勝つ」
「勝てそうな相手にはなんとしても勝ちに行く」

のが鉄則だと思うんですけどね。

それでもし負けたら身も蓋もないけど、
「姿勢の問題」だと思うんですよね。

だから交代枠を使うなら
白崎と竹内だったところを
村田と平岡もしくは村田と竹内
って感じのほうが良かった気がします。
(誰と替えるかってのはポジションとの兼ね合いもあるけど)

今日は新潟も後半バタバタしてたし
村田の走力は効果的だったと思います。
ウタカやチョンテセの動きもよくなかったしね。

※チョンテセは
前半のミドルシュートは強烈だったけど
それ以外はあまり見せ場なかったし。

だから残り3分プラスロスタイム4分
って場面での村田の投入は遅すぎ。

結局1本センタリングミスした場面しか
見せ場らしい見せ場がなかったのは残念です。
もうちょっと長い時間プレーさせてほしかったw
スペースも開いてたし。

次節からは苦戦しそう


終わったことは
振り返っても仕方ないけど
次節からしばらくは厳しい相手となりそう。

8節 ガンバ大阪
9節 FC東京
10節 サガン鳥栖
11節 浦和レッズ
12節 サンフレッチェ広島

下手したら
5試合で勝ち点0だってあり得るけど
最低でも勝ち点6とりたいですね。
かなり厳しいと思うけどw

この中だと
FC東京とサガン鳥栖で
勝ちにいかないといけないってことになるのかな?

最悪この5試合のどこかで
降格が(十中八九)決まってしまう可能性だってありますね。

頼みのウタカが疲労蓄積だと
誰が得点するのか全く見当つかないし
どれだけケアしてても失点ははするだろうし。

そんな中でも残留のためには
勝ち点を積み上げなければいけないわけで
番狂わせでも何でも起こしてもらいたいところです。

このまま終わってしまうのか?
最後まで可能性を残してほしいですね。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ