東京オリンピック(Tokyo2020)男子テニス シングルスドローが決定!!錦織圭のメダル獲得可能性は?

東京オリンピック(Tokyo2020)男子テニス シングルスドローが決定!!錦織圭のメダル獲得可能性は?ツアー大会情報

大変な状況下ではありますが、7月23日に東京オリンピック(Tokyo2020)が開会式を迎え開幕します。
一部の競技はすでに始まっていますが、テニスに関してもシングルスのドローが決定したようですので、当記事では男子シングルスについて日本人選手の情報を中心にまとめてみます。



スポンサーリンク

男子シングルスのドロー


ドローサイズ:64(64選手)

東京オリンピック2020男子シングルスドロー
 

試合結果を反映したトーナメント表(※R32以降)


全体のドロー表とは別に、試合結果を反映したトーナメント表をこちらに貼っておきます。
試合日程が進むにつれて結果を反映していきます。
※選手名表記はメディアによって多少異なる可能性があります。
※結果の反映タイミングは管理人の都合に依存します。



シード選手


男子シングルスのシード選手は以下のとおりです。

1 ジョコビッチ(世界ランク1位)
2 メドベージェフ(2位)
3 チチパス(4位)
4 A.ズベレフ(5位)
5 ルブリョフ(7位)
6 カレノブスタ(11位)
7 フルカチ(12位)
8 シュワルツマン(13位)

9 オジェアリアシム(15位)
10 モンフィス(18位)
11 カラツェフ(24位)
12 カチャノフ(25位)
13 ソネゴ(26位)
14 ユンベール(28位)
15 フォニーニ(31位)
16 ダビドビッチフォキナ(35位)

※直前で欠場等により変更される可能性がありますが一旦確定させていただきます。



 

日本人選手の試合日程と結果


日本人選手の試合日程と結果を記載、更新していきます。
※世界ランクは記事作成時点。試合開始時刻は当初の予定で試合の進行状況等により、ズレる可能性があります。

 

西岡良仁(世界ランク55位)


1回戦 カチャノフ(25位)
123
西岡良仁6121
カチャノフ3662

試合結果 ⇒ 西岡良仁はフルセットの末、惜しくも1回戦敗退

 

錦織圭(世界ランク69位)


1回戦 ルブリョフ(7位)
123
錦織圭66/2
ルブリョフ34/0

試合結果 ⇒ 錦織圭はストレート勝ちで2回戦進出!!

 
2回戦 ギロン(64位)
123
錦織圭7(7)362
ギロン6(5)611

試合結果 ⇒ 錦織圭はフルセットの末、勝利して3回戦進出!!

 
3回戦 イワシカ(66位)
123
錦織圭7(9)6/2
イワシカ6(7)0/0

試合結果 ⇒ 錦織圭はストレート勝ちで準々決勝進出(ベスト8)!!

 
準々決勝 ジョコビッチ(1位)
123
錦織圭20/0
ジョコビッチ66/2

試合結果 ⇒ 錦織圭はストレート負けでベスト8まで。残念ながらメダル獲得ならず。

 

ダニエル太郎(世界ランク110位)


1回戦 ソネゴ(26位)
123
ダニエル66(6)6(3)1
ソネゴ47(8)7(7)2

試合結果 ⇒ ダニエル太郎はフルセットの末、惜しくも1回戦敗退

 

杉田祐一(世界ランク114位)


1回戦 フォニーニ(31位)
123
杉田祐一43/0
フォニーニ66/2

試合結果 ⇒ 杉田祐一は0-2で1回戦敗退

 


錦織圭のメダル獲得の可能性は?


前回大会(リオ五輪)で見事銅メダルを獲得した錦織圭。
東京オリンピックでのメダルの可能性はあるでしょうか?

ドローを確認してみると、

1回戦 ルブリョフ
2回戦 ゴンボスまたはギロン
3回戦 モンフィス
準々決勝 ジョコビッチ
準決勝 A.ズベレフ
決勝 メドベージェフ


という想定イメージです。

メダル獲得にはベスト4以上が必要となりますが、初戦のルブリョフがまず大きな壁になりそうですし、ここを勝ちきって進んでいっても準々決勝でジョコビッチとなるのはドロー的には相当厳しいですね。

もちろん錦織がジョコビッチに勝つ可能性がないわけではないですし、ジョコビッチが途中で負けてしまう可能性がないわけでもないのですが、今年の成績を考えれば非現実的な話にも思えます。
 

錦織の今シーズンの成績を考えても、現時点ではメダル獲得の可能性は相当低いと思わざるを得ませんが、リオ大会でもナダルに勝っていますし、地元日本のオリンピックで錦織が覚醒することを期待したいと思います。

 
もちろん錦織以外の日本人3選手にも可能性はありますので、ジャイアントキリングでファンを驚かせてくれることを期待します。

 

最後に


コロナ渦で行われる大会のため、PCR検査の結果によっては直前で出場できなくなる選手が出たり、コンディション調整が難しかったりと選手にとっても戦いにくい大会となるかもしれません。

これまでのツアートーナメントでも同様の感染防止対策が講じられてきたと思いますので、ある程度は慣れている部分もあるかもしれませんが、本来のパフォーマンスを発揮できずに大会を去る選手が出てくるかもしれません。

日本代表の4選手も大変な環境下だとは思いますが、最高のパフォーマンスを発揮して、自身にとって悔いのないオリンピックにしてほしいと思います。

私も可能な範囲でTV観戦・応援したいと思います。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました