(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭ツォンガ戦感想 ベーグルの後の逆転負けは痛い【BNPパリバマスターズ2016】

錦織圭ツォンガ戦感想 ベーグルの後の逆転負けは痛い【BNPパリバマスターズ2016】

BNPパリバマスターズ2016の3回戦で
錦織圭はツォンガと対戦しました。

錦織は第1セットで
ツォンガからベーグルを奪いましたが
結果はフルセットで逆転負けw

この負け方は痛いですねw

感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織ツォンガ戦の試合結果


BNPパリバマスターズ2016の3回戦、
錦織圭対ツォンガ戦の試合結果は以下のとおりです。

選手名 1 2 3 4 5
錦織圭 6 3 6(3) 1
ツォンガ 0 6 7(7) 2

錦織は第1セットを6-0で奪取。

ツォンガを相手に
まさかの「ベーグル」。

さすがにこの展開は予想できませんでしたが
第2セットに入ると形勢が逆転し
ツォンガに逆転負けを喫しました。

 

試合の感想


錦織対ツォンガの試合は
深夜(早朝)4時過ぎに始まったと思います。

私も当初は試合を観ずに寝る予定でしたが
結局最後まで観戦してしまいましたw

 
以下記憶を頼りに感想をまとめてみます。

第1セットは大味なスタート


第1セットはざっくり言ってしまうと、
「大味なスタート」
という感じでした。

ファーストサーブが殆ど入らない錦織と
ストロークミス連発のツォンガ。

どちらもミスが早く、
ポイントが簡単に決まることが多かった気がします。
 

ツォンガがこれほど悪い試合を観たのは初めてでしたが
錦織のデキもおそらく
今シーズンワーストではないかと思ったほどですw

  
ツォンガは元々パワーヒッターではありますが
この試合はいつになくハードヒットしてたような印象で
特に錦織のセカンドサーブに対しては
殆どが強打で叩いてきました。

ストローク戦では分が悪いと見たのか、
早い展開でプレッシャーをかけようと
錦織のセカンドサーブを狙っていったのかもしれません。
(ツォンガのストロークもすごかったですけどw)

 
しかし第1セットは
ミスに繋がることも多く失敗w

他にもダブルフォールトとか
ツォンガらしくない
簡単なストロークミスも出たりして
錦織にあっさりセットを奪われました。

 
お互い調子が悪い感じでしたけど
「より悪かったのがツォンガだった」
というだけで、
錦織のプレーが素晴らしかったわけではありません。
(もちろんいいプレーもありましたが)

 

第2セットでツォンガが変わる


第1セットを6-0と
ベーグルを奪った錦織ですが
試合はそんなに簡単には終わりません。

お互いトップランカー同士の試合ですからねw

 
ツォンガもきっちり修正してきましたね。

第1セットではミスも多かった
セカンドサーブのリターンが決まるようになり、
相変わらず錦織のファーストサーブは入らないw

セカンドを叩かれるのを恐れ、
無理して厳しいセカンドサーブを打ち
ダブルフォールトを連発
という厳しい展開になりました。

錦織も悪いなりに踏ん張っていましたけど
ツォンガはサーブもいいので
なかなかブレークチャンスが来なかったですねw

 

ファイナルセットも錦織が自滅


そしてファイナルセット。

ツォンガは相変わらず攻めの姿勢、
錦織はファーストが入らないためペースを掴めません。

 
それでも先にブレークに成功したのは錦織。

5-3と錦織リードで
迎えた第9ゲーム錦織のサービスゲーム。

ツォンガの攻撃に耐えてポイントを取り
40-15とダブルでマッチポイント。

 
「苦しい試合だったけどこれで勝ったか?」
と私も安心したんですが、
ここでツォンガのショットが
アンラッキーなネットイン。

それでもまだマッチポイントだったんですが、
そこから2連続でダブルフォールトw

結局このゲームを落とし、
その後はお互い譲らずタイブレークに突入。

 
タイブレークはやはりサーブの強い選手が有利。
特にファーストサーブが入らない
今日の錦織にとっては
かなり厳しい状況でした。

結果は嫌な予感が的中し、
ツォンガにとられて敗戦w

やはりマッチポイントの場面で
きっちりと決められなかったことが
最後まで響きましたねw

あそこで勝ちきれていたら
「錦織は最終セットに強い」
と言われる通りの結果になったんですけど。。。

 

最後に


今日のツォンガ戦は
本当に嫌な負け方でしたね。

5勝2敗と分が良かった
ツォンガに負けたということよりも
内容が悪過ぎました。

第1セット終了後にドクターを呼んでいましたし、
試合の途中で足を滑らしたりしてましたので
試合中にどこか痛めた可能性があるかもしれませんが
それにしても「らしくない」試合でした。

前の記事で書いたように
「3回戦が鬼門(壁)」
でしたねw


スイスインドアでは調子が良さそうだったので
今大会の錦織の変わりように驚いていますが
ボールとかサーフェスに対応しきれなかったんでしょうかね?
 

ともあれ、これで錦織にとっては
ATPツアーファイナルを残すだけとなりました。

ケガをしていないことを祈りますが、
コンディション面でも
ファーストサーブの修正など
ツアーファイナルでいい成績を残せるよう
調子を戻してほしいと願います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ