(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織フェデラー戦感想 見せ場作った好ゲーム【ATPツアーファイナル2015】

錦織フェデラー戦感想 見せ場作った好ゲーム【ATPツアーファイナル2015】

ATPツアーファイナル2015のラウンドロビン第3戦。
錦織圭は準決勝進出をかけて
フェデラーと対戦。

フルセットの末惜しくも敗れ
ジョコビッチの結果を待たず
予選敗退が決定しました。

しかし何度も見せ場を作り、
最後に意地を見せた好ゲームでしたね。
感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織フェデラー戦の結果


フェデラーに勝つことが最低条件の錦織。
ジョコビッチをストレートで破った相手にどう戦うのか?
どこまで戦えるのか?
と興味が尽きない試合をTVで観戦しました。

錦織圭   564 1
フェデラー 746 2

試合はフルセットまでもつれ込みましたが
惜しくも最後にブレイクされ、
フェデラーに負けてしまいましたw

この結果、
ジョコビッチの試合結果を待たずに
錦織の予選敗退が決定。
今年のツアーファイナルは終了となりました。

3試合の中ではベストマッチ


ここからは試合を観戦した感想です。

私個人の感想ですが、
錦織は今日の試合が今大会3試合の中でベストマッチでした。

かなり大雑把にそれぞれの試合の感想をまとめると、

1.ジョコビッチ戦は全く歯が立たず、自分のプレーもできず。

2.ベルディヒ戦は勝ったものの、お互いミスも多く自滅戦的な展開でもあった。

3.フェデラー戦は負けたものの、フェデラーのサービスゲームを何度もブレイクし、スーパーショットなど錦織らしさが一番多く出た試合。

という感じですね。

私は以前から、
錦織は最近勝ててなくても
不調だとは思わないと書いてきました。

もちろん小さいレベルでの波はありますが、
今大会に関しても同様に
いい感じでプレーしてたと思ってます。

ただそれが一番わかりやすい形で試合になったのが
今日のフェデラー戦でしたね。

錦織お得意のダウンザラインのエースショットとか
フェデラーに振り回された後のパッシングショットとか、
なかなかこれまでの試合では見れなかったシーンが
盛りだくさんでしたからね。

試合の展開的にも
先にフェデラーにブレイクされてもうだめかと思えば
そこから5ゲーム連取してセットを奪い返したり、
最後こそ百戦錬磨のフェデラーの揺さぶりに屈した感がありますが
正直どちらが勝ってもおかしくない
最後まで見応えのある展開でした。

ファイナルセット第3ゲーム(だったかな?)、
0-40とブレイクチャンスを掴むも
もう1ポイントが奪えずフェデラーにキープされ
逆に第10ゲームでブレイクを許し
そのまま負けてしまったのが悔やまれますw

フェデラーは戦いやすい?


これは錦織本人しかわからないことですけど
私が観てて感じたのは
「錦織ってフェデラーとは戦いやすいのかな?」
ってこと。

よく実力とかランキングとか関係なしに
「毎回好勝負になる相手」
ってのがいますよね?

例えばストロークのテンポ(タイミングが合いやすい)とか、
ショットの質(スピン系、フラット系など)が打ち返しやすいとか
考え方が似ている(からどこに打つのか読み易い)とか

そういう理由で戦いやすい相手ってのは少なからずいるものです。

ストロークプレイヤーは打ち合いになりやすいから
いい勝負しているようには見えるけど、
そういうことだけではないですw

もちろん毎回接戦になるわけじゃないでしょうけど
試合を観てた感じでは
比較的やりやすい相手なんじゃないかなと感じました。

逆にジョコビッチは
あんまり相性が良くないというか
合わなさそう(やり辛そう)という印象でしたねw

ベルディヒは普通?

フェデラーはオールラウンダーで
すべてのショットが美しい
「ミスターパーフェクト」
と呼ばれる選手ですから
すべてが基本に忠実で、
だからこそクセがなくて素直なボールなのかも?
もちろんショットの切れ味は抜群ですけどねw

フェデラー戦は来年に向けて好材料


フェデラーに負けたことで
錦織のATPツアーファイナル2015は
終了(予選敗退)となったわけですが、
フルセットまでもつれる試合ができたことは
来年に向けて好材料だと思います。

一つは錦織本人の自信。
そしてもう一つは
世界のトッププロ(特にビッグ4)に対して
恐怖感を植え付けられたこと。


もしフェデラー戦が
ジョコビッチ戦の様な結果だったら
「錦織はまだまだだな」
「錦織にはまだ負けないな」
などと自信を与えてしまったかも知れません。

また錦織がジョコビッチ戦後のコメントでも言ってたように
「完敗」
「相手のショットが厳しすぎて何もできなかった」
などと相手との差を痛感し、
自信を失ってたかもしれません。

しかし、
錦織が完敗したジョコビッチに勝ったフェデラーを相手に
ここまでの試合ができたことは
自信を取り戻すきっかけになるんじゃないでしょうか?
(単純な三段論法は通用しませんがw)

ビッグ4を超えてトップを目指す上で
今の錦織に足りないものはまだあるでしょうが
現時点の実力も世界のトップレベルと
遜色ないことは十分示せたのではないでしょうか?

2015シーズンは特に後半は
結果がついてこなくて
「錦織不調」とか
「錦織は終わった」とか
そういうコメントも他所で目にしましたけど
私はまだまだこれからだと思ってます。

個人的な希望としては

・1シーズン戦えるだけのフィジカルを身に着けてほしい
・サービスの技術を何とかもう1ステージレベルを上げてほしい


ってのはあるけど、
言われなくても今でも十分トレーニングしているだろうし、
日本人選手が世界の大男たちと戦ってたら
体のどこかがおかしくなるのも仕方ないのかもしれませんけどね。

であれば、
ツアーの参戦スケジュールの組み方を考えるとかね。
参加義務のある大会は仕方ないとしてw

2015年は8位でフィニッシュってことになるのかな?
フェデラーに勝ってたら7位になってた可能性もあるけど。
(フェレールとのポイント差が270Ptで錦織は1勝で200Ptしか獲得できずwしかも昨年は2勝して400Pt獲得してるから200Pt減らすのかw)

来年になればまたランクは変動するだろうし、
ランクを上げていくチャンスはまた来るでしょう。

年内はあとはイベント参加とかが残ってるでしょうけど
リラックスして疲れを癒して下さい。
来シーズンも期待しつつ応援したいと思います。

圭、お疲れさまでしたw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ