(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭は準優勝 ディミトロフは今後注目の選手【ブリスベン国際2017感想】

錦織圭は準優勝 ディミトロフは今後注目の選手【ブリスベン国際2017感想】

ブリスベン国際2017の決勝が終わりました。
錦織は残念ながら準優勝。

優勝したディミトロフは強かったですね。
今後、注目選手の一人になりそうです。

簡単に感想をまとめます。


スポンサーリンク



ブリスベン国際2017 決勝戦の結果


ブリスベン国際2017の決勝戦
の結果は以下のとおりです。

1 2 3 4 5
錦織圭 2 6 3 1
ディミトロフ 6 2 6 2

ブリスベン国際が2017シーズン初戦で
初優勝を目指した錦織圭でしたが、
残念ながらフルセットの末負けてしまいましたw
 

錦織圭の2016年シーズンを振り返るなら。。。



 

錦織にアクシデント?


この試合では
錦織にアクシデント(?)が起こりました。

第1セットを奪われ、
第2セットを奪い返した直後、
錦織がメディカルタイムアウトを要求。

はじめは
「脇腹を痛めたのでは?」
と解説者が言っていましたが
どうやら
「臀部(でんぶ)に違和感」
があったため、
トレーナーを呼んだらしいです。

 
このアクシデントが影響したのかわかりませんが
第3セットを奪われた錦織は準優勝に終わったわけです。

 

沢松奈生子の解説によれば120点の結果


今日放送された「ひるおび」で
沢松奈生子が
「錦織の準優勝は120点の結果」
と解説していました。

「もし優勝してたら60点」とも。

 
一体どういうことかというと、
やはり第2セット途中(もしくは終了時)に
臀部に違和感を感じたのが一つの分岐点で、

「錦織はさらにギアを上げることは出来たが、全豪OPのことを考えて無理をしなかった。」
「メディカルタイムアウトをとり、控室に戻ったことで冷静になれた。」
「もちろん優勝できればベストだったがディミトロフが良すぎた。」
「もし優勝するために無理をしていたら、ケガは悪化していた可能性がある。」


という趣旨の説明をしていました。
(※表現はこのとおりではないですw)

 

錦織は準優勝でも問題ない


この解説を聞くと
「なるほどね」
とは思いますが、
この解説を聞かなくても
私も
「準優勝でも問題ない」
とは思っていました。

 

錦織のプレーは良かった


一つ目の理由は、
錦織のプレーは終始良かったこと。

初戦から試合を観戦しましたが、
決勝までは
「強い時の錦織のプレーができている」
と感じました。
 

そして決勝戦においても同様に
錦織らしいプレーが出来ていたと思います。

第3セットは
メディカルタイムアウトをとった後ですので
錦織は「大事ではない」とコメントしているものの
多少は割り引いて考えてもいいのかなと。

 
そう考えればここまで
全豪オープンと同じサーフェスで
これだけのプレーが出来たことは
本番に向けて明るい材料だと思います。

 

ディミトロフが良すぎた


そしてもう一つの理由は
ディミトロフが良すぎたこと。

 
ディミトロフは
大会参加時点で世界ランク17位。
(※大会終了後に15位に。)

キャリアハイ(自己最高)は
世界ランク8位まで上り詰めた選手です。

そう考えれば
実力的には何ら不思議ではないとも言えますが
過去の対戦では3戦して錦織の3勝
という成績だったにもかかわらず、
今回錦織から初勝利を挙げました。
 

私もディミトロフの試合をしっかり見たのは
おそらく初めてだったかと思いますが、
この日のディミトロフは強かったですねw

サーブは鋭いし、
ストロークも安定していました。

フォアハンドは強烈で
バックハンドはスライスとスピン系を
上手く使い分けてコートの左右に
ボールを上手く散らしていました。

ネットプレーもうまかったですし、
何よりミスが少なかったのが良かったですね。

 
錦織が試合後に
「ミスが少なくポイントを簡単に取れないのでやりづらかった」
というコメントが
すべてを物語っているでしょう。

 
錦織よりも2歳年下の選手ですが
安定して今日のような試合ができるようなら
「今後要注意選手の1人」
と言ってもいいでしょうね。

注目すべき選手だと感じました。
 

最後に


上でも少し触れましたが、
錦織のアクシデントに関しては
「大事ではないので全豪オープンまでには間に合うと思う」
とコメントしているようですから
それほど心配はしなくても良さそうです。

ただし
この後に予定されていた
非公式イベントへの参加はキャンセルしたようです。

 
全豪オープンは5セットマッチですし、
優勝するには7試合に勝たないといけません。

もともと怪我が多い錦織ですので
常に不安はつきまといますが、
今回の臀部の違和感に関しては
完全に直してから全豪に臨んでほしいと願います。

全豪で好成績を収められれば
「ブリスベン国際の結果は準優勝でよかった」
といえますからねw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ