(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

錦織圭 全米オープンまさかの1回戦敗退w【感想】

錦織圭 全米オープンまさかの1回戦敗退w【感想】

錦織圭が全米オープン1回戦で
ペール相手にフルセットの末
まさかの敗退w

正直何が起こったのかわかりませんでしたw
感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織1回戦の結果


錦織圭とブノワペールの試合は、
4-6、6-3、6-4、6-7(6-8)、4-6
セットカウント2-3でブノワペールの勝利。

昨年準優勝の錦織圭は
予想だにしなかった1回戦敗退となってしまいました。

感想は「ただただ信じられない」


今日は全米初日ということで
wowowが無料視聴できたので、
自部屋で観戦してました。

この試合の感想ですが、
「ただただ信じられない」
ということだけです。

簡単に言ってしまえば、
「錦織の調子が悪くてペールが徐々に勢いにノッてしまった」
という印象です。

試合を観ていて、
「これなら負けても仕方がない」
と思うほど相手が強かったという感じでもなく、
錦織も調子が良くなさそうでしたが、
そんなに深刻という程でもないという印象でした。

なによりマッチポイントは
錦織が先に握った
んですからね。

第4セットタイブレークでは
錦織が先にミニブレイクし
6-4リードで錦織のサーブでした。、
(つまりマッチポイント)

しかしこのポイントで
若干雑とも思えるハードヒットが
コートを外しペールがブレイクバックw

今にして思えば、
このポイントを獲れなかったことが
敗戦の最大のポイントでしたね。

その後ペールが3ポイント連取して
最後の最後でひっくり返されました。

ファイナルセットに入ると
ペールがノッてしまった感じで
錦織は調子が上がらないままw

いつもならファイナルセットは強い錦織ですが、
この試合に関してはあてはまりませんでしたw

先にブレイクを許したのは錦織。
いつもなら1ブレイク程度なら
追いつきひっくり返すこともあるんですが、
今日は最後までショットが
噛み合わないまま終わってしまいました。

勢いに乗ったペールの
ファーストサーブが決まり出したのも
錦織がブレイクバックできなかった要因です。

最後のゲームも
ファーストポイントを錦織が獲り、
セカンドポイントも長いラリーで振り回した後
後はコートに入れればポイント
というところでネットw

こういう展開が多かった気がします。
で、気づけば負けてたって感じ。

試合は終始「どんより」


仮面ライダードライブじゃないけど
この試合の錦織は終始「どんより」。

フットワークが重く、
勢いのあるショットも少なかったです。

一方のペールは、
フォアハンドが苦手(?)らしく、
簡単なボールもミスしてましたので、
錦織はフォアハンドを中心に攻めて
ポイントを奪っていました。

また、ペールはドロップショットを多用。
ミスも多かったですが、
動きの重い錦織にとっては
厄介な相手だったのかもしれません。

いつもの錦織なら、
コンディションが悪くても、
悪いなりにじっくりと組立て、
ポイントを獲れるんですが、
ペールは時折一か八かって感じの
叩きこむようなショットを打ってきて
後半はそれが決まるようになってしまいました。
(錦織のセカンドサーブが甘かったのもありますが)

松岡修造が解説で何度も言っていたように
錦織のペースに持ち込めないまま
お互いゲームカウントを積み重ねて
試合が進んでいった感じです。

それでも錦織が
押し切ってしまえばよかったんですが
もつれちゃいましたからねw

こういうどんよりとした試合展開だと、
どちらかノッてしまったほうが強いです。

今日はそれがペールだったということです。

ケガが完治してなかったのか?それとも他に理由が?


ロジャーズカップで敗戦した時は
連戦による疲労から
体に痛みが出たということでしたが
今回はどうだったんでしょうか?

試合後の錦織の会見コメントを
確認してみないと何とも言えませんが、
ケガが完治してなかったんでしょうか?

それとも休養期間をとりすぎたことで
感覚が戻らなかったんでしょうか?

どんな大会でも
初戦の入り方は難しいって言われますけど、
そういうことだったんでしょうか?

個人的には万全の状態で
全米に臨んでくると思っていただけに
そして今年は昨年以上にチャンスがある
と思ってただけに
今日の結果はかなりショックですが、
何かしら理由があったのなら仕方ないかなとも思います。

世界ランクにも影響?


昨年準優勝で1200ポイント獲得した錦織。
今年は1回戦負けで10ポイントしか獲得できませんでした。
その差-1190ポイントw

シティオープン優勝とロジャーズカップベスト4で
860ポイント(500+360)獲得していますが、
それでもマイナスですねw

こうなると全米オープン終了後の
世界ランクにも動きがあるかもしれません。

まあランキングなんて、
常に変動しているわけで、
一瞬だけ観て一喜一憂しても仕方ないですがw

グランドスラムはこれで最後ですが、
サーキットはまだ続きますので、
今後の試合の結果次第では、
今年もツアーファイナル出場は可能だと思います。

それにしても、
昨年ファイナリストで今年は1勝もできず。
正に「天国と地獄」を味わった
全米オープンとなりましたね。

まあプラス思考で考えれば、
来年の全米は勝てば勝つほど
ポイントが加算されるわけなので、
ランキングの面でもメリットあるってことで。。。

たまにはこういうこともあるさ
ってことで割り切るしかないですねw

松岡修造もあまりのショックに
「日本に帰りたい」なんて言ってましたが
一番悔しいのは錦織本人でしょうから。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ