全米オープン2020 女子シングルスの組み合わせドローや賞金等まとめ【大坂なおみ他、日本人4選手出場予定】

全米オープン2020 女子シングルスの組み合わせドローや賞金等まとめ【大坂なおみ他、日本人4選手出場予定】ツアー大会情報

全米オープン2020の女子シングルスについて、組み合わせドローや賞金、シード選手や獲得ポイント、放送予定などの基本情報をまとめていきたいと思います。

2020年大会は女子シングルスに大坂なおみ他、日本人4選手が出場予定です。
(大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲、奈良くるみ)

大会の基本情報等、男子シングルスの記事と重複しそうな部分に関しては省略し、女子シングルス固有の情報を中心にまとめていきたいと思います。



スポンサーリンク

全米オープンについて


全米オープンの大会の開催地等、基本情報については男子シングルスの記事を参照ください。


 

大会の格付け


全米オープンは「グランドスラム」ですので最上位格付けの大会です。

WTAツアー2020カテゴリー格付け(拡大版)ウィキペディアより引用)

 
試合は女子シングルスの場合、3セットマッチで行われます。

なお、他のグランドスラム大会ではファイナルセットはタイブレークがなく2ゲーム差がつくまで続きますが、全米オープンではファイナルセットも6-6の場合はタイブレークで勝敗を決定します。

(追記)
他のグランドスラム大会も2019年頃よりそれぞれルール変更が行われてきており、「2ゲーム差がつくまでエンドレス」という大会はなくなりつつあります。(※詳細割愛)

組み合わせドロー


<ドローサイズ> 128(128選手)

本戦の組み合わせドローが発表されましたので掲載します。
※記事作成時点の情報
※2020年大会は新型コロナの影響により予選は行わず本戦のみとなっています。

 
・女子シングルストップハーフドロー表

全米オープン2020女子シングルスドロー仮(トップハーフ)  

・女子シングルスボトムハーフドロー表

全米オープン2020女子シングルスドロー仮(ボトムハーフ)
 
本戦出場予定の日本人選手は4名です。

ドローに沿って上から見ていくと、まずはトップハーフから。
大坂なおみ(10位)が第4シードで33番枠に入りました。
そしてそのすぐ下、34番枠に土居美咲(78位)が入り、1回戦は大坂なおみとの日本人対決が実現しました。

次にボトムハーフ。
奈良くるみ(142位)が76番枠、日比野菜緒(74位)が79番枠となっています。

※今後、直前になって欠場選手が出るなどドローが変更になる可能性がありますが、当記事では原則として記事作成時点の情報までの対応とさせていただきます。
※世界ランクは8/24付


 
なお、ベスト32が確定した段階で改めて別記事にてトーナメント表を作成し、簡単な振り返り感想をまとめたいと思っています。
(※体調に問題がなければ、ですが)


シード選手の位置関係


シード選手32名の位置関係をトーナメント表形式にしてみました。
なお全米オープンではシード選手も1回戦から戦います。

全米オープン2020女子シングルスシードの位置関係

シード選手は32名です。

1.Ka.プリスコバ(世界ランク3位)
2.ケニン(4位)
3.S.ウィリアムズ(9位)
4.大坂なおみ(10位)
5.サバレンカ(11位)
6.クビトバ(12位)
7.キーズ(13位)
8.マルティッチ(14位)

9.コンタ(15位)
10.ムグルサ(16位)
11.リバキナ(17位)
12.ボンドロウソバ(18位)
13.リスク(19位)
14.コンタベイト(20位)
15.サッカリ(21位)
16.メルテンス(22位)

17.ケルバー(23位)
18.ベキッチ(24位)
19.ヤストレムスカ(25位)
20.ムホバ(26位)
21.アレクサンドロワ(27位)
22.アニシモバ(28位)
23.プティンツェワ(33位)
24.リネッテ(35位)

25.ジャンシューアイ(36位)
26.スティーブンス(37位)
27.ジャバー(39位)
28.ブラディ(40位)
29.クデルメトバ(41位)
30.ムラデノビッチ(43位)
31.セバストワ(44位)
32.ピーターソン(49位)

※記事作成時点ではガルシアも世界ランキング上は並んで49位となっていましたが、今大会ドロー表ではノーシードなので割愛します。
※世界ランクはドロー作成時点のもの

今回は新型コロナの影響で、男子以上に上位ランキングの選手の欠場が目立ちますね。

欠場理由はコロナに限りませんが、ランキング上位ではバーティ(1位)、ハレプ(2位)、スビトリナ(5位)、前回優勝のアンドリースク(6位)、ベルテンス(7位)、ベンチッチ(8位)などの選手が欠場となっています。

 

日本人選手の試合開始予定日時と結果


こちらに日本人選手の試合開始予定日時(※日本時間)および試合結果を追記していきます。
(※試合予定日時は確認でき次第更新予定)
(※予定情報は確認時点のものですが、天候や試合の進行状況により逐次変更される可能性があります。)
 

大坂なおみ


・1回戦 土居美咲(世界ランク78位)
123
大坂なおみ6562
土居美咲2721

試合結果 ⇒ フルセットの末、大坂なおみが勝利
 

・2回戦 カミラ・ジョルジ(世界ランク74位)
123
大坂なおみ662
ジョルジ120

試合結果 ⇒ 大坂なおみは見事ストレート勝ち!! 
 

・3回戦 マルタ・コスチュク(世界ランク137位)
123
大坂なおみ66(4)62
コスチュク37(7)21

試合結果 ⇒ 大坂なおみはフルセットの末、2-1で勝利!! 
 

・4回戦 アネット・コンタベイト(世界ランク21位)
123
大坂なおみ662
コンタベイト340

試合結果 ⇒ 大坂なおみが見事ストレート勝ち!!
 

・準々決勝 シェルビー・ロジャース(世界ランク93位)
123
大坂なおみ662
ロジャース340

試合結果 ⇒ 大坂なおみが見事ストレート勝ち!!
 

・準決勝 ジェニファー・ブラディ(世界ランク41位)
123
大坂なおみ7(7)362
ブラディ6(1)631

試合結果 ⇒ 大坂なおみはフルセットの末、見事勝利!!


clr_br('')  

・決勝 ビクトリア・アザレンカ(世界ランク27位)

123
大坂なおみ1662
アザレンカ6331

試合結果 ⇒ フルセットの末、大坂なおみが逆転で2度目の全米オープン優勝!!


clr_br('')  

土居美咲


・1回戦 大坂なおみ(世界ランク10位)

※大坂なおみと対戦のため割愛

試合結果 ⇒ フルセットの末、惜しくも大阪なおみに負け

 

日比野菜緒


・1回戦 ガルビネ・ムグルサ(世界ランク16位)
123
日比野菜緒440
ムグルサ662

試合結果 ⇒ 残念ながら日比野はムグルサにストレート負け。
 

奈良くるみ


・1回戦 パトリシアマリア・ティグ(世界ランク86位)
123
奈良くるみ100
ティグ662

試合結果 ⇒ 奈良は残念ながらティグにストレート負け
 
 


獲得ポイント


全米オープンはグランドスラム大会のため、獲得ポイントは優勝で2000ポイントになります。
※ポイント体系が男子とは若干異なります

優勝 2,000Pt
準優勝 1,300Pt
ベスト4 780Pt
ベスト8 430Pt
ベスト16 240Pt
3回戦 130Pt
2回戦 70Pt
1回戦 10Pt

※予選Rを戦った選手は結果によって最大40Pt。
本戦で得たポイントに加算される。
※2020年大会は予選なしで本戦のみ

獲得ポイントはグランドスラム大会すべて同じです。

 

賞金


全米オープン2020の賞金は以下のとおりです。

 
※賞金は男女同額
※記事作成時の為替レートを参考に1ドル=105円で計算

女子シングルスの賞金

優勝 3,000,000ドル(約3億1,500万円)
準優勝 1,500,000ドル(約1億5,750万円)
ベスト4 800,000ドル(約8,400万円)
ベスト8 425,000ドル(約4,463万円)
ベスト16 250,000ドル(約2,625万円)
3回戦 163,000ドル(約1,712万円)
2回戦 100,000ドル(約1,050万円)
1回戦 61,000ドル(約641万円)

例年でいえば全米オープンは他のグランドスラム大会と比べても賞金額が高い大会となっています。

ただし2020年大会は新型コロナの影響を受けた形になったようです。
昨年と比較すると、優勝賞金は85万ドルの減額。

ただしステージによって状況が異なります。
1回戦は3000ドル増額され、2回戦、3回戦は同額。
3回戦から上は程度の差はありますが、減額となっています。
(※前年比)

 
なお賞金額は、日本円換算にすると為替レートの関係で減少することもありますが、一般的に現地通貨ベースでは前年より増額されるケースがほとんどです。
またグランドスラムに限らず、格付けが同じなら賞金額も同じというわけではありません。

 

歴代優勝者


ここ数年の歴代優勝者(女子シングルスのみ)は以下のとおりです。

2004年 クズネツォワ(ロシア)
2005年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2006年 マリア・シャラポワ(ロシア)
2007年 ジャスティン・エニン(ベルギー)
2008年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2009年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2010年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2011年 サマンサ・ストーサー(オーストラリア)
2012年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2013年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2014年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2015年 フラビア・ペンネッタ(イタリア)
2016年 アンゲリク・ケルバー(ドイツ)
2017年 スローン・スティーブンス(アメリカ)
2018年 大坂なおみ(日本)
2019年 ビアンカ・アンドレースク(カナダ)
2020年 ?

ここ数年では、クライシュテルスとセリーナウィリアムズが複数回優勝していますが、その他は毎回優勝者が替わっています。

2020年大会も昨年優勝者のアンドレースクが欠場しましたので、連覇はありません。
簡単ではないでしょうが、どの選手にも優勝するチャンスはありそうです。

 

TV中継・放送予定


地上波:なし

BS:wowow(テニスページ)

全米オープンはグランドスラム大会ということで女子の試合もwowowで独占生中継されます。
wowowなので大会期間中は試合がある限り、ほぼ1日中放送されると思います。

また大会初日に関しては無料放送されますので会員でない方も視聴可能です。

(2020.09.01追記訂正)
今回は初日も無料放送はないみたいですね。
登録していないTVで無料放送で観戦しようとしたらできなくて気付きました。

日本とアメリカニューヨークの時差は約13時間(※サマータイム中)です。
いつものことですが、見たい試合の開始時間が気になるところですね。

 
参考情報ですが、wowowに契約しているとwowowオンデマンドが利用できます。
(利用の際は最初に登録設定が必要)

オンデマンドでは複数の中継チャンネルが用意されており、TVでは放送されない試合も視聴可能になりますので選択の幅が広がります。
TVでは日本人選手の試合を中心に中継されると思いますが、他の選手の試合を見たい場合などはオンデマンドを利用するといいですよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

大坂なおみの過去の成績


全米オープンにおける大坂なおみの過去の成績(実績)についてまとめてみます。

2016年 3回戦敗退
2017年 3回戦敗退
2018年 優勝
2019年 4回戦敗退
2020年 ?

大坂なおみにとってはグランドスラム初優勝を飾った大会です。

成績はまだまだ安定しているとは言い難いですが、ボールや立地、コートサーフェス等の条件については特に問題ないと思います。
 
 

今大会の見どころ


全米オープン2020年大会女子シングルスの個人的な見どころを挙げてみます。

 

大坂なおみの左太もものケガは問題ない?


大坂なおみは前哨戦となるウエスタン&サザンオープンで準優勝。

黒人差別問題による準決勝ボイコット発言などのアクシデントもありましたが、準決勝棄権が撤回され試合にも勝利して決勝進出を決めました。
しかし、準決勝で左太ももを痛めたようで、決勝戦は試合前に棄権を発表したため残念ながら準優勝となりました。

 
全米オープンを見据えた棄権だとは思いますが、やはりケガの状態が気になるところです。

1回戦は土居美咲との日本人対決となりますが、優勝を目指すとなれば7試合の長丁場になりますし、筋肉系のトラブルは短時間では治らないことも多いので、状況によっては悪い知らせを聞くことになってしまう可能性もありますね。

ひとまずは怪我の影響がないことを祈りたいと思います。

 

日本人選手の活躍に期待


大坂なおみ以外の日本人選手の活躍にも当然期待したいところです。

今年は4選手が出場しますね。

土居美咲は大坂なおみとの対戦。
日比野菜緒はムグルサ、奈良くるみはティグとの対戦になりますが対戦カードとしてもなかなか面白いカードになったと思います。

 
一戦一戦が勝負なるかとは思いますが、チャンスはあるとおもいますので活躍を期待したいと思います。

 

最後に


以上全米オープンについて、女子シングルスの基本情報を調べてまとめました。
 

女子の試合もなかなか面白そうですから男子と合わせて観戦したいと思います。
グランドスラム大会ぐらいしか観戦できる機会がないですからね。

日本人選手が活躍して、盛り上がるといいですね。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました