(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

バルセロナオープン2018 ドロー、放送予定、賞金等まとめ【錦織圭 杉田祐一が出場】

バルセロナオープン2018 ドロー、放送予定、賞金等まとめ【錦織圭 杉田祐一が出場】

モンテカルロマスターズ2018は錦織圭が準優勝と健闘して盛り上がりましたね。

すぐさまバルセロナオープン2018が始まりますので、ドロー表や放送予定、賞金額やシード選手などについてまとめてみたいと思います。

今年は錦織圭と杉田祐一が出場予定です。

※昨年書いた記事をベースに2018年の情報に更新しました。


スポンサーリンク



バルセロナオープンについて


バルセロナオープンは、スペインのバルセロナで行われるツアートーナメント大会です。

正式名称はバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
(Barcelona Open Banc Sabadell)
 
1953年から開催されて2012年に60回目を迎えた歴史ある大会です。

 
会場はレアル・クラブ・デ・テニス(Real Club de Tenis Barcelona 1899)。
コートサーフェスはクレーコートで、全仏オープンに向けた前哨戦の一つになっています。

2018年大会の本戦開催期間は現地カレンダーで4/23~29となっています。
 

(リンク)
バルセロナオープン2018 公式サイト

※英語表記のページにリンクさせています。

大会の格付け


バルセロナオープンの格付けはATP500になります。
 

ATP格付け
 
試合ルールは男子シングルスは3セットマッチ。

全てのセットで6-6となった場合はタイブレーク。

 

組み合わせドロー


<ドローサイズ> 64(48選手)

本戦の組み合わせドロー表は以下のとおりです。
(※予選通過者を反映した確定版に差し替えました。)
 

・ドロー表
 

ドロー抽選時の錦織圭は世界ランク36位。
第14シードで8番枠に入りました。

また杉田祐一が5番枠に入ったため、2回戦に進むと錦織と対戦することになります。


 
今大会に出場する日本人選手は2名です。

 

シード選手の位置関係


シード選手の位置関係は以下の通りになります。

 
 


今大会のシード選手


今大会のシード選手は16名で全員が2回戦からの登場となります。
 

シード選手は以下のとおりです。
(※世界ランキングはドロー作成時の順位)

1.ナダル(世界ランク1位)
2.ディミトロフ(5位)
3.ティエム(7位)
4.ゴフィン(10位)
5.カレノブスタ(12位)
6.ジョコビッチ(13位)
7.シュワルツマン(15位)
8.バウティスタ・アグート(16位)

9.チョン・ヒョン(19位) ※直前で欠場
10.ラモス・ビノラス(24位)
11.マナリノ(26位)
12.ロペス(30位)
13.ルブリョフ(33位) ※直前で欠場
14.錦織圭(36位)
15.ベルダスコ(37位) ※直前で欠場
16.カチャノフ(38位)

ベスト32以降の日本語版トーナメント表


表示サイズの都合上、ベスト32以降の日本語版トーナメント表をここに貼って結果を反映していきます。
※直前でシード選手が欠場したため一部選手が変更になっています。(※LL)
 


※更新のタイミングは管理人の都合に依存します。
※選手名表記はスポーツナビを参考にこちらで判断して表記していますがメディアによっては異なる場合があります。


 

日本人選手の試合結果


日本人選手の試合結果をまとめていきます。

 

1回戦


1 2 3 4 5
杉田祐一 6(5) 6(5) / 0
ガルシアロペス 7(7) 7(7) / 2

(試合結果) ⇒ 再三の粘りも及ばず杉田は0-2でストレート負け

 

2回戦


1 2 3 4 5
錦織圭 3 0 / 0
ガルシアロペス 6 0 / 1

(試合結果) ⇒ 錦織は0-1となった後、途中棄権により敗退

 

獲得ポイント


バルセロナオープンはATP500なので、優勝すると獲得ポイントは500ポイントです。

優勝 500Pt
準優勝 300Pt
ベスト4 180Pt
ベスト8 90Pt
3回戦 45Pt
2回戦 20Pt
1回戦 0Pt

※予選Rを戦った選手は別途ポイント獲得の可能性あり。(※割愛)

賞金


バルセロナオープン2018の賞金は以下のとおりです。

 
大会全体の賞金総額 2,794,220ユーロ(約3億6,884万円)
※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=132円で計算

男子シングルスの賞金

優勝 501,700ユーロ(約6,622万円)
準優勝 245,940ユーロ(約3,246万円)
ベスト4 123,780ユーロ(約1,634万円)
ベスト8 62,945ユーロ(約831万円)
3回戦 32,690ユーロ(約432万円)
2回戦 17,240ユーロ(約228万円)
1回戦 9,310ユーロ(約123万円)
※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=132円で計算

バルセロナオープンの歴代優勝者


ここ最近の歴代優勝者(※男子シングルスのみ)は以下のとおりです。

2005年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2006年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2007年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2008年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2009年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2010年 フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)
2011年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2012年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2013年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2014年 錦織圭(日本)
2015年 錦織圭(日本)
2016年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2017年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2018年 ?

モンテカルロ・マスターズもそうでしたが、バルセロナオープンもナダルの独壇場ですね。
ほぼナダルが優勝ですから。

錦織も2連覇と健闘していますが。。。
 

TV中継・放送予定


地上波:なし

BS:BS朝日(ATP500のページ

CS:GAORA

バルセロナオープンはATP500ということでBS朝日とGAORAで中継されます。

記事作成時にBS朝日のHPを確認してみましたが、相変わらず錦織しか見ていないようで「錦織圭選手 出場試合を放送」と書かれていました。

杉田祐一の1回戦は放送しないんでしょうかね?

 
この他、テレビ配信ではないですがPC・スマホなどで視聴可能なwowowオンデマンドにてバルセロナオープン2018がライブ配信されます。

wowowから「ATPワールドツアー合計32大会のオンデマンド限定配信」が発表されましたので、今後もATPツアーを確実に見たいとお考えの方は有料会員登録しておいたほうが良いかもしれませんね。
(※有料会員以外でも視聴できるよう無料配信される可能性あり)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 


参考まで、バルセロナと日本の時差は約7時間です。
(※サマータイム中の時差になります)

日本のほうが進んでいますので現地時間にプラス7時間すれば日本時間がわかります。

念の為、毎日の放送有無や放送予定時刻等、詳細情報に関してはテレビ番組表や上記サイトにてご確認下さい。 

 
また、錦織圭の試合開始予定時刻を確認したい場合は以下の記事を参考にして下さい。


錦織圭の過去の成績


バルセロナオープンにおける錦織圭の過去の成績(実績)についてまとめてみます。

2011年 3回戦敗退
2012年 ベスト8(※途中棄権)
2013年 3回戦敗退
2014年 優勝
2015年 優勝
2016年 準優勝
2017年 欠場
2018年 2回戦敗退(※途中棄権)

錦織圭も2連覇に加え、2016年は準優勝という相性の良い大会と言っていいでしょう。
しかしながら今回はドロー運が良くないというか厳しいポジションになっちゃいましたね。

 

今大会の見どころ


バルセロナオープン2018の見どころを挙げてみます。

 

ナダルはクレーなら負けない?


ここ数年の歴代優勝者を見てもナダルの実績がずば抜けています。

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018でも、ツアー復帰戦ながら決勝で錦織を圧倒して大会3連覇(大会通算11度目の優勝)していますしクレーではナダルが負ける姿を想像できませんw

とはいえ、疲労やケガなどによる予想外のアクシデントが起きないとも限りませんから、ナダルが中心になるのは間違いないと思いつつも、違った展開も想定しながら観戦していきたいと思います。

 
クレーでナダルに勝つ選手は現れるのか?
現れるとすれば誰なのか?

という点も興味ありますしね。

 

錦織は今回は厳しい?


次に錦織圭です。

モンテカルロ・マスターズ2018ではノーシードから苦戦しながらも決勝まで勝ち進み準優勝しました。

決勝でナダルには完敗しましたが、準決勝のA.ズベレフ戦を筆頭に本来の錦織らしい素晴らしいプレーを何度も見せてくれたように感じます。

もともとクレーコートは錦織にとってやりやすいサーフェスだと思いますが、それを踏まえてもだいぶ調子を上げてきているようには感じました。

 
ここで更に勢いをつけたかったところですが、今回はドロー運が最悪です。

1回戦はシードで不戦勝ながら、2回戦では杉田祐一との「日本人対決」の可能性があります。
ここを勝ち抜けたとしても3回戦でまたナダルですw
 

戦ってみなければ結果はわからないものの、10回試合をやったら9回以上ナダルが勝つと思えるほどナダルは強いので、3回戦が一つのノルマと考えていいのではないでしょうか?
もちろん勝てれば最高ですけど。

もしナダルと対戦することになったら、モンテカルロ・マスターズ以上の接戦を期待したいです。

 

杉田祐一は錦織戦がノルマ


他にも気になる選手はいますが、最後は杉田祐一です。

昨シーズン大活躍した杉田祐一ですが、今シーズンは苦戦している気がします。
まあ昨年が素晴らしすぎたんですけどね。

それでもATP500格付けの大会に本戦ストレートイン出来るところにいるんですから凄いです。
そのメリットを生かしてほしいですね。
 

今大会は幸か不幸か錦織のヤマに入りました。
1回戦でガルシアロペスに勝てば、ATP500格付けの公式戦で錦織圭との対戦が実現します。

そうなれば必ずどちらかが3回戦に進むわけですし、さらにほぼナダルと対戦することになるというのは観ている方からすると楽しみではあります。

錦織はもちろん、杉田にとっても滅多にないチャンスでしょうから、まずは1回戦になんとしても勝ってほしいですね。
個人的には杉田の今大会のノルマは2回戦進出です。

 

最後に


以上、バルセロナオープン2018のドロー表や賞金、放送予定などについてまとめました。
 

錦織はモンテカルロでタフな試合が続きましたから疲労の蓄積が心配ですけど、ケガには気をつけてナダルとの再戦を実現させてほしいです。
杉田祐一も応援していますけど直接対決になったら錦織を応援しちゃいますかね。。。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ