(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ジョコビッチが3回戦で負けた!!サムクエリーが大金星【ウィンブルドン2016】

ジョコビッチが3回戦で負けた!!サムクエリーが大金星【ウィンブルドン2016】

雨で何度も中断した
ウィンブルドン2016の3回戦。

ジョコビッチ対サムクエリー
の試合もついに決着し
ジョコビッチが負けましたw

サムクエリーにとっては
大金星と言っていい勝利ですねw


スポンサーリンク



ジョコビッチ対サムクエリーの試合結果


ジョコビッチとサムクエリーの
試合結果は以下のとおりです。

サムクエリー 7(8)637(7) 3
ジョコビッチ 6(6)166(5) 1

いきなりジョコビッチが2セットダウン
と驚きの展開となった試合ですが、
度重なる雨天中断を経て、
ついに決着しました。

第3セットを奪い
反撃の狼煙(のろし)を上げたかに思えたジョコビッチでしたが、
第4セットは先にブレークするも
ブレークバックされてタイブレークへ。

タイブレークでも
先にミニブレークしたものの
最終的にリードを許したのはジョコビッチ。

最後もジョコビッチのストロークがアウトし
ゲームセットとなりました。

ちなみにサムクエリーが
ジョコビッチに勝ったのは
10戦して今回で2度目。

2012年10月のパリ大会(ATP1000)2回戦で
ジョコビッチを0-6 7-6(5) 6-4で破って以来の勝利です。
(※ジョコビッチからベーグル奪ってるんですねw)


ジョコビッチ7年ぶりの記録


いやあ、
ジョコビッチが負けてしまいましたw

ジョコビッチが4回戦に進めなかったのは
なんと7年ぶりの記録
になるんだそうです。

まあ最近のジョコビッチといえば
出れば優勝、最悪でも決勝進出がデフォルト

っていうくらい、
ケガなどのアクシデントでもない限り
ほぼ負けないってのが常識でしたからね。

3回戦なんてところで負けるとは
誰もが予想していなかったと思います。

昨日は雨による中断で、
「これはジョコビッチにとって恵みの雨になるかも?」
と感じましたし、
今日第3セットを取った時には
「やっぱりジョコビッチが勝つ流れになっちゃうよなあ」
と思ったんですけどね。

そこから一気にマクる事はできませんでしたねw

今日のジョコビッチは悪かった


私は昨日の第1、第2セットは観ていません。

そして今日も、
第3セットは観ておらず、
スコアを公式サイトでチェックしていただけ。

で、第4セットから
wowowオンデマンドで
試合を観戦していました。

観ていた部分だけで言えば
今日のジョコビッチは悪かったと感じました。

ここ最近でも
ワースト3に入るんじゃないか?
くらいの出来という感じです。

(セットを)リードされてたから
というのもあるでしょうが
どことなくショットも置きに行ってる印象を受けましたし、
いつもの安定感がなかった気がします。

もしかしたら
どこかしらケガをしてたのかもしれませんし
芝のコートが雨の影響で滑りやすくなっていて
ジョコにはやりづらかったとか
何らかの理由があったのかもしれませんが。。。

第3セットを取り返していたので、
「雨で順延したことで息を吹き返したか?」
とジョコビッチが調子を取り戻したのか
と思っていただけに
やはり負けが決まってみると驚きは隠せないです。

サムクエリーも良くはなかった


一方のサムクエリーですが、
ジョコビッチよりも良かったのか?
というと、
私はそうは思いませんでした。

ジョコビッチに負けず劣らず
決して良い状態とはいえない
かなと。

たしかにサービスはビッグサーバーレベルで
サービスエースを連発していましたが、
ストローク戦になると、
イージーミスも多かったです。

昨日2セットを奪った時の出来は知りませんが、
正直な話、
「クエリーの状態が良くなかったから
第4セットのタイブレークまでもつれた」

という印象です。

仮に錦織が今日のジョコビッチと戦ったら
あっさりセットをとって
早々に勝負を決めていただろうと思うほどです。
(なかなかジョコに勝てない錦織ですら、という意味)

全仏優勝の余波?


ジョコビッチの状態がこんなに悪かったのは
久しぶりというか珍しいことですが、
原因は何だったのか?
気になりますね。

上で書いたように
ケガでもしていたのか?
コンディションの調整失敗か?
それとも他に何かあったのか?

試合後のコメントも確認してみたいところです。
(情報を拾えるかわかりませんが、確認できたら追記しますw)

(2016/07/03追記)
ジョコビッチのコメント記事を見つけましたので引用させていただきます。

「彼(クエリー)に力負けしてしまった。」

「僕は物事を前向きにとらえるタイプなんだ。4大会連続でグランドスラムのタイトルを獲得した。失敗ではなく、その点に注目したい」

「これが初めての敗戦というわけではない。グランドスラムでも、ほかのどの試合でもね。だからこれから何をすべきなのかわかっている」

「もちろん残念だ。グランドスラムで負けるのは、ほかのどの大会で負けるよりも悔しい。それは間違いない。負けてうれしいはずがない。だけど、これをきっかけに前進し、もっと強い選手になりたい」

「4つのグランドスラムをそろえられたのは、信じられない気持ちだった。だけどウィンブルドンに向けて、もう一度その気持ちを高める難しさを感じていた」

「この大会の重要性はとても大きいから、ベストを尽くそうと思わない選手などいない。だけど、今年の僕のベストでは不十分であることは明白だった」

「ただ、相手の勝利にケチをつけるようなことはしたくない。彼は素晴らしい試合をした。サーブがとても良かったし、彼のテニスは強烈だった。単純に相手の方が上だった」

以上Yahooニュースより引用(※順不同)


また本人のコメントではないですが、
全仏オープンを終えてから
精神的、肉体的な疲労が抜けきらなかった
ことが敗因の一つと見られているようです。


この試合でジョコビッチは
第4セット5-4リードの場面で
ブレークバックを許しています。

このゲームではミスジャッジだった判定が2本あり、
チャレンジ権利が残っていなかったために
異議申し立てができず、
それが原因で第4セットをとれなかった
という記事もありました。
(当然ジョコは、そんなことを言い訳にはしていませんが)


ジョコビッチは全仏オープン後、
芝の前哨戦に出場せずに
ウィンブルドンに直行しています。

この調整方法については
昨年もそうしていたようなので
これが失敗だったとは言いにくいですねw

あと考えられるのは、
生涯グランドスラムロス?
全仏ロス?

どう表現していいのかわかりませんが、
全仏オープンで優勝し、
生涯グランドスラムを達成してしまったが故の
「緊張感の緩み」
みたいなものがあったんでしょうか?

勝っても負けても気になる


不思議なもので
ジョコビッチが勝ち続ければ
「またジョコビッチか」
と面白くない感じの感想になりがちですが、
負けたら負けたで
「何があったのか?」
なんて心配になっちゃいます。

過去の世界ランク1位選手だって
トーナメントの序盤で姿を消すなんてことは
たまにはあるはずなんですが
今までのジョコビッチが異常すぎて
決勝まで進まないと大事件ですからねw

まあ今回の負けが
ジョコビッチ時代の終焉を告げるものとは思えない
またすぐにいつものジョコビッチに戻るでしょうから
そんなに心配はいらないとは思いますが。。。

むしろ時々こういう負け方があるくらいが
かわいげがあって丁度いいのかも?

上を狙う錦織にとっても
何回かに1回はチャンスが来るかもしれないし。
(ジョコに勝つチャンス、あるいはジョコが誰かに負けて勝ち上がりやすくなるチャンス)

最後に


ということで、
しばらくは大ニュースとなるほどの
「ジョコビッチ3回戦負け」
ですが
次の大きな大会が始まれば
みんな忘れちゃうでしょう。

逆に言えば錦織にとって
今回はチャンスが来たと言えなくもないです。
(その前の壁がまだいくつもありますがw)

次のチリッチ戦からは厳しくなりますが
頑張って勝ち上がって欲しいですねw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ