(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ジョコビッチが0-6喫す!!他珍事続出【BNLイタリア国際3回戦】

ジョコビッチが0-6喫す!!他珍事続出【BNLイタリア国際3回戦】

現在開催中のBNLイタリア国際。
昨日3回戦が行われましたが、
ジョコビッチがベルッシに0-6を喫すなど
珍事が続出した日となりました。

感想をまとめます。


スポンサーリンク



錦織はガスケに連勝


前大会のマドリード・オープンに続き
錦織圭対ガスケの対戦となりました。

試合結果は6-1、6-4で錦織の勝利。
対ガスケ戦6連敗の後の2連勝で
準々決勝進出を決めました。

私はTVで試合を観戦しましたが、
この日の錦織は強かったですね。

2回戦で試合途中に薬を飲むなど
連戦による体調不良も心配していましたが
日程的に1日休息を取れたことで
疲労も回復したみたいですw

これで今大会もベスト8以上が確定。
最近の錦織は
安定した成績を残せているので
その点は評価できますねw

あとはマスターズ以上の大会での
タイトルが欲しいところですが。

ジョコビッチがベルッシに0-6を喫す


錦織は順当に(?)勝利したものの
この日の3回戦は色々なことが起きました。

まずジョコビッチがベルッシに
第1セットを6-0でとられるという事件。

ベルッシは世界ランク37位のブラジル人選手。
今シーズンの成績も7勝13敗と
そこまで強い選手とはいえません。

そのベルッシが世界ランク1位のジョコビッチを
6-0で完封しちゃったんですから大ニュースですw

6-0ということは、
ジョコビッチは自分のサービスゲームを
3回連続でブレークされたということです。
これは正直信じられない出来事です。

テニスの試合では
実力が拮抗している選手同士の試合でも
6-1とか6-2になることは結構ありますが
6-0というのは滅多に見られません。

実力差のある選手同士の試合だったら
アマチュアの試合なんかでも良くありますけどね。

しかもジョコビッチが6-0でとったのではなく
取られたんですからなおさらです。

TV中継がなかったので
この試合の様子は観戦できませんでしたが、
どんな試合だったのか観たかったですねw

考えられるのは
・ジョコビッチの調子が相当悪かった
・ベルッシのプレーが相当良かった

のどちらかってことになるんでしょうかね?

はじめにこのスコアを見た時、
以前あったように、
「試合中に体調不良とかアクシデントでもあったのか?」
なんてことも考えたんですが、
その後も試合は続き、
結果的にはジョコビッチが逆転勝ちしていますから
そういうことでもなかったみたいです。

しかしまあ、
こんな屈辱的なセットの取られ方をしても
しっかり逆転勝ちしてしまうジョコビッチは
さすがというところでしょうか?

6-0は「6タコ」?「ベーグル」?


余談になりますが、
テニスの試合で6-0のスコアになると、
私がやってた頃は
「6タコ」とか「ダンゴ」とか言ってました。

6-0というスコアでセットを失うことは
選手にとっては屈辱的で、
同じセットを失うにしても
0-6と1-6以上では心情は大きく違います。

私なんかも
勝てそうにない相手だったとしても、
「最低でも1ゲームは必ずとってやる」
と0-6になることだけは絶対に回避しようとしたものですw

で、今回のジョコビッチの0-6について
世間の反応や感想をチェックしようと
ツイッターを見てみたんですが、
「ジョコビッチがベーグル焼かれてる」
みたいな感じで
「ベーグル」
という言葉がよく使われてました。

「6タコ、ダンゴ」というのはもう古くて
最近では「ベーグル」って言うんでしょうかね?
私は初耳でしたのでちょっと驚きましたw

ベルディヒが連続ベーグル


ジョコビッチの試合だけでも驚きでしたが、
更にそれを超えるかもしれない衝撃のスコアがwww

第8シードのベルディヒ(ベルディハ)が
第12シードのダビド・ゴフィンと対戦し、
0-6、0-6のストレート負けw

なんと12ゲーム連続で
ゴフィンがとり
まさに完全勝利で試合を決めましたw

「連続ベーグル」
「ダブルベーグル」

とでも言うべきスコアでしょうか?

ジョコビッチの0-6も見た記憶が無いですが、
シード選手同士の試合で、
6-0,6-0というのもおそらく見たことが無いですね。

ベルディヒにしてみれば
こんなに屈辱的なことはないでしょうけど
珍事というものは滅多に見れないのに、
出る時は同じ時期に重なったりするから不思議ですw

(同日追記)
見落としていましたが、
この日はマレーもシャルディー相手に第1セットを6-0でとってましたw

この日は他にも波乱が


珍事といえば上述の2つになりますが、
この日は波乱もありました。

フェデラーがティエムに負けた


錦織の次の対戦相手と予想していた
第3シードのフェデラーが
第13シードのドミニク・ティエムに
6-7(2-7)、4-6でストレート負け。

休養から開けたばかりで
まだコンディションが良くなかったものの
それでも負けたのは驚きでした。

ティエムも思い切ったプレーが良かったですけどねw
彼自身も対フェデラー初勝利だったみたいです。

錦織がこのティエム相手に
どういう試合をするのか楽しみです。

ワウリンカもモナコに敗れる


そしてもう一つ。
第4シードのスタン・ワウリンカ(バブリンカ)が
フアン・モナコにフルセットの末敗れました。

昨年の全仏オープンで
初優勝そして生涯グランドスラムを狙う
ジョコビッチを破り優勝したワウリンカですが、
ここ最近はあまり良い結果が出ていませんね。

試合を観ていないのでなんとも言えませんが、
このところの不調(?)はちょっと心配です。

個人的に
彼の片手バックハンドが大好きなのでwww

(関連記事)
ワウリンカの読み方が相変わらずバブリンカな件

あとは順当?


あとはフェレールも負けてしまいましたが、
たしかに彼はクレーが得意ですけど、
まあ年齢的な部分も影響してるかなと。。。

ということで、
それほど驚きはないですw

あとは、ナダルがキリオスに勝利。
フルセットでしたけど、
まあこれも順当といえるレベルですねw

キリオスも成長著しい選手ですが
ビッグ4に勝つには
もう少し時間がかかるかな?

最後に


以上のように
色々と珍事や波乱があった3回戦ですが、
ジョコビッチは結局勝ち残ってますし、
錦織が優勝するためには、
ジョコビッチを越えていかなければならない
というのは変わりません。

まずは今日のティエム戦。
夜中の4時試合開始予定だそうなので
おそらく観戦はできませんが、
勝ってジョコビッチと対戦して欲しいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ