ABNアムロ ワールドテニストーナメント2019のドロー表や賞金、獲得ポイントなど【錦織圭は第1シード】記事アーカイブ

ABNアムロ ワールドテニストーナメント2019のドロー表や賞金、獲得ポイントなど【錦織圭は第1シード】記事アーカイブツアー大会情報


「ABNアムロ ワールドテニストーナメント2019」に錦織圭が出場します。
今大会、錦織は第1シードです。



そこで、大会のドロー表や賞金、獲得ポイントなどについて情報を整理していきます。



なお、大会の基本情報については原則として最新記事の方で触れることとし、当アーカイブ記事ではドローや試合結果等の当該年度固有の情報を中心に残していきたいと考えています。
(※原則として記事執筆・投稿時点の情報となります。)









スポンサーリンク

ABNアムロ W.T.Tについて





大会の基本情報に関しては、最新記事を参照ください。









組み合わせドロー





本戦の組み合わせドロー表は以下のとおりです。
(※予選通過者枠も反映した確定版に差し替えました。)

<ドローサイズ> 32(32選手)









※第6シードのプイユが欠場となったため、シャポパロフが第10シードとなり、ドローポジションが変更されました。



日本人選手では錦織圭のみが出場となります。
錦織は第1シードですので1番枠です。
1回戦の対戦相手はエルベール(世界ランク44位)に決まっています。




日本語版ドロー(トーナメント表)





日本語版のドロー(トーナメント表)は以下のとおりです。
(※選手名表記は多少違ってるかもしれませんがご容赦下さい)








(今後試合結果を反映していきますが、更新のタイミングは管理人の都合に依存します。)
(※LLはラッキールーザー。)
(※スコア数字横の「r(=retire)」は途中棄権)
(※入力幅の関係で名前やシード表記の一部が隠れてしまう場合があります。)










錦織圭の試合結果





錦織圭の試合結果を記録していきます。



・1回戦 エルベール(世界ランク44位)

 123セット
錦織圭3662
エルベール614 1

(試合結果)⇒ フルセットの末、錦織の勝利!!



・2回戦 ガルビス(世界ランク84位)

 123セット
錦織圭66/2
ガルビス14/0

(試合結果)⇒ 錦織がストレートで快勝!!



・準々決勝 フチョビッチ(世界ランク38位)

 123セット
錦織圭66/2
フチョビッチ32/0

(試合結果)⇒ 錦織が見事ストレート勝ち!!



・準決勝 ワウリンカ(世界ランク68位)

 123セット
錦織圭2641
ワウリンカ6462

(試合結果)⇒ フルセットの末、錦織はワウリンカに負け



・決勝戦 モンフィス(世界ランク33位)※オマケ

 123セット
ワウリンカ3621
モンフィス6162

(試合結果)⇒ フルセットの末、モンフィスが優勝。




今大会のシード選手





今大会のシード選手は以下のとおりです。
(※ランキングはドロー作成時の順位)


1.錦織圭(世界ランク7位)
2.カチャノフ(11位)
3.チチパス(12位)
4.ラオニッチ(14位)
5.メドベージェフ(16位)
6.プイユ(17位)
7.バウティスタアグート(18位)
8.ゴフィン(21位)
9.バシラシビリ(22位)
10.シャポパロフ(25位)

シード選手も1回戦からの試合となります。
今大会はランキング一桁台は錦織だけですが、10位台が多いので、なかなか厳しい戦いになりそうです。



賞金





ABNアムロW.T.T2019の賞金は以下のとおりです。



大会全体の賞金総額 2,098,480ユーロ(約2億6,021万円)
※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=124円で計算
※昨年と比較すると賞金額はユーロベースでは増えていますが、為替レートが133円⇒124円となったために円換算では減っている場合があります。



男子シングルスの賞金
優勝 405,030ユーロ(約5,022万円)
準優勝 203,420ユーロ(約2,522万円)
ベスト4 102,635ユーロ(約1,273万円)
ベスト8 53,940ユーロ(約669万円)
2回戦 26,960ユーロ(約334万円)
1回戦 14,915ユーロ(約185万円)

※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=124円で計算



今大会の見どころ





ABNアムロW.T.T2019の見どころを挙げてみます。




錦織圭のコンディションは戻っているか?





2018年のこの時期にATPツアーに復帰した錦織。
(※チャレンジャー格付けはその前に2大会出場)



復帰してからちょうど1年で世界ランクも7位まで上げたのはすごいことですが、1月の全豪オープンではベスト8入りを果たすも、連戦の疲労からジョコビッチ戦では第2セットで棄権という残念な結果に終わりました。
あれから約2週間。
錦織のコンディションはどこまで回復しているのかが気になります。



グランドスラム大会は5月の全仏までないものの、マスターズやATP500格付けの大会はあるわけですので、ここでどれだけポイントを稼げるかが世界ランクを上げていく上では重要です。



今大会は第1シードでの出場となりますが、ドローを見てみると、
1回戦 エルベール
2回戦 シャポパロフ
準々決勝 バシラシビリ(チョンヒョンも怖い)
準決勝 ラオニッチ(またはプイユ)
決勝 カチャノフ(またはチチパスなど)

との対戦の可能性があります。
(※記事を書いた後でシャポパロフのドローポジションが変更されました。)
名前だけで見れば、1回戦から簡単ではない相手が続く印象です。



また、トップハーフの顔ぶれを見るとシード選手以外にも、
ブノワペール
ワウリンカ
ベルディヒ

などの名前もあり、これらの選手が勝ち上がってきたとしてもおかしくないですし、やはり怖い相手となりそうです。



このような選手たちを相手に、錦織が万全のプレーをできるのか?
第1シードとしてふさわしい結果を残すことができるのか?
に注目したいと思います。
もちろん錦織が優勝してくれれば一番嬉しいですけど。




ワウリンカの復活に期待





上の内容に若干被りますが、個人的に好きな選手の一人であるワウリンカの復活に期待しています。



先日マレーが今シーズン限りでの引退を発表しましたが、ワウリンカも復帰してから長いこと苦しんでいる選手の一人かもしれません。
なかなかランキング上位に上がってこれませんからね。
個人的には今シーズン中に、かつてのようなプレーができるようなレベルにコンディションを上げてもらえれば、くらいの気持ちで応援していますが、今大会で結果を残せるならそれはそれで嬉しいです。



試合を観戦できるかどうかはわかりませんが、ワウリンカの復活についても中期的な視点を持ちつつ期待したいと思います。




最後に





以上、ABNアムロワールドテニストーナメント2019についてドロー表や賞金、獲得ポイントなど簡単にまとめました。



全豪オープンが終わって又仕切り直しです。
錦織もコンディションを再調整して、更に上を目指してほしいですね。
可能な範囲で試合を観戦したいと思います。




スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました