ABNアムロ ワールドテニストーナメント2021のドロー表や賞金、獲得ポイントなど【錦織圭出場予定】

ABNアムロ ワールドテニストーナメント2021のドロー表や賞金、獲得ポイントなど【錦織圭出場予定】ツアー大会情報


「ABNアムロ ワールドテニストーナメント2021」に錦織圭が出場予定です。
そこで、大会のドロー表や賞金、獲得ポイントなどについて情報を整理していきます。



※過去に書いた記事をベースに2021年の情報に更新しました。なお過去記事は当該年度の固有情報部分を中心に別記事としてアーカイブ化していますのでそちらもご参照ください。









スポンサーリンク

ABNアムロ W.T.Tについて





ABNアムロ ワールドテニストーナメント(略してABNアムロ W.T.T)は1974年に第1回大会が開催され、今年で45回目を迎える歴史ある大会です。



開催地はオランダ ロッテルダム。
会場はAhoy Stadiumでコートサーフェスはハードコートです。



大会名は英語表記だと「ABN AMRO World Tennis Tournament」となりますが、日本語表記の場合、
「ABNアムロワールドテニストーナメント」
「ABNアムロ世界テニストーナメント」

など、表記が分かれているようです。
※当記事では都合上「ABNアムロW.T.T」と表記する場合があります。



2021年の大会スケジュールは現地カレンダーで3月1日~7日です。









大会の格付け





ABNアムロW.T.Tの格付けはATP500で、上から3番目の格付けになります。




ATP格付け




試合ルールは男子シングルスは3セットマッチ。
全てのセットで6-6となった場合はタイブレーク。




組み合わせドロー





<ドローサイズ> 32(32選手)



本戦の組み合わせドロー表は以下のとおりです。
(※予選通過者枠確定版に差し替えました。)








日本人選手では錦織圭のみが出場となります。



錦織圭(世界ランク43位)はノーシードで7番枠に入りました。
1回戦の対戦相手はオジェアリアシム(世界ランク19位)に決まっています。




日本語版ドロー(トーナメント表)





日本語版のドロー(トーナメント表)は以下のとおりです。
(※選手名表記は多少違ってるかもしれませんがご容赦下さい)








(今後試合結果を反映していきますが、更新のタイミングは管理人の都合に依存します。)
(※LLはラッキールーザー。)
(※入力幅の関係で名前やシード表記の一部が隠れてしまう場合があります。)










錦織圭の試合結果





錦織圭の試合結果を記録していきます。



・1回戦 オジェアリアシム(世界ランク19位)
(試合結果)⇒ 錦織圭が2-0で今シーズン初勝利‼



 123セット
錦織圭7(7)6/2
オジェアリアシム6(4)1/0




・2回戦 デミノール(世界ランク23位)
(試合結果)⇒ 錦織圭がフルセットの末、勝利‼



 123セット
錦織圭6272
デミノール3651




・準々決勝 コリッチ(世界ランク26位)
(試合結果)⇒ 錦織圭はストレート負け

 123セット
錦織圭6(2)6(4)/0
コリッチ7(7)7(7)/2





今大会のシード選手





今大会のシード選手は以下のとおりです。
(※ランキングはドロー作成時の順位)




シード選手
(1) D.メドベージェフ(世界ランク3位)
(2) S.チチパス(6位)
(3) A.ズベレフ(7位)
(4) A.ルブリョフ(8位)
(5)R.バウティスタ(13位)
(6) D.ゴフィン(15位)
(7) F.オジェアリアシム(19位)
(8) S.ワウリンカ(20位)




シード選手も1回戦からの試合となります。
今大会は世界ランクひと桁台の選手も4名出場予定ですので、なかなか厳しい戦いになりそうです。




獲得ポイント





ABNアムロW.T.TはATP500格付けですので、優勝した場合の獲得ポイントは500ポイントです。




獲得ポイント
優勝 500Pt
準優勝 300Pt
ベスト4 180Pt
ベスト8 90Pt
2回戦 45Pt
1回戦 0Pt
※予選Rを戦った選手は別途ポイント獲得の可能性あり。(※割愛)





賞金





ABNアムロW.T.T2021の賞金は以下のとおりです。



大会全体の賞金総額 1,117,900ユーロ(約1億4,421万円)
※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=129円で計算





男子シングルスの賞金
優勝 89,265ユーロ(約1,152万円)
準優勝 66,000ユーロ(約851万円)
ベスト4 47,000ユーロ(約606万円)
ベスト8 32,000ユーロ(約413万円)
2回戦 20,000ユーロ(約258万円)
1回戦 11,500ユーロ(約148万円)
※記事作成時点の為替レートをもとに1ユーロ=129円で計算





ABNアムロW.T.Tの歴代優勝者





ここ最近の歴代優勝者(男子シングルスのみ)は以下のとおりです。




歴代優勝者
2005年 ロジャー・フェデラー
2006年 ラデク・ステパネク
2007年 ミハイル・ユージニー
2008年 マイケル・ロドラ
2009年 アンディ・マレー
2010年 ロビン・ソダーリング
2011年 ロビン・ソダーリング
2012年 ロジャー・フェデラー
2013年 フアン・マルティン・デルポトロ
2014年 トマーシュ・ベルディヒ
2015年 スタン・ワウリンカ
2016年 マルティン・クリザン
2017年 ジョーウィルフリード・ツォンガ
2018年 ロジャー・フェデラー
2019年 ガエル・モンフィス
2020年 ガエル・モンフィス
2021年 ?





TV中継・放送予定






放送予定
地上波:なし

BS:BS朝日(ATPワールドツアー500のページ
  ※wowowはオンデマンドのみで配信(後述)

CS:なし(※GAORAでも放送はないみたいです。)




ABNアムロW.T.T2021はATP500格付けですので、例年通りであればBS朝日で中継されると思います。
ただちょっと気になるのはBS朝日のHPが全然更新されてないみたいで2021年の放送予定が明記されていないんですよね。
BS朝日さんには、もうちょっとやる気見せてほしいところです。
またBS朝日の場合は、過去の経験上、放送されるとしてもダイジェスト放送や録画放送となることも多いです。



念の為、各局の放送内容や放送日程等、詳細な情報に関してはテレビ番組表や上記サイトにてご確認下さい。



また、TVでの放送はありませんがwowowのサービス「wowowオンデマンド」にてABNアムロワールドテニストーナメント2021が配信されます。
(※こちらは確認済みです。)



オンデマンドでは複数の中継チャンネルが用意されており、TVでは放送されない試合も視聴可能になりますので選択の幅が広がります。



WOWOWオンデマンドでは2021年も錦織圭出場予定全大会を含む「男子テニスATPツアー大会」の配信が発表されました。
無料登録でも視聴できる場合がありますが、確実に視聴したい方は有料登録もご検討ください。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





なお当日の対戦カードや試合開始予定時刻を確認したい場合は以下の記事を参考にして下さい。









今大会の見どころ





ABNアムロW.T.T2021の見どころを挙げてみます。




錦織圭のコンディションは上がっているか?





2021年のATPツアーはATPカップから全豪オープンという形でスタートした錦織。
ATPカップで予選ラウンドの2試合、全豪オープンでは1回戦敗退のため1試合しか実践での経験を積めませんでした。
2021年のツアー初勝利がまだという錦織ですが、今大会で初勝利を挙げられるでしょうか?



ATP500とはいえ、ノーシードの錦織(世界ランク43位)にとっては1回戦から厳しい組み合わせになったようにも感じます。
今大会のドローを確認してみると、記事執筆時点で最終確定ではないものの、



1回戦 オジェアリアシム(19位)
2回戦 デミノール(23位)
準々決勝 メドベージェフ(3位)
準決勝 A.ズベレフ(7位)
決勝 チチパス(6位)




との対戦の可能性があります。
ランキングだけでいえば全て錦織より上位の選手ですので、1回戦から簡単ではない相手が続く印象です。
個人的には、期待の若手選手とも言われるオジェアリアシムを相手に、なんとか1勝を期待したいところです。
クリアできたら準々決勝のメドベージェフ戦を見たいですね。



まだツアーは始まったばかりですので、いきなりコンディションマックスは期待してないですけど、やっぱり明るい材料(今シーズンの期待感)を確認したいですよね。
さてどうなるでしょうか?




ワウリンカやマレーも出場





錦織とは反対サイドのドローポジションですが、個人的に好きな選手の一人であるワウリンカやアンディ・マレーも出場予定です。



ワウリンカはそう遠くない未来にキャリアの終わりを考えているようですので、1試合でも多く観戦する機会があればと期待しています。



マレーも手術後の経過が予想以上に良好なのか、引退発言から結構時間が経過していますけど、まだまだツアーに出場し続けそうな気配です。



どちらも全盛期のようなプレーは望めないのかもしれませんが、個人的には今シーズン中にグランドスラムかマスターズクラスのトーナメントのベスト8以上で試合を見たいなあ、くらいの気持ちで応援していますが、今大会で結果を残せるならそれはそれで嬉しいです。



今大会中に試合を観戦できるかどうかはわかりませんが、今後も注目していきたいと思います。




最後に





以上、ABNアムロワールドテニストーナメント2021についてドロー表や賞金、獲得ポイントなど簡単にまとめました。
今大会、錦織はダブルスも出場予定だそうですが割愛させていただきます。



今大会の結果にかかわらず、錦織にはまず1勝をそしてクリアできたら次はタイトルをという感じで上を目指してほしいですね。
私も可能な範囲で試合を観戦したいと思います。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました