(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ジョコビッチがマレーにあっさり負けたのは意外だったw【BNLイタリア国際決勝戦感想】

ジョコビッチがマレーにあっさり負けたのは意外だったw【BNLイタリア国際決勝戦感想】

BNLイタリア国際2016(マスターズローマ大会)
の決勝戦はジョコビッチ対マレー
の対戦となりました。

結果はマレーのストレート勝ち。
ジョコビッチはあっさりと負けてしまいましたね。
少々意外でしたw

感想をまとめます。


スポンサーリンク



ジョコビッチ対マレーの試合結果


ジョコビッチ対マレーの対戦
となったBNLイタリア国際2016決勝戦。

私は今回も
「ジョコビッチの優勝でしょ」
と予想していましたが、
マレーがストレート勝ちという結果になりました。

ジョコ 33 0
マレー 66 2

ジョコビッチは3連覇と
大会5度目の優勝を逃しましたw

ジョコビッチとマレーの対戦成績は
今回が33度目の対戦で、
ジョコビッチの23勝10敗となりました。


マレーは昨年のロジャーズカップ以来となる
ジョコビッチ戦勝利となりました。

あっさり負けた?ジョコビッチ


私の印象ではありますが、
この試合の感想としては、
「ジョコビッチが意外なほどあっさり負けたな」
という気持ちが強かったです。

たしかにマレーのプレーは素晴らしかったです。
元々マレーは
どんなボールでも拾ってしまう
(と思える程)
カバー能力の高い選手です。

この試合でも厳しいボールをよく拾っていて
ジョコビッチに簡単にポイントを与えない
強さは見せていたとは思います。

ただそれにしても、
ジョコビッチのプレーは
何かがちょっとおかしいというか
「らしくないプレー」も多く、
ゲームやセットをあっさり失い負けたなあ
という感想のほうが強いですねw

アンフォースドエラーが多かったとか
そういうこともあるでしょうが、
淡白というか、
いつもの粘り強さ、
しつこさが感じられなかったんです。

錦織戦で痛めた左足のケガの
影響が残っていたのかわかりませんが
錦織戦と比較すると、
気迫とか勝負強さの面で
物足りなさを感じましたね。

もちろんマレーのプレーが
ジョコビッチの良さを封じた
という見方もできるかもしれません。

でも
マレーがジョコビッチに勝つのは
それほど珍しいことではないものの
私自身が観戦した
これまでの二人の対戦を振り返っても
あまり観たことないジョコビッチ
だったような気がしたんですよね。

錦織戦の時のジョコビッチのほうが
明らかに強かったんじゃないかな
って思うほどでしたねw

まあそんな比較をしたところで
なんの意味も無いんですが
錦織はいい試合をしてもなかなか勝てないのに、
マレーがあっさり勝っちゃうのをみると
なんか複雑な気持ちにはなりますね。

ジョコビッチはこの試合でも警告を受けた?


この試合でもジョコビッチは
警告(ウォーニング)を受けたみたいですねw

別の部屋で試合を観ていた
母から聞いた話なのですが、
第1セット第3ゲーム?あたりで
ジョコビッチがラケットをコートに叩きつけたら
それがすっぽ抜けて観客席(スタンド)に飛んでいった
というシーンがあったみたいです。

自分の目で確認できてないし、
テニス素人の母の言うことを
どこまで信じていいのかわかりませんが、
これが本当なら
観客が危険な目にあったわけですから
警告は妥当な判断ってことになりますね。。。
(※検索してもそれっぽい情報が出てこないので本当にそんなことがあったのかわかりません。)

この試合ではジョコビッチが
ラケットを叩きつける場面は他にもあったし、
小雨が降ってきたことを理由に、
「試合を一旦中止して欲しい」
的なことを審判に注文つけたりと、
「最近のジョコビッチは態度が悪い」
と言われても仕方ないほど目につきますね。
(※小雨で続行したくないというのは選手としてまだ分かる部分もありますが)

ラケットを叩きつける行為は
ジョコビッチに限らず、
錦織もマレーもやってます。

警告(ウォーニング)になってないことも多いですけど
テニスは孤独な戦いをするスポーツなので
フラストレーションのぶつけどころが
ラケットくらいしかないのは理解できるんですが
テニスファンへの影響力を考えれば
あまり観たくない行為ですね。

ローマ大会の獲得ポイントや賞金について


BNLイタリア国際2016(マスターズローマ大会2016)
の獲得ポイントや賞金について
簡単に触れておきます。

ATPの獲得ポイント


今大会はマスターズ(ATP1000)なので

優 勝 1000Pt マレー
準優勝 600Pt ジョコビッチ
ベスト4 360Pt 錦織、プイユ
ベスト8 180Pt (※以下選手省略)
3回戦 90Pt
2回戦 45Pt
1回戦 10Pt

となっています。

ちなみに、
昨年の同大会での獲得ポイントが消滅し、
今年の獲得ポイントが加算される形になるので
どんな成績であっても、
昨年の成績よりも悪くなった場合は、
ランキングポイントは減ることになります。

(関連記事)
ATPツアーファイナルの賞金や獲得ポイントなど解説

賞金


成績別の賞金は以下のとおりです。

優 勝 717,315ユーロ(約8,820万円)
準優勝 351,715ユーロ(約4,326万円)
ベスト4 177,015ユーロ(約2,177万円)
ベスト8 90,010ユーロ(約1,107万円)
3回戦 46,740ユーロ(約575万円)
2回戦 24,640ユーロ(約303万円)
1回戦 13,305ユーロ(約164万円)
(※1ユーロ=123円で計算)

最後に


さあいよいよグランドスラム大会です。

全仏オープンは5セットマッチになりますので
今まで以上にハードな戦いになると思います。

参加者も多くなりますので
長いトーナメント日程を
どうやってコンディション調整しながら
勝ち抜いていけるかが鍵になってきますね。

錦織にもチャンスは十分あると思いますが、
ジョコビッチやマレー、
ナダルなどの上位ランカーだけでなく
若手など思わぬ伏兵が隠れてたりしますので、
1戦1戦を確実に勝ち抜くことが重要ですね。

最終的な組み合わせドローを
確認してみないとなんともいえませんが、
あまり早い段階で結果をどうこう言うのは
危険かもしれませんねw
(2015年の全米OPでは優勝だなんだと騒いで1回戦負けでしたからねw)

もちろん全仏オープンも
錦織の1回戦(2回戦?)から
しっかりとTVで観戦していきたいと思ってます。

今度はwowowの独占放送になるのかな?
だと我が家の場合、
ちょっと厳しくなるけどwww
(チャンネル争奪戦に勝てないのでw)

NHKなどBSでも放送してくれたら
ありがたいですけどどうかな?

あらためて
放送予定も確認してみたいと思います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ