全豪オープン2020女子シングルスのドロー、賞金、放送予定等大会基本情報【大坂なおみ等3選手出場予定】記事アーカイブ

全豪オープン2020女子シングルスのドロー、賞金、放送予定等大会基本情報【大坂なおみ等3選手出場予定】記事アーカイブツアー大会情報

全豪オープンテニス2020がいよいよ開幕します。
当記事では女子シングルスについて、ドロー表や賞金、シードや放送予定等、大会の基本情報をまとめてみます。

日本人では大坂なおみ等3選手が出場予定です。

なお、大会の基本情報については原則として最新記事の方で触れることとし、当アーカイブ記事ではドローや試合結果等の当該年度固有の情報を中心に残していきたいと考えています。
(※原則として記事投稿時点の情報となります。)




スポンサーリンク

全豪オープンについて


全豪オープンはグランドスラム大会で、男女共催となります。
男子シングルスについての記事はすでに投稿済みですので、大会の概要等重複しそうな部分は省略させていただきます。


合わせて男子シングルスの記事もご確認下さい。


組み合わせドロー


<ドローサイズ> 128(128選手)

本戦の組み合わせドローが発表されましたので掲載します。
※予選通過者枠を反映した確定版に差し替えました。

・女子シングルストップハーフドロー表

全豪オープン2020女子シングルスドロー確定(トップハーフ)
・女子シングルスボトムハーフドロー表

全豪オープン2020女子シングルスドロー確定(ボトムハーフ)
ドロー表に関して日本人選手の情報を補足しておきます。

トップハーフには日比野菜緒(102位:予選通過者)が23番枠、大坂なおみ(3位)が第3シードで33番枠に入りました。

そしてボトムハーフには土居美咲(80位)が94番枠に入りました。

以上、女子日本人選手は3選手が本戦に出場予定です。

ドローは試合直前の欠場発表などで変更になる場合もありますが、当記事では上記情報で一旦確定とさせていただきます。


シード選手の位置関係


シード選手は32名いますが、上位16名のみ列挙します。

1.バーティ(世界ランク1位)
2.Ka.プリスコバ(2位)
3.大坂なおみ(3位)
4.ハレプ(4位)
5.スピトリナ(5位)
6.ベンチッチ(7位)
7.クビトバ(8位)
8.S.ウィリアムズ(9位)

9.ベルテンス(10位)
10.キーズ(11位)
11.サバレンカ(12位)
12.コンタ(13位)
13.マルティッチ(14位)
14.ケニン(15位)
15.ボンドロウソバ(16位)
16.メルテンス(17位)

※世界ランクは2020年01月13日付


全豪はグランドスラム大会ですのでランキング上位選手には出場義務があります。
今大会のシード選手上位16名を見ると、ランキング6位のアンドリースク以外は出場予定となっています。

次に、シード32選手の位置関係をトーナメント表形式にしてみました。

全豪オープン2020女子シングルスシードの位置関係



獲得ポイント


全豪オープンはグランドスラム大会のため、獲得ポイントは優勝で2000ポイントになります。

優勝 2,000Pt
準優勝 1,300Pt
ベスト4 780Pt
ベスト8 430Pt
ベスト16 240Pt
3回戦 130Pt
2回戦 70Pt
1回戦 10Pt

※予選Rに関する部分については省略。


私は女子WTAツアーについてはほとんど理解していませんでしたが、男子とは若干異なっているようですね。

賞金


全豪オープン2020の賞金は以下のとおりです。
※記事作成時の為替レートを参考に、1AUドル=約76円で計算しています。(円未満四捨五入)

全豪オープン全体の賞金総額 71,000,000AUドル(約53億9,600万円)
(※前年比で13.6%アップ)

女子シングルスの賞金
※賞金は男女同額

優 勝 4,120,000AUドル(約3億1,312万円)
準優勝 2,065,000AUドル(約1億5,694万円)
ベスト4 1,040,000AUドル(約7,904万円)
ベスト8 525,000AUドル(約3,990万円)
ベスト16 300,000AUドル(約2,280万円)
3回戦 180,000AUドル(約1,368万円)
2回戦 128,000AUドル(約973万円)
1回戦 90,000AUドル(約684万円)


なお賞金額はグランドスラムなら同じというわけではなく、同じ大会でも年度によって変化する可能性もあります。
例えば2020年のシングルス優勝賞金は、前年比で2万AUドル増額されています。

今大会の見どころ


個人的な全豪オープン2020年大会の見どころを挙げてみます。

大坂なおみの連覇に期待


最初はやはり大坂なおみですね。

2019年大会の初優勝から1年。
世界ランクは1位から落ちて現在は3位ですが、まだまだキャリアは残されています。

ディフェンディングチャンピオンとしてのプレッシャーもあるでしょうが、1試合ずつ確実に勝ちきって今年も優勝を目指してほしいですね。

大坂なおみの鍵はやはりメンタル。
新しいコーチも決まり、どこまで自分をコントロールしていけるか、確認してみたいと思います。

土居美咲、日比野菜緒は一つでも上に


残りの日本人選手としては土居美咲、日比野菜緒が出場予定です。

正直、グランドスラムでは1勝するのも大変なことだと思いますが、一つでも上に進んでいけることを願います。

チャンスがないわけではないと思いますので、あとは流れをつかめるか?要所でポイントを決められるか?などが勝敗の分かれ目になってくると思います。

数少ないチャンスを取りこぼすようだと厳しいとは思いますが、頑張って欲しいですね。

女子は番狂わせも多い?


あくまでイメージと言うか個人的な印象ですが、男子と比べて女子のほうが番狂わせが多いような気がしています。

男子はビッグ3をはじめとして「絶対王者」クラスの選手が何名かいますので、多少の波乱はあっても最終的には「やっぱりビッグ3だったね」的な結果に終わることもしばしば。

一方、女子は絶対女王的な存在の選手は今は殆ど存在していないように感じます。
セリーナウィリアムズもかつてのような絶対的な強さではありませんし、その他のランキング上位選手も安定感に欠ける気がします。

逆に言えば、ノーマークの選手が一気に成り上がって脚光を浴びる可能性もあるわけで、男子以上に展開を予想するのは難しそうですね。

最後に


以上、全豪オープン2020の女子シングルスについて基本情報を調べてまとめました。

当ブログでは女子についてはグランドスラムくらいしか取り扱えないかもしれませんが、可能な範囲で記事にしていければと思っています。

男子と合わせてよろしくお願いします。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました