(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

原口で始まり原口で終わったオーストラリア戦【W杯アジア最終予選】

原口で始まり原口で終わったオーストラリア戦【W杯アジア最終予選】

W杯アジア最終予選第4戦。
Bグループ首位オーストラリアとの
一戦に臨んだ日本代表は1-1で引き分けました。

この試合に関しては
原口元気で始まり原口で終わった感じですw

感想をまとめます。


スポンサーリンク



試合は引き分け


前半早々に
本田のスルーパスから原口元気が抜け出し
左足でゴールを決めて先制。

日本が幸先よく先制したものの、
その後は膠着状態が続き得点は動かず。

そして後半に入り、
6分あたりで原口がペナルティエリア内で
オーストラリア選手を倒してPKを献上w

これをきっちりと決められて1-1に追いつかれます。

その後はオーストラリアペースで試合が進み
日本はボールをキープする時間を作れません。

何回かチャンスは作ったものの
キーパーのナイスセーブなどもあり得点ならずw

一方、
オーストラリアも
日本のゴール前にボールを上げて
プレッシャーをかけてきましたが
こちらも得点には結びつかず。

結局1-1のまま試合は終了し、
日本は勝ち点1を獲得したものの、
オーストラリアも勝ち点1を積み上げる結果となりました。

現時点で
日本の勝ち点は7
オーストラリアの勝ち点は8
となっています。

その他のチームについては
この後の試合結果によって変わるため
日本が何位になるかは不明です。
(まあ、今何位でも関係ないけどw)

原口で始まり原口で終わったオーストラリア戦


このオーストラリア戦は
「原口元気で始まり、原口元気で終わった」
という感じになってしまいましたねw

まず先制の場面は素晴らしい連携でした。

ピッチの中盤辺りから
長谷部(だったか?)から本田に楔のパスが通り、
そのボールを上手く流しながら前を向いた本田が
相手のスペースを上手く使ってスルーパス。

走り込んでいた原口元気が
ボールを受けて2タッチ目で左足のシュートを決めてゴール!!

まだ序盤ということで
試合の流れとかもよくわからない状況ではありましたが
非常にきれいな流れで得点に結びつけました。

この原口のゴールは
値千金というか評価していいゴールだったと思います。

しかしその後がいけなかったwwww

原口だって気合を入れて頑張ってたのはわかりましたが
少々入れ込みすぎてたと言うべきかw

得点後も原口は精力的に動いていましたが、
試合を通じて
「相手選手への当たりが強かった」感は否めません。

結果的には
後半早々PKを献上するファールをしてしまうわけですが
そこに至るまでにも何回か相手に対してファールをとられていて
原口本人は(肩で当たりにいってるなど)納得していなかったようですが
審判からも目をつけられていたんじゃないかなとは思います。

少なくともPKの場面の
接触の仕方はまずかったですね。

冷静に考えれば
あの場所であの状況で
あのように当たりに行く必要などなかったですからね。

視聴者として無責任なことを言わせてもらえるなら
「不用意なプレー」
だったと批判されても仕方ないプレーだと思います。

あのプレーに関しては、
ですけどね。

原口はよく走ってましたし
メンバーの中でも頑張って動いてた選手
というのは認めるんですけど。。。

でもやってしまったことの大きさを考えれば
先制点の功績を帳消しにしてしまうレベルだったのは事実ですね。

ということで良くも悪くも
「原口が目立った試合」
でした。

その他の感想


個人的に思うことは他にもあります。

まず
本田のワントップ戦術

岡崎がけがして万全ではない
ということも影響したとは思いますが
この選択は成功したとはいえなかったんじゃないかな?
というのが私の感想です。

たしかに先制点は取りましたけどね。

その後は全くと言っていいほど
しっかりとチャンスメイクできてませんでしたからね。

アウェーということで
引き分けでもいいと思ってたのかは不明ですが
多少良かったのは最初だけで、
前半途中から後半にかけては
オーストラリアに回される展開ばかりで
攻撃の組み立てとしては
機能していなかったように感じます。

次に選手交代のタイミング

ハリルホジッチは
この試合ではなかなかカードを切りませんでしたねw

なぜなんでしょうか?
あんなにボールを支配されてたのに。。。

あくまで可能性の話になっちゃいますけど、
原口を前半で下げるという選択肢もあったと思うし、
小林悠を早めに替えるという
判断があっても良かったように思います。

途中で小林悠が脚を痛めたため、
急遽交代カードを切った(浅野・清武)みたいに見えましたけど、
もっと早い時間で選手交代しても
よかったようには感じましたね。

やっぱり追いつかれたとは言え
リードを許したわけではなかったので
バランスを崩したくなかったんでしょうかね?

最後に代表初出場の
長身DF丸山祐市を入れましたけど
時間も少なかったし、
ポジションも原口のところだったし
パワープレーらしい場面もなかったし。。。

なんか選択したことが
上手く活かされてない印象は拭いきれません。

ここ最近の結果次第では
監督解任も噂されているハリルホジッチだけに
少々パニック状態になってたのかなあ?
という気がしないでもないですw

最後に


オーストラリアってかもめが多いんだな。
なんてのんきなことを言ってられる状況でもないですが
まあ勝ち点差を縮められなかったまでも、
広げられることもなかったというのはプラス材料なのかな?

ただし、
ホームでオーストラリアと戦う時には
絶対に勝たないとまずいってのは変わらないですけどねw

あとはその他の国が
どこかで取りこぼしてくれるのを期待しつつ
逆に日本は取りこぼしは絶対にしないこと。

現状ではまだ黄色信号
って感じでしょうけど
ワールドカップ出場権獲得
ってのはまだまだ現実的なレベルです。

終わってしまったことは戻せないので
残りの試合で結果を出してほしいですねw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ