(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

イラン戦感想 南野拓実の出場時間が短かったのが不満【サッカー国際親善試合】

イラン戦感想 南野拓実の出場時間が短かったのが不満【サッカー国際親善試合】

サッカーの国際親善試合イラン戦。

W杯2次予選ではないけど
アジア最高ランクのイランが相手
ということで注目されてた試合です。

個人的には
初招集の南野拓実に期待してたんですが
終了間際での投入で
あまりにも出場時間が短かったのが不満です。

感想を列挙していきます。


スポンサーリンク



試合は1-1で終了


イランとの試合は1-1で終了。

「イラン相手にどこまでできるのか」
を確認したかったのか?
「控え・交代メンバーがどこまで使えるのか」
を確認したかったのか?
何かよくわからなかった試合。

個人的には控え組を中心に構成し、
様子をみながらレギュラー投入
って感じになるのかなと思ってたけど
「本田・香川」は残してるしw

W杯アジア最終予選を前に
当たるかもしれないイランに
勝っておきたいということなら
ベストメンバーで行くべきだったし、
メンバーをテストしたいなら、
貴重な対戦カードであっても
割り切って控え組メインで臨むべき
だったんじゃないかな?

なんかどっちつかずだったように感じましたね。

試合を観た感想


試合を観た感想を
思いつくまま列挙していきます。

全体的には
特に評価すべき点はなかった試合
だと思いましたが。。。

南野拓実の出場時間が短すぎる


初招集の南野拓実の出場時間が短すぎ。
あれで何を確認できたのか?

試合前にはメディアで
「南野拓実がスタメン濃厚」
なんて書かれてたんで期待してたのに。。。

まあハリルホジッチ監督が
明言したわけじゃないだろうけど
あの報道は何だったのかw

スタメンじゃなくても
もう少し長い時間試してほしかったです。

吉田麻也がやらかした


失点シーンは吉田麻也のやらかし。

前半終了間際で決定的な場面でもなく
相手選手が誘ってたようにも見える状況で
PKを献上するあたりはさすがw

ちなみにあのプレーは
不用意に相手の足を引っかけたというより
吉田が相手の踵に躓き、
それで相手が倒れたためPKになった
ように見えました。

ですから無理にボールを奪いに行って
ファールしたのではなく、
体を寄せていく途中で引っかかってコケた
ってところが何とも吉田らしいwww

どちらにせよ、
あまりにも下らないPK献上シーンでした。

PK時のバックアップがお粗末


上述のようにPKを献上したわけですが
そのPKをGK西川が好セーブ。

にもかかわらず、
そのこぼれ球をイランに押し込まれて失点したわけです。

ビデオを見るとわかるけど、
キッカーが蹴った後、
ゴール前に詰めてくるのはイランの選手ばかり。
日本の選手は1歩2歩遅れてました。

ボールがこぼれた場所にもよるので一概には言えませんが、
日本の集中力が足りなかったようにも見えたシーンです。

得点できそうな気配がなかった


日本の得点シーンは
本田のセンタリングに
ゴール前で競り合った武藤が押し込んだ
という形ではありますが、
相手GKの「判断ミス」とも言えるレベル。

たまたま武藤に当たったボールが
ゴールに転がったようなもの。

それ以外に
得点の臭いがするような
シュートらしいシュートを打ったのか?
あまり記憶がないです。

試合終了間際のセットプレーの場面くらいか?
相手のハンドくさい場面でPKもらってもおかしくなかったし。

芝を長くすれば日本は怖くない?


この試合会場の芝は、
日本からするとやや長め(深め)だったようです。

パスをつないで組み立てるスタイルの日本からすると、
芝を短くしたり水をまいたりして
「ボールがよく走るピッチ状態」
の方がやりやすいのは確か。

今日のイラン戦のように
芝の長いピッチでの試合を観ると
日本の持ち味は封印されてしまっていたようにも感じます。

ホーム&アウェー方式で行われる
W杯アジア最終予選では、
日本と対戦する国はホームで
芝を長くしとけば日本は怖くない?

最後に


この試合で
いいプレーがなかったわけじゃないけど
やっぱり全体的にはつまらない試合でした。

選手同士が熱くなる場面もあり、
選手が戦っているのは伝わるんですけどね。

アジア2次予選はなんとか光が見えてきたけど
最終予選をこの状態で乗り切れるのかってのは
ちょっと不安です。

ハリルホジッチの采配も
選手の選考と試合の結果とどっちつかず
な感じで迷走してるように見えますし、
まだまだ安定感がないのが気がかりですw

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ