(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

清水対札幌戦感想 J1昇格遠のくもったいない試合【J2第27節】

清水対札幌戦感想 J1昇格遠のくもったいない試合【J2第27節】

J2第27節。
清水エスパルス対コンサドーレ札幌戦の感想です。

試合は3-2で札幌の勝利。
いい試合ではありましたが、
J1昇格が遠のくもったいない内容でした。


スポンサーリンク



清水札幌戦の結果


J2第27節清水札幌戦の結果です。

清水 2-3 札幌

<得点>
前半5分 内村圭宏(札幌)
前半28分 ヘイス(札幌)

後半30分 北川航也(清水)
後半39分 チョン・テセ(清水)
後半49分 都倉賢(札幌)

試合は前半早々から動き、
札幌が2点を先行して折り返し。

後半清水が驚異の追い上げで
2点を返し同点に追いつくも、
ロスタイムに一瞬の隙を突かれ
都倉に決勝ゴールを献上w

結局2-3で清水は札幌に敗れてしまいました。

収穫はあったが


ここからが試合の感想です。

現在5位のエスパルスは
現在首位の札幌を相手に
勝てば自動昇格圏も見えてくるという
重要な試合でしたが、
残念ながら負けてしまいました。

前半早々の失点に続き、
GK杉山力裕のクリアミスを押しこまれて追加点と
2点をリードされたエスパルス。

正直、この時点で
今日の敗戦はある程度覚悟してしまう内容でした。

しかし後半
攻撃にウェイトをシフトし
2点を返して一時は同点に追いついたことは
エスパルスにとってしぶとさが出てきた証拠であり、
首位のチーム相手でも
こういう試合ができるようになったことは
自信に繋がる収穫だったとは思います。

ちょっと前までのエスパルスなら、
先制して突き放さないと勝てない
という印象が強いチームでしたからねw

先制されたら逆転するだけの力はなかった。
それが最近では2点差でも追いつけるようになりましたからね。
(劇的な逆転勝ちもありましたし。)

DF陣が試合を壊した


ただこの試合でも、
DF陣の不用意なプレー
試合を壊してしまった感があります。

まあこの点に関しては
シーズンが始まってからずっと抱いている
問題点というか課題ですけど。

相手の攻撃陣を褒めることもできますが、
エスパルスの「ミス」「不注意」という
印象のほうが強いプレーでした。

今日の試合でいえば、
2失点目と3失点目は防げた失点。

ちょっとした気の緩みなのか、
エスパルスにはその程度の選手しかいないということなのか。

今日の試合がどれほど重要な試合だったか
そういう試合でどんなプレーをしなければいけないのか
わかってない選手がいたような気がして残念です。

早急に改善すべき課題


ここ最近のエスパルスは
確かに得点力が上がってますし、
しぶとさが出てきた感じではありますが、
それも「チョンテセの覚醒」があってこその話。

つまるところ、
戦線離脱する前の大前元紀が覚醒していた時期と
あまり変わっていません。

大前がチョン・テセに変わっただけのこと。

右サイドから村田がセンタリングし、
ゴール前でエースが個の能力でゴールを決める、
という形が結果につながっていたから勝ってきただけです。

もちろんそれはそれで
一つの武器ではあるんですが、
チームとしての連携は27節を終えた現在も
何も改善されてません。

私が一番気になっているのは
DF陣の軽率なプレーの数々。


守備そのものに対しても
思うところはありますが、
今回はそれは置いときますw

問題視しているのは
「攻撃の起点としてのプレーがあまりに軽率で雑」
という点です。

相手からボールを奪ってから
DF陣(+ボランチ)がボールを回して
攻撃の組み立てを始める段階で、
後ろから前線に楔(くさび)のパスを出したり、
ロングフィードでサイドチェンジしたりすることがありますが、
このパスがあまりにも不正確。

この楔が正確に前線に収まらないために
ボールをすぐに奪われてカウンターを食らったり、
攻撃のリズムが作れないということが
何度もあるんですよね。

スペースに余裕がある時でさえ、
パスがきっちり通らないってのは
流石にひどすぎるw

ここが改善されるだけでも
かなり違ってくると思うんですけどね。
なんであんなにパスミスが多いのか
不思議でなりません。

最後に


解説も言ってましたが、
たしかにこの試合は
お互いが意地を見せ
良さを出した試合だったのかもしれません。
スコア的にも接戦ですし。。。

ただ、内容的には
決して満足していい内容だったとは思えず、
エスパルス側の視点で言えば、
これで勝ってたらまだ大目に見れたかもしれませんけど
負けてるわけですから。

表面上は
「得点力のあるチーム」
になってきたエスパルスですが、
本質的な問題点は全く改善されていない、
というのが私が感じる不安要素です。

守備陣だけが悪いわけではなく
攻撃陣だって欲を言えば
まだまだやってほしいと思う面もあります。

でも、
やはり一番気になるのは
守備陣の緩慢なプレーなんです。

プレーオフ圏内ということで言えば
まだ十分可能性は残されてます。

1年で昇格する気持ちがあるなら
今一度チーム全体で気を引き締め直して
基本的なプレーはきっちりとやってほしいと願います。

もちろんミスだってあるでしょう。
でもそのミスを一つでも少なくする努力をして欲しいです。

まだまだ改善の余地はあると思います。
1年で昇格する気なら、もっと頑張れ!!

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ