(お知らせ)当ブログをSSL化した影響で過去記事のトーナメント表(2017年9月以前の記事が目安)が表示されなくなっています。

ユーロ2016決勝戦感想 ポルトガルの優勝は驚き!!

ユーロ2016決勝戦感想 ポルトガルの優勝は驚き!!

ユーロ2016の決勝戦。
ポルトガルがフランスを下し、
初優勝しましたね。

個人的には
ポルトガルが優勝するなんて思っていなかったので
本当に驚きました。

感想をちょっとまとめます。


スポンサーリンク



予想が大外れだった決勝トーナメント


決勝トーナメントが決まり、
右半分に強豪国が偏った今大会。


トーナメント表を見て
私なりに予想してた勝ち上がりはあったんですが
ことごとく外れましたw

スペインが負け、イタリアが負け、ドイツが負け。。。
イギリスが負け、ベルギーが負け。。。


そして決勝戦の対戦カードは
フランス対ポルトガル
という予想外の組み合わせになりました。

「こうなったら開催国のフランスが有利だろ」
と予想してたんですが、
その予想までも外しましたwww

ポルトガルが初優勝って。。。

ユーロ2016は睡魔との戦いだった


ユーロ2016は睡魔との戦いでしたw

予選リーグはまだ時間的に
観戦可能な試合もあったんですが、
決勝トーナメントに入ってからは
試合開始が午前4時というのがネックでした。

結局注目カードについては
頑張って起きて
試合開始から観戦していたんですが、
前半終了あたりでギブアップすることが多く、
その後は睡魔に勝てず、寝てしまいましたw

で、翌朝ネットで結果を確認し、
まとめサイトなどでダイジェスト映像を確認する
ということが続きました。

ポルトガルが優勝?


決勝戦に関しても同じ。
前半終了までは観ていたんですが、
後半以降は観れなかったんですよね。

前半は0-0で折り返し。
ただクリロナ(C.ロナウド)が
涙の負傷交代
をしていましたので、
「フランスが優勝しそうだな」
と思いながら眠りについたんですけど、
朝ニュースをチェックしてびっくり!!

「えっ?ポルトガルが優勝?」

なんと、
延長戦の末、ポルトガルが優勝してました。

前半を観ていた限りでは
ゲームを支配していたのはフランスの方だったんで
「クリロナのいないポルトガルはきついだろう」
と思っていたんですが、
まるで「ドイツ対フランス」みたいな展開になりましたね。

やはりサッカーは
ボール支配率では語れませんね。

クリロナも嬉しいだろうね


クリロナはメッシとともに、
個人としてはすでに
数々のタイトルを手にしてきた選手です。

しかし代表チームでは
タイトルを取っていないということで
今大会は相当意気込んでいたようです。

たしか解説によれば
クリロナが代表デビューしたのが12年前で
その年のユーロで
ポルトガルは決勝まで進んだものの敗れて準優勝。

その後はW杯など
ビッグタイトルを手にすることはなかったため
代表チームのメンバーとしてタイトルを獲ることが
クリロナにとっても大きな目標だったそうです。

そしてようやく今大会で決勝まで進み
タイトルを手にするチャンスが来たというのに
試合途中で相手選手との接触により負傷w

一度はテーピングを巻いてピッチに戻ったものの
その後のプレーでやっぱり無理だとアピール。

結局ロナウドは担架に乗せられて、
泣きながらピッチを後にしました。

交代後は応急処置を施した後、
ベンチから応援していたようですが、
自分のプレーでチームを優勝に導きたかった
という想いは強かったんだと思います。

それでも残された選手が頑張って
チームが勝利し、優勝を手にしたわけですから
複雑な気持ちは残るかもしれませんが
それでも格別の喜びだったのではないでしょうか?

普段ならクリロナよりもメッシが好きな私ですが
今日に限っては
クリロナの(ポルトガルの)優勝を祝福したいと思います。

世界は強いね


ユーロはヨーロッパ諸国だけの大会ですが、
今大会の試合を観ただけでも
技術レベルの高さ、コンタクトの激しさは
十分痛感しました。

日本も強くなったとは思うけど、
それでもやはり
「世界は強いね」
と実感します。

「はたして日本がユーロ参加国と戦って
勝てるのだろうか?」


と考えた時、
自信を持って「勝てる」
とはまだ思えません。

ワールドカップ優勝とか
オリンピックで金メダルとか
目標を掲げるのは自由ですが、
世界を認めさせるまでには
まだまだ時間がかかりそうな気がしますね。

最後に


すべての試合を最後まで観れなかったという点では
個人的に悔やまれる点もありますが、
それでも質の高いプレーを沢山観れたので満足です。

今度はリオ五輪、
そしてW杯アジア最終予選が続きます。

今度は日本のサッカーの番ですね。
日本も世界に誇れるレベルを目指して
いい成績を残して欲しいと願います。

シェアしていただけると喜びます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



スポンサーリンク

関連コンテンツ